論文

公開件数: 53 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Self-irradiation effect on thermal conductivity of Zr0.70Pu0.25Cm0.05N solid solution
Tsuyoshi Nishi, Hirokazu Hayashi, Takumi Sato, Masahide Takano
Journal of Nuclear Materials

486, 167-171
2017

10.1016/j.jnucmat.2017.01


2
共著
THERMAL CONDUCTIVITY OF BOROSILICATE MELT
Tsuyoshi NISHI, Junpei OJIMA, Yoshitaka KURODA, Hiromichi OHTA,
Sohei SUKENAGA, Hiroyuki SHIBATA, Hidenori KAWASHIMA
Proceedings of The 10th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts (MOLTEN16) Edited by: Ramana G. Reddy, Pinakin Chaubal, P. Chris Pistorius, and Uday Pal
John Wiley & Sons, Inc.
519-524
2016




3 研究論文(学術雑誌)
共著
Fundamental experiments on phase stabilities of Fe–B–C ternary systems
A. Sudo, T. Nishi, N. Shirasu, M. Takano, M. Kurata
Journal of Nuclear Science and Technology

52, 1308-1312
2015




4 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal conductivity of U-20wt.%Pu-2wt%.Am-10wt.%Zr alloy
T. Nishi, K. Nakajima, M. Takano, M. Kurata, Y. Arita
Journal of Nuclear Materials

464, 270-274
2015




5 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An innovative anode concept for improving anodic dissolution rate of nitride fuel in electrorefining process
T. Sato, H. Hayashi, T. Nishi, M. Kurata
Proceedings of International Nuclear Fuel Cycle Conference (GLOBAL 2015), Paris, France

No. 5447, 6p.
2015




6 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of nitride fuel cycle technology for transmutation of minor actinides
林 博和・西 剛史・佐藤 匠・倉田正輝
Proceedings of International Nuclear Fuel Cycle Conference (GLOBAL 2015), Paris, France

No. 5384, 7p.
2015




7 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Recent Progress and Future R&D Plan of Nitride Fuel Cycle Technology for Transmutation of Minor Actinides
H. Hayashi, T. Nishi, M. Takano, T. Sato, H. Shibata, M. Kurata
Proceedings of 13th OECD /NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation, Seoul, Korea

360-367
2015




8 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Property Database of TRU Nitride Fuel
西 剛史、荒井 康夫、高野 公秀、倉田 正輝
JAEA-Data/Code

2014-001
2014



ADSの燃料設計に必要な物性に関する実験値や評価値を収集、整理し、超ウラン元素からなる窒化物の物性データベースを作成した。
9 研究論文(学術雑誌)
共著
Sintering and characterization of (Pu,Zr)N
M. Pukari、高野 公秀、西 剛史
Journal of Nuclear Science and Technology

51, 859-875
2014




10 研究論文(学術雑誌)
共著
Characterization of solidified melt among materials of UO2 fuel and B4C control blade
高野 公秀、西 剛史、白数 訓子
Journal of Nuclear Science and Technology

51, 859-875
2014



福島第一原子力発電所事故で生じた炉心溶融物の化合物相を推測するため、炉心材料をアーク溶融し、固化物中に生じる相と組成をXRD及びSEM-EDXを用いて評価した。
11 研究論文(学術雑誌)
共著
Self-radiation effects and grassy nature of magnetic transition in AmO2 revealed by 17O-NMR
徳永 陽、西 剛史、中田 正美、伊藤 昭憲、酒井 宏典、神戸 振作、本間 佳哉、本多 史憲、青木 大、R. E. Walstedt
Physical Review B

89, 214416
2014



AmO2試料調製直後からNMR測定を行うことで、自己照射損傷によるNMRスペクトルの経過時間変化を検出することに成功し、電子状態が変化することを明らかにした。
12 研究論文(学術雑誌)
共著
Self-irradiation effect on thermal conductivity of (Pu0.91Cm0.09)O2
西 剛史、高野 公秀、赤堀 光雄、荒井 康夫
Journal of Nuclear Materials

433, 531-533
2013



MA含有燃料の熱伝導率の保管時間依存性を明らかにするため、(Pu0.91Cm0.09)O2の熱伝導率の経過時間変化を測定し、その評価式を構築した。
13 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal conductivity of (Np0.20Pu0.50Am0.25Cm0.05)O2-x solid solutions
西 剛史、高野 公秀、赤堀 光雄、荒井 康夫
Journal of Nuclear Materials

440, 534-538
2013



(Np0.20Pu0.50Am0.25Cm0.05)O2-xの熱伝導率の経過時間変化を測定し、O/(Np+Pu+Am+Cm)比の違いや自己照射損傷による格子欠陥に回復後の熱伝導率を評価した。
14 研究論文(学術雑誌)
共著
High temperature reaction between sea salt deposit and (U,Zr)O2 simulated corium debris
高野 公秀、西 剛史
Journal of Nuclear Materials

443, 32-39
2013



海水塩が燃料デブリに与える化学的影響を評価するため、海水塩を混ぜた模擬デブリを調製し、XRDによる相同定やSEM-EDXによる元素分析を行った。
15 研究論文(学術雑誌)
共著
DFT study on the electronic structure and chemical state of Americium in an (Am,U) mixed oxide
鈴木 知史、西 剛史、中田 正美、都留 智仁、赤堀 光雄、平田 勝、加治 芳行
Journal of Physics and Chemistry of Solids

74, 1769-1774
2013



密度汎関数法による(U,Am)O2の理論計算とXANESスペクトルの結果と合わせて電子構造及び化学状態を評価し、UからAmに電荷移動が起こっていることを明らかにした。
16 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
High temperature reaction between UO2 and sea salt deposi
M. Takano, T. Nishi, M. Kurata, M. Amaya, F. Nagase
Proceedings of 5th European Review Meeting on Severe Accident Research (ERMSAR 2012)

11p
2012



海水塩が燃料デブリに与える化学的影響を評価するための基礎試験として、海水塩とUO2との反応試験を行い、XRDによる相同定やSEM-EDXによる元素分析を実施した。
17 研究論文(学術雑誌)
共著
Core-hole effect on XANES and electronic structure of minor actinide dioxide with fluorite structure
C. Suzuki, T. Nishi, M. Nakada, M. Akabori, M. Hirata, Y. Kaji
Journal of Physics and Chemistry of Solids

73, 209-216
2012



第一原理計算によるNpO2及びAmO2のXANESスペクトルの解析を行い、酸素のp成分とd成分との相互作用がピーク形成に寄与していることを明らかにした。
18 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermodynamic properties of neptunium nitride: a first principles study
柴田 裕樹、都留 智仁、西 剛史、平田 勝、加治 芳行
Journal of Nuclear Science and Technology

49, 328-333
2012



第一原理計算によるフォノン解析から有限温度でのNpNの熱力学特性を評価し、NpNの比熱は格子比熱と電子比熱の和で表せることを明らかにした。
19 研究論文(学術雑誌)
共著
Development status of low activation ternary Au-In-Cd alloy decoupler for a MW class separation neutron source -1st production of Au-In-Cd alloy
M. Ooi, M. Teshigawara, T. Wakui, T. Nishi, M. Harada, F. Maekawa, M. Futagawa
Journal of Nuclear Materials

431, 218-223
2012



中性子吸収材の候補とされているAg-In-Cd合金を作製し、試料のキャラクタリゼーション及び熱的物性測定を行った。
20 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
NMR study in AmO2: Comparison with UO2 and NpO2
Y. Tokunaga, T. Nishi, S. Kanbe, M. Nakada, Y. Honma, H. Sakai, H. Chudo
Supplement of Journal of the Physical Society of Japan

80, SA110
2011



AmO2のNMRの結果とUO2及びNpO2のNMRの結果を比較し、AmO2の低温電子状態について議論した。
21 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thermal Conductivities of (ZrxPu(1-x)/2Am(1-x)/2)N Solid Solutions
T. Nishi, M. Takano, M. Akabori, Y. Arai
Proceedings of International Conference on Toward and Over the Fukushima Daiichi Accident (GLOBAL 2011)

No. 358290, 6p
2011



ADS用燃料の有力候補である(ZrxPu(1-x)/2Am(1-x)/2)N の試料調製及び熱伝導率測定について紹介し、誤差評価した組成と温度をパラメータとした熱伝導率評価式について紹介した。
22 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal conductivities of Zr-based transuranium nitride solid solutions
T. Nishi, M. Takano, K. Ichise, M. Akabori, Y. Arai
Journal of Nuclear Science and Technology

48, 359-365
2011



加速器駆動核変換システム(ADS)用燃料の有力候補であるZr含有MA窒化物の熱伝導率を実測し、誤差評価した熱伝導率評価式を構築することで、炉心設計を可能にした。
23 研究論文(学術雑誌)
共著
Heat capacities and thermal conductivities of AmO1.5 and AmO2
西 剛史、伊藤 昭憲、市瀬 健一、荒井 康夫
Journal of Nuclear Materials

414, 109-113
2011



Am2O3とAmO2の熱拡散率及び比熱を測定し熱伝導率を評価することで、非化学量論組成のAmO2-xの熱伝導率よりも熱伝導率が大きいことを明らかにした。
24 研究論文(学術雑誌)
共著
Valence state of Am in (U0.95Am0.05)O2
西 剛史、中田 正美、鈴木 知史、柴田 裕樹、伊藤 昭憲、赤堀 光雄、平田 勝
Journal of Nuclear Materials

418, 311-312
2011



(U0.95Am0.05)O2のAm-L3吸収端のXAFS測定を行い、(U0.95Am0.05)O2のAmの価数は3価であることを明らかにした。
25 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thermal conductivities of (Np,Am)N and (Pu,Am)N solid solutions
T. Nishi, M. Takano, A. Itoh, S. Miyata, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato
IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering

9, 012017
2010



組成の異なる(Np,Am)N及び(Pu,Am)Nの熱伝導率を評価し、Am濃度の違いによる熱伝導率の挙動について議論した。
26 研究論文(学術雑誌)
共著
Local and electrical structure of Am2O3 and AmO2 with XAFS spectroscopy
T. Nishi, M. Nakada, C. Suzuki, H. Shibata, A. Itoh, M. Akabori, M. Hirata
Journal of Nuclear Materials

401, 138-142
2010



Am2O3とAmO2のXAFS測定を行い、Am3+とAm4+のXANESスペクトルの形状変化に着目し、高速炉燃料中に含まれるAmの価数を評価する判断基準を作成した。
27 研究論文(学術雑誌)
共著
NMR evidence for the 8.5 K phase transition in Americium dioxide
Y. Tokunaga, T. Nishi, S. Kambe, M. Nakada, A. Itoh, Y. Homma, H. Sakai, H. Chudo
Journal of the Physical Society of Japan

79, 053705
2010



世界初となるNMRによるAmO2の微視的研究を行い、8.5 K以下で起こる信号強度の急激な減少とスペクトル線幅の急激な増大を観測した。
28 研究論文(学術雑誌)
共著
Calculation of the electronic structure of AmO2 and Pr6O11 for XANES analysis with redox property
C. Suzuki, T. Nishi, M. Nakada, M. Akabori, M. Hirata, Y. Kaji
International Journal of Quantum Chemistry

109, 2744-2752
2009



Am及びPr原子周辺の電子状態を解明するため、測定したXANESスペクトルを用いて第一原理計算によるAmO2及びPr6O11のXANESの電子構造解析を行った。
29 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermochemical and thermophysical properties of minor actinide compounds
K. Minato, M. Takano, H. Otobe, T. Nishi, M. Akabori, Y. Arai
Journal of Nuclear Materials

389, 2744-2752
2009



MA含有燃料の研究開発の基盤を支えるためのアクチノイド窒化物及び酸化物の物性について紹介し、比熱及び熱伝導率測定について担当した。
30 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thermal conductivities of minor actinide oxides for advanced fuel
T. Nishi, A. Itoh, M. Takano, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato
Proceedings of 3rd International ATALANTE Conference (ATALANTE 2008)

02_04, 6p
2008



新型燃料の熱特性・挙動を把握する上で重要なAmO2-x及びNpO2の熱拡散率及び比熱の測定方法を紹介し、酸化物燃料の熱伝導率との比較、検討を行った。
31 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thermal conductivities of neptunium and americium mononitrides
T. Nishi, A. Itoh, M. Takano, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato
Proceedings of 10th OECD /NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation

8p
2008



実測した比熱を用いてAmNの熱伝導率の再評価を行い、AmNとNpNの熱伝導率について比較、検討を行った。
32 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal conductivity of AmO2-x
T. Nishi, M. Takano, A. Itoh, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato, M. Numata
Journal of Nuclear Materials

373, 295-298
2008



室温から1473KまでのAm酸化物の熱拡散率を世界で初めて測定し、真空下での熱拡散率測定で生じるO/Am比の減少により熱伝導率が減少することを明らかにした。
33 研究論文(学術雑誌)
共著
EXAFS and XANES studies of americium dioxide with fluorite structure
T. Nishi, M. Nakada, A. Itoh, C. Suzuki, M. Hirata, M. Akabori
Journal of Nuclear Materials

374, 339-343
2008



AmO2の密封線源を作成し、KEK-PFにて国内初のAm元素のXAFS測定に成功し、世界で初めてAm酸化物のXAFSスペクトルを公表した。
34 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal conductivity of neptunium dioxide
T. Nishi, A. Itoh, M. Takano, M. Numata, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato
Journal of Nuclear Materials

376, 78-82
2008



NpO2の熱拡散率、比熱及び密度を測定し、全て実測値に基づいた熱伝導率を世界で初めて評価した。
35 研究論文(学術雑誌)
共著
Heat capacities of NpN and AmN
T. Nishi, A. Itoh, M. Takano,M. Numata, M. Akabori, Y. Arai, K. Minato
Journal of Nuclear Materials

377, 467-469
2008



調製したNpN及びAmNを用いて、投下型熱量法によりエントロピー変化を測定し、比熱を評価した。
36 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Properties of minor actinide compounds relevant to nuclear fuel technology
K. Minato, M. Takano, T. Nishi, A. Itoh, M. Akabori
Recent Advances in Actinide Science

317-322
2006



マイナーアクチノイド(MA)窒化物及び酸化物の試料調製及び熱物性測定についての研究について記述し、試料調製及び熱拡散率測定の部分を担当した。
37 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Themochemical and thermophysical properties of advanced fission fuel materials
K. Minato, M. Takano, T. Nishi, M. Akabori, Y. Arai, M. Uno
Advances in Science and Technology

45, 1931-1940
2006



MA含有窒化物燃料の熱化学的及び物理的特性について最新の研究成果を紹介し、熱物性の部分を担当した。
38 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal diffusivity of Americium mononitride from 373 to 1473 K
T. Nishi, M. Takano, A. Itoh, M. Akabori, K. Minato, M. Kizaki
Journal of Nuclear Materials

355, 114-118
2006



AmNの熱拡散率測定に成功し、PuNの比熱を用いて試験的に熱伝導率を算出した結果、酸化物燃料よりも熱伝導率が大きいことを明らかにした。
39 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
マイナーアクチノイド化合物熱拡散率測定装置の整備(受託研究)
西 剛史、高野 公秀、伊藤 昭憲、赤堀 光雄、湊 和生、木崎 實
JAERI-Tech

2005-051
2005



不活性雰囲気のグローブボックス内への装置の設置及び測定治具の工夫を行うことで、大気に活性且つ、α崩壊核種のMA化合物の熱拡散率測定に成功した。
40 研究論文(学術雑誌)
共著
Heat Capacity Measurements of Ti-Al Intermetallic Compounds by Heat-Flux Type Differential Scanning Calorimetry with a Triple-cell System
H. Inoue, S. Sato, T. Nishi, Y. Waseda
High Temperature Materials and Processes

23, 305-311
2004



トリプルセルDSCを用いてTi-Al合金の比熱測定を行い、本装置を用いた比熱解析の検証を行った。
41 研究論文(学術雑誌)
共著
Systematic measurement of thermal diffusivity of Pd40Cu40-xNixP20 (x=0,10,40) alloys in liquid, glassy, crystallized, and supercooled liquid states by the laser flash method
T. Nishi, H. Shibata, H. Ohta, N. Nishiyama, A. Inoue,
Y. Waseda
Physical Review B

70, 174204
2004



世界で初めてレーザフラッシュ法によりPd40Ni10Cu30P20合金の融体、ガラス、結晶化、及び過冷却融体状態の熱拡散率を系統的に測定した。
42 研究論文(学術雑誌)
共著
Electrical Resistivity Measurements of Pd40Cu30Ni10P20 Alloy in Supercooled Liquid and Liquid State
T. Nishi, H. Shibata, H. Ohta, O. Haruyama, N. Nishiyama,
A. Inoue, Y. Waseda
Materials Transactions

45, 2584-2586
2004



Pd40Ni10Cu30P20合金の融体及び過冷却融体状態の電気抵抗率を四端子法にて測定し、物性値の立場から本合金が持つ優れた熱安定性を議論した。
43 研究論文(学術雑誌)
共著
Czochralski Growth of Yb doped Oxyapatite for High Power Laser Application
A.Yoshikawa, C.Fujiwara, H.Sato, T.Nishi, H.Ohta, T.Fukuda, Y.Waseda G. Boulon, M.Ito, Y.Guyot, K.Lebbou
Optical Materials

26, 385-390
2004



高出力レーザに使用するYbをドープした酸化アパタイトをショクラルスキー法により作製し、その熱物性を測定した。
44 研究論文(学術雑誌)
共著
3つのセルを有する熱流束型DSCを用いたPd基合金融体の比熱測定
西 剛史、柴田 浩幸、太田 弘道、西山 信行、井上 明久、早稲田 嘉夫
日本金属学会誌

68/ 8, 499-502
2004



金属融体の比熱が測定できるようにトリプルセルDSCを整備し、3種類の組成の異なるPd基合金融体の比熱を測定することで、融体の比熱の立場からPd基合金の熱安定性を議論した。
45 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal Conductivities of Molten Iron, Cobalt, and Nickel by Laser Flash Method
T. Nishi, H. Shibata, H. Ohta, Y. Waseda
Metallurgical and Materials Transactions A

34A, 2801-2807
2003



融体形状を保持するための簡便な試料セルを作製し、それを用いてレーザフラッシュ法により鉄、コバルト、ニッケル融体の熱拡散率測定し、熱伝導率評価式を提唱した。
46 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal Diffusivities and Conductivities of Molten Germanium and Silicon
T. Nishi, H. Shibata, H. Ohta
Materials Transactions

44, 2369-2374
2003



レーザフラッシュ法によりゲルマニウム及びシリコン融体の熱拡散率測定し、熱伝導率評価式を提唱した。
47 研究論文(学術雑誌)
共著
Evaluation of the Heat Leakage in the Thermal Diffusivity Measurement of Molten Metals by a Laser Flash Method
T. Nishi, H. Ohta, H. Shibata, Y. Waseda
International Journal of Thermophysics

24, 1735-1751
2003



試料セルを用いた金属融体の熱拡散率測定の妥当性を検証するため、数値計算により接触による熱損失を評価し、殆ど影響がないことを明らかにした。
48 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
金属融体の熱拡散率・熱伝導率測定
西 剛史、柴田浩幸、太田弘道、早稲田嘉夫
素材工学研究彙報

58, 61-68
2002



これまで行われてきた金属融体の熱拡散率及び熱伝導率測定について調査して、最近の研究の現状の紹介と現在取り組んでいる研究の近況について執筆した。
49 研究論文(学術雑誌)
共著
Development of In-House Fast X-ray Diffraction Apparatus and Application to the Supercooled Liquid Pd40Ni10Cu30P20 Alloy
S. Sato, T. Nishi, E. Matsubara, M. Imafuku, N. Nishiyama,
Y. Waseda, A. Inoue
Science and Technology of Advanced Materials

3, 69-73
2002



実験室規模のX線光源を用いて、熱安定性に優れたPd40Ni10Cu30P20金属ガラスの過冷却融体状態のその場観察を行うための装置を整備し、その動径分布解析を行った。
50 研究論文(学術雑誌)
共著
Measurement of thermal diffusivity of steels at elevated temperature by a laser flash method
T. Nishi, H. Shibata, K. Tsutsumi, H. Ohta, Y. Waseda
ISIJ international

42/ 5, 498-503
2002



昇温時に生じる熱膨張及び蒸発等を考慮にいれて6種類の汎用性のある鉄鋼の熱拡散率を高精度に測定した。
51 研究論文(学術雑誌)
共著
Thermal Diffusivity Measurements of Oxide and Metallic Melts at High Temperature by the Laser Flash Method
Y. Waseda, H. Ohta, H. Shibata, T. Nishi
High Temperature Materials and Processes

21, 387-398
2002



これまで東北大学早稲田研究室で行ってきたレーザフラッシュ法による酸化物及び金属融体の熱拡散率測定について記述した。
52 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
In-situ X-ray Observation of a Local Structural Change during Crystallization
T. Nishi, K. Uematsu, S. Sato, E. Matsubara, A. Inoue, Y. Waseda
Proceedings of Fourth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing

55-58
2001



熱安定性に優れたPd40Ni10Cu30P20金属ガラスの結晶化に至るまでの構造変化のその場観察を行った。
53 研究論文(学術雑誌)
共著
Surface structures of lead deposited on Mo(110)surface
S. Jo, Y. Gotoh, T. Nishi, D. Mori, T. Gonda
Surface Science

454-456, 729-735
2000



Mo(110)単結晶基板上にPbを蒸着し、反射高速電子回折を用いて基板温度と膜厚を変化させながら表面の構造解析を行った。