茨城大学
全学教育機構
国際教育部門

顔写真
講師

瀬尾 匡輝

セオ マサキ
SEO MASAKI

経歴

  1. コンコーディア・ランゲージ・ビレッジ 森の池 夏季日本語教師 2005-2006
  2. コンコーディア・ランゲージ・ビレッジ 森の池 教務主任 2007-2008
  3. ハワイパシフィック大学 非常勤講師 2008/01/16-2009/01/15
  4. 香港大学専業進修学院 非常勤講師 2009/01/01-2009/08/31
  5. 香港大学専業進修学院 専任講師 2009/09/01-2011/12/31
  6. 香港理工大学 専任講師 2012/01/03-2015/03/30
  7. 茨城大学 講師 2015/04/01-現在

学歴

  1. ハワイパシフィック大学 国際学部 2005/05/15 卒業 アメリカ合衆国
  2. ハワイ大学マノア校 人文学部 宗教学科 2006/08/13 卒業 アメリカ合衆国
  3. ハワイ大学マノア校 第二言語研究学科 修士 2008/12/20 修了 アメリカ合衆国
  4. 上智大学 外国語学研究科 言語学専攻 博士 2014/03/31 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(第二言語としての英語教授法) ハワイパシフィック大学 2005/05/15
  2. 副専攻(社会科学) ハワイパシフィック大学 2005/05/15
  3. 学士(宗教学) ハワイ大学マノア校 2006/08/13
  4. 修士(第二言語研究) ハワイ大学マノア校 2008/12/20
  5. 博士(言語学) 上智大学 2017/09/20

研究分野

  1. 日本語教育
  2. 外国語教育
  3. 教育社会学

研究キーワード

  1. 外国語/第二言語としての日本語教育(JSL/JFL)、批判的応用言語学、第二言語習得研究のJSL/JFLへの応用(e.g. タスク中心教授法、内容中心教授法)、グローバリゼーションと言語教育、実践研究、質的研究、批判的教育

競争的資金等の研究課題

  1. 言語学習の「商品化」と「消費」の包括的な理解を目指した調査研究 科研費 平成29年度 若手研究(B) 2017/04/01-2020/03/31 新自由主義的競争原理が広がる現代社会において、各日本語教育機関は学習者を獲得するために、日本語学習の「商品化」を試みている。そして、学習者は多様な興味や関心に合わせて商品化された日本語学習を「消費」している。言語教育分野におけるこれまでの研究では、商品化と消費を否定的に捉える傾向があった。だが、商品化と消費は学習者と教師双方に利益をもたらす可能性もある。そこで、本研究では香港とベトナムの日本語教育現場でどのように言語学習が商品化・消費されているのかを探り、商品化と消費が持つ否定的な面をどう克服し、可能性を最大限に引き出せるかという課題に取り組む。そして、これまで議論が避けられがちだった教育と経済的行為を結びつけ、商品化と消費の利点を活かした新たな言語教育の可能性と指針を提供する。そして、これまで議論が避けられがちだった教育と経済的行為を結びつけ、商品化と消費の利点を生かした新たな言語教育の方向性と指針を提供する。

著書

  1. 言語教育の「商品化」と「消費」を考えるシンポジウム 報告集 言語教育の「商品化」と「消費」を 考えるシンポジウム運営委員会 委員長:瀬尾匡輝 2016
  2. 英語教育と文化・人種・ジェンダー (久保田竜子著作選2) 久保田竜子 第4章翻訳 くろしお出版 2015/08/28
  3. グローバル化社会と言語教育 ―クリティカルな視点から (久保田竜子著作選1) 久保田 竜子 第7章翻訳 くろしお出版 2015/08/28
  4. In-service language teachers' development: From the perspective of localization. In E. Espindola & A. K. Kashyap (eds.) Free Linguistics Masaki Seo 第22章執筆 2014 978-962-367-779-0
  5. 「インフォーマル・ラーニング下における日本語学習―独学で日本語能力試験1級に合格した学習者達を事例として」 第9回国際日本語教育・日本研究シンポジウム大会論文集編集会(編)『日本語教育と日本研究における双方向性アプローチの実践と可能性』 瀬尾匡輝・山口悠希子 第6章執筆 ココ出版 2014/11/20 978-4-904595-52-7

論文

  1. 学位論文(博士) 単著 言語教育実践のグローカル化-海外で働く日本人教師のケース・スタディ 瀬尾匡輝 上智大学大学院博士論文 2017/09/20
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 現地で出版された教科書がなぜ使われないのか―教材分析と現地の日本語教師へのインタビューを通した一考察― 瀬尾匡輝・青山玲二郎・米本和弘 日本学刊 19, 121-135 2016
  3. (MISC)総説・解説(その他) 共著 言語教育の商品化と消費が進むなかで、私たちは…。 瀬尾匡輝・佐野香織・瀬尾悠希子・米本和弘 日本語教育学のデザイン―その地と図を描く 凡人社 2016/06/01
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 オンラインでのつながりがもたらす教師たちの変容―『つながろうねっト』の4年間の活動をふりかえって 瀬尾匡輝・ 有森丈太郎・鬼頭夕佳・佐野香織・瀬尾悠希子・橋本拓郎・米本和弘 茨城大学留学生センター紀要 14, 77-92 2016/02
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 日本語教師はどのように教育の商品化を経験しているのか 瀬尾匡輝・瀬尾悠希子・米本和弘 言語文化教育研究 13, 83-96 2015/12/30 2188-9600

研究発表

  1. ポスター発表 グローカルな実践の再構築 ―海外で働く日本語教師のケース・スタディから― 協働実践研究会第13回研究会 2017/12/02
  2. 口頭発表(招待・特別) 海外で働く日本語教師の実践の構築/再構築 -言語教育実践のグローカル化の視点から- 上智大学英語教員研究会 第208回例会 2017/10/21
  3. 口頭発表(一般) 「文法を重視する」という教師の日本語教育の考え方はどのように作り出されているのか―言語教育のローカル化の視点から― 異文化間教育学会第38回大会 2017/06/17
  4. 口頭発表(一般) 英語によるコンテント授業で受講生達は何を学んだのか―留学生と日本人学生がともに学ぶ授業実践― 日本国際理解教育学会第27回研究大会 2017/06/03
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 言語教育の「商品化」と「消費」を考える-2016 年 7 月シンポジウムへ向けて- 言語文化教育研究学会 第2回年次大会 2016/03/13

担当授業科目

  1. Japanese Pop Culture
  2. Studies in Contemporary Japan
  3. 日本語教授法I
  4. 日本語教授法演習
  5. 日本語研修コースレベル4

社会貢献活動

  1. 阿見町国際交流協会 2015/05-現在 ホームステイ委員会委員

所属学協会

  1. 日本教育工学会 2017-現在
  2. 国立大学留学生指導研究協議会 2015-現在
  3. 開発教育協会 2015-現在
  4. 国際理解教育学会 2015-現在
  5. 異文化間教育学会 2015-現在

委員歴

  1. 言語文化教育研究学会 研究集会実行委員長 2016-現在
  2. 言語文化教育研究学会 事務局長補佐 2015-現在
  3. 言語文化教育研究学会 研究集会実行委員 2014-現在
  4. 言語文化教育研究学会 理事 2014-現在
  5. 香港日本語教育研究会 副会長 2013-2015

学外教育

  1. その他 小林ミナ研究室主催ゲストセッション「生涯学習・余暇活動・消費という視点から日本語学習を考える」 2016
  2. その他 日本研究「日本のポップカルチャー」 2016