茨城大学
理工学研究科(工学野)
電気電子システム工学領域

顔写真
教授

那賀 明

ナカ アキラ
NAKA AKIRA
  • Tel.0294-38-5128
  • Fax.0294-38-5128

教育・研究活動状況

光通信ネットワークの研究
デジタルコヒーレント光伝送技術

研究分野

  1. 通信・ネットワーク工学

研究キーワード

  1. 光通信

著書

  1. Submarine Cable Network Systems 株式会社 エヌ・ティ・ティ・クオリス 2001

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 無瞬断光波長信号切替えを実現する波長ダイバシティ方式におけるレーザ位相雑音補償のための信号処理構成法と位相推定法 那賀明、冨田 和希、村山 直駿 電子情報通信学会論文誌 B 電子情報通信学会 J101-B/ 6, ページ未定 2018/06
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 BER performance analysis of multi-dimensional modulation with BICM-ID Akira Naka IEICE Communications Express IEICE 6/ 12, 645-650 2017/12
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characteristics of Multi-Dimensional Modulation with MIMO signal processing A. Naka and S. Yamada IEICE Communications Express IEICE 5/ 12, 461-466 2016/12
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Maximum Ratio Combining Characteristics Affected by Laser Phase Noise for Wavelength Diversity Digital Coherent System Akira Naka, Kohei Saito, Kazuki Tomita, and Hideki Maeda OECC/PS2016, Niigata, July 3-7 WA2-36 2016/07
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characteristics Investigation of High-Speed Super-High-Density Multi-Carrier Transmission Using MIMO-Based Crosstalk Compensation in Homodyne Detection Scheme S. Yamamoto, K. Saito, F. Hamaoka, T. Matsuda, A. Naka, and H. Maeda IEEE J. Lightwave Technol., 34/ 11, 2824-2832 2016/06/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 長距離光ファイバ伝送における4次元PS-QPSK信号へのBICM-IDの有効性と最適SNR設定 2018年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会 B-10-29 2018/07
  2. 口頭発表(一般) 多値変調における隣接波長間XT補償の特性解析 2018年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号115 2018/03
  3. 口頭発表(一般) ディジタルコヒーレント光通信技術を適用した波長ダイバーシティ方式におけるSOP変動の影響 2018年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号44 2018/03
  4. 口頭発表(一般) BICM-IDを適用した4次元PS-QPSK光変復調方式の送受信特性解析 2017 年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会 B-10-32 2017/07
  5. 口頭発表(一般) デジタルコヒーレント光通信技術を適用した波長ダイバーシティ方式における位相雑音の影響 2017年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号119 2017/03/04

受賞

  1. 平成27年度 電子情報通信学会業績賞 超大容量レイヤ統合トランスポートシステムの研究開発 2016/06
  2. 平成7年度 電子情報通信学会論文賞 ファイバの非線形屈折率による光増幅中継系の雑音増大と信号対雑音比劣化 1997/06