茨城大学
工学部
都市システム工学科

顔写真
教授

小林 薫

コバヤシ カオル
KOBAYASHI KAORU
  • 1961年生まれ
  • Tel.0294-38-5163
  • Fax.0294-38-5163

経歴

  1. 飛島建設株式会社  技術研究所 1985/04/01-2013/09/30
  2. 神戸市立工業高等専門学校・都市工学科・教授 2013/10/01-2015/03/31
  3. 茨城大学工学部都市システム工学科・教授 2015/04/01-現在

学歴

  1. 長岡技術科学大学 工学研究科 建設工学専攻 修士 1985/03/31 修了
  2. 長岡技術科学大学 工学部 建設工学課程 1983/03/31 卒業
  3. 神戸市立工業高等専門学校 土木工学科 土木工学科 1981/03/31 卒業

学位

  1. 工学修士 長岡技術科学大学 1985/03/25
  2. 博士(工学) 長岡技術科学大学 2002/03/25

免許・資格

  1. 技術士 1993/04/05
  2. 一級土木施工管理技士 1989/03/10
  3. 測量士 1994/03/04
  4. 土壌環境リスク管理者 2006/07/03
  5. APECエンジニア(civil) 2012/04/01 登録更新日
  6. コンクリート主任技士 2010/03/31 登録更新日
  7. プレストレストコンクリート技士 2007/03/31 登録更新日
  8. フレシネー技士 2005/08/01
  9. 危険物取扱者(乙-4種) 2004/12/10
  10. 上級救命講習修了者 2006/06/24

教育・研究活動状況

地盤防災分野、地盤環境分野および大規模災害時の被害調査活動などを中心に活動している。

研究分野

  1. 地盤工学
  2. 自然災害科学

研究キーワード

  1. ○地盤工学(地盤防災、地盤環境工学) ○キャピラリーバリアに関する研究(廃棄物処分場など) ○不飽和地盤の挙動に関する研究(河川堤防、盛土の安定性など) ○現位置における地盤の透水性評価に関する研究 ○不飽和化による液状化対策に関する研究 ○現位置における地盤の飽和度測定に関する研究 ○長大トンネルにおける無線LANネットワークを用いた測位システムに関する研究開発 ○大規模災害時の被害調査活動 など

研究テーマ

  1. 水産系副産物を用いたキャピラリーバリア地盤に関する研究 2013/10/01-2018/03/31
  2. 塩類化防止と農耕地保全を同時達成するキャピラリーバリア地盤の開発 2015/04/01-2019/03/31
  3. 地盤の不飽和化による液状化対策に関する研究 2015/04/01-現在
  4. 地盤の不飽和化による液状化対策時の飽和度モニタリング技術に関する研究 2015/04/01-現在
  5. H27年9月関東・東北豪雨に伴う常総市の水害調査(地下水水質への影響など) 2015/09/10-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. キャピラリーバリアを用いた中間貯蔵長期保管貯蔵技術の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  2. キャピラリーバリアを用いた塩害防止工の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  3. 不飽和化による液状化対策工のモニタリング技術の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究,その他

競争的資金等の研究課題

  1. 画像解析手法を用いた地下水流動場の連続流向流速測定技術の確立と測定システムの開発 科研費 基盤研究(C)一般 科学研究費助成事業 2007/04/01-2010/03/31
  2. 沿岸域地下水流向流速の直接観測による海底地下水湧出現象の解明と海面上昇の影響検討 科研費 基盤研究(C)一般 科学研究費助成事業 2010/04/01-2013/03/31
  3. 扁平な破砕貝殻の水理学特性の解明と貝殻を再利用したキャピラリーバリア地盤の開発 科研費 基盤研究(C)一般 科学研究費助成事業 2013/04/01-2016/03/31
  4. キャピラリー・バリア盛土による放射性廃棄物・汚染物質の長期貯蔵保管工法の提案 科研費 基盤研究(A)一般 科学研究費助成事業 2013/04/01-2016/03/31
  5. 水産系副産物(貝殻)を活用した環境調和型キャピラリーバリア地盤の開発 科研費以外 研究成果最適展開支援プログラム シーズ顕在化タイプ 科学技術振興機構(JST) A-STEP 2012/04/01-2013/03/31

著書

  1. 地下空間ハンドブック2013 清文社 2013
  2. 山留めの創意工夫となるほど納得Q&A 丸善出版 2011
  3. 電力工事からみた地下発電所の変遷と事例集 文星閣 2004

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 貝殻を用いたキャピラリーバリアの塩分上昇遮断とカルシウムが植物生育に及ぼす影響 小林 薫,石沢 彩夏,相馬 嵐史,森井 俊広 土木学会論文集B3(海洋開発) 土木学会 73/ 2, I-360-I-265 2017/08/31 半乾燥地における地盤の塩害防止策の1つとして,礫層(粗粒土層)とその上に砂層(細粒土層)を重ねた地盤であるキャピラリーバリア(CB)が有効である.しかし,半乾燥地における乾燥砂は,下部礫材の間隙に混入しやすく,層状地盤の層境界面の長期的な安定性の確保が困難である.筆者らは,この課題に対し,礫代替材に扁平な破砕貝殻を用いることで,CB機能(降雨浸透水の遮断・貯留効果)を保持したまま,乾燥砂の下部粗粒材の間隙への混入も同時に防止できる貝殻型CBを見出した.本研究では,礫代替材として破砕貝殻を用いた貝殻型CBの多機能効果の内,①塩分上昇遮断効果と②破砕貝殻から溶出したカルシウムが植物の発芽・生育に及ぼす影響について実験的に明らかにした.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 上部層厚の影響を考慮した3層キャピラリーバリア地盤の限界長の評価手法 松元和伸、小林 薫,森井俊広,中房 悟 地盤工学ジャーナル 地盤工学会 11/ 4, 305-313 2016/12/31 10.3208/jgs.11.305
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 不飽和浸透特性を活かした水産系副産物(貝殻)の地盤材料への有効活用 小林 薫、森井俊広、辻本剛三、菅 紘毅、松元和伸、中房 悟 地盤工学会誌 地盤工学会 65/ 12, 1-4 2016/12/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 再利用した貝殻のキャピラリーバリアの海浜断面変化に及ぼす影響に関する基礎的研究 菅 紘毅、辻本剛三、柿木哲哉、宇野宏司、小林 薫 土木学会論文集B3(海洋開発 土木学会 72/ 2, I-556-I-561 2016/08/31
  5. 廃棄物最終処分場覆土に用いる水産系副産物(貝殻)の適用性に関する実験的研究 小林 薫、鈴木ひかり、進藤里歩、村上 哲、松元和伸、森井俊広 土木学会論文集B3(海洋開発 土木学会 72/ 2, I-958-I-963 2016/08/31

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) ADR土壌水分計における体積含水率の測定精度に関する基礎的研究 平成28年度不飽和土研究会研究発表会論文集 2016/12/14
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 細粒土層の層厚を考慮した限界長推定式に関する考察 平成28年度不飽和土研究会研究発表論文集 2016/12/14
  3. 口頭発表(一般) 表面保護層が傾斜キャピラリーバリアの性能に及ぼす影響 第11回環境地盤工学シンポジウム 2015/07/07
  4. 口頭発表(一般) HYDRUS-2Dによるキャピラリーバリア地盤の限界長の評価 日本砂丘学会第61回講演要旨集 2015/08/08
  5. 口頭発表(一般) 地下空間における無線LANを用いた測位センサネットワークによる位置管理システムの基本性能に関する実験的研究 土木学会第70回年次学術講演会 2015/09/01

知的財産権

  1. 特許 キャピラリーバリア多層地盤における集排水制御構造の構築方法 特願2012-206717 2012/09/20 特開2014-61466 2014/04/10 特許 6954114号 2016/12/09
  2. 特許 キャピラリーバリア層の構築により浸透水に含まれる極低レベルの放射性物質をゼロライトに吸着させる方法 特願2012-251061号 2012/11/15 特開2014-61466号 2014/04/10 第5808308号 2015/09/18
  3. 特許 多層地盤における集排水制御構造 特願2010-242903号 2010/10/29 特開2012-91148号 2012/05/17 第5804621号 2015/09/11
  4. 特許 重機上載用防振構造 特願2012-176704号 2012
  5. 特許 地下水流動測定装置 第4837053号 2011/10

受賞

  1. 科研費審査委員表彰(平成27年度) 2015/10/31
  2. 事業企画賞(平成24年度) 2013/06/13
  3. Best Paper Award 2011/11/21
  4. 環境デザイン賞 1999/05
  5. 社長賞(飛島建設) 2002/05

担当授業科目

  1. 地盤力学Ⅰ
  2. 地盤工学
  3. 都市システム工学基礎演習Ⅰ
  4. 都市システム工学序論
  5. 土質基礎工学特論

所属学協会

  1. 土木学会 1992-現在
  2. 地盤工学会 2001-現在
  3. 日本地下水学会 2001-現在
  4. 岩の力学連合会 2000-現在
  5. 岩盤工学研究会 2000/04-現在

委員歴

  1. 岩の力学連合会 代議員 2013-現在
  2. 地盤工学会 低透水材料研究委員会 2014/04/01-2016/03/31