茨城大学
全学教育機構
国際教育部門

顔写真
准教授

瀬尾 匡輝

セオ マサキ
SEO MASAKI

その他の所属・職名

  1. 農学部 附属国際フィールド農学センター 協力教員

プロフィール

  1. 言語教育(特に日本語教育)、教育社会学を専門としている。これまで海外を拠点に研究を行ってきたため、海外における日本語教育のあり方についての批判的な検討を学習者と教師の視点から試みてきた。

    学習者の視点
    学習者の動機や動機減退要因を調査していくなかで、余暇活動と消費としての日本語学習の存在を明らかにした。その上で、学習者の視点に立った実践研究を行っている。

    教師の視点
    海外で働く教師達にインタビューを行った結果から、教師達の対立や孤立感を浮き彫りにした。そして、海外で働く教師のためのオンラインコミュニティを立ち上げ、企画・運営した結果を実践研究という形で報告している。

経歴

  1. コンコーディア・ランゲージ・ビレッジ  森の池  夏季日本語教師 2005-2006
  2. コンコーディア・ランゲージ・ビレッジ   森の池 教務主任 2007-2008
  3. ハワイパシフィック大学  非常勤講師 2008/01/16-2009/01/15
  4. 香港大学専業進修学院  非常勤講師 2009/01/01-2009/08/31
  5. 香港大学専業進修学院  助理講師 2009/09/01-2011/12/31
  6. 香港理工大学  人文学院中文及雙語学系 専任講師 2012/01/03-2015/03/30
  7. 茨城大学 留学生センター 講師 2015/04/01-2017/03/31
  8. 茨城大学 全学教育機構国際教育部門 講師 2017/04/01-2019/03/31
  9. 茨城大学 全学教育機構国際教育部門 准教授 2019/04/01-現在

学歴

  1. ハワイパシフィック大学 国際学部 2005/05/15 卒業 アメリカ合衆国
  2. ハワイ大学マノア校 人文学部 宗教学科 2006/08/13 卒業 アメリカ合衆国
  3. ハワイ大学マノア校 第二言語研究学科 修士 2008/12/20 修了 アメリカ合衆国
  4. 上智大学 外国語学研究科 言語学専攻 博士 2014/03/31 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(第二言語としての英語教授法) ハワイパシフィック大学 2005/05/15
  2. 副専攻(社会科学) ハワイパシフィック大学 2005/05/15
  3. 学士(宗教学) ハワイ大学マノア校 2006/08/13
  4. 修士(第二言語研究) ハワイ大学マノア校 2008/12/20
  5. 博士(言語学) 上智大学 2017/09/20

研究分野

  1. 日本語教育
  2. 外国語教育
  3. 教育社会学

研究キーワード

  1. 外国語/第二言語としての日本語教育(JSL/JFL)、批判的応用言語学、第二言語習得研究のJSL/JFLへの応用(e.g. タスク中心教授法、内容中心教授法)、グローバリゼーションと言語教育、実践研究、質的研究、批判的教育

競争的資金等の研究課題

  1. 言語学習の「商品化」と「消費」の包括的な理解を目指した調査研究 科研費 平成29年度 若手研究(B) 日本学術振興会 2017/04/01-2020/03/31 新自由主義的競争原理が広がる現代社会において、各日本語教育機関は学習者を獲得するために、日本語学習の「商品化」を試みている。そして、学習者は多様な興味や関心に合わせて商品化された日本語学習を「消費」している。言語教育分野におけるこれまでの研究では、商品化と消費を否定的に捉える傾向があった。だが、商品化と消費は学習者と教師双方に利益をもたらす可能性もある。そこで、本研究では香港とベトナムの日本語教育現場でどのように言語学習が商品化・消費されているのかを探り、商品化と消費が持つ否定的な面をどう克服し、可能性を最大限に引き出せるかという課題に取り組む。そして、これまで議論が避けられがちだった教育と経済的行為を結びつけ、商品化と消費の利点を活かした新たな言語教育の可能性と指針を提供する。そして、これまで議論が避けられがちだった教育と経済的行為を結びつけ、商品化と消費の利点を生かした新たな言語教育の方向性と指針を提供する。

著書

  1. ブルネイってどんなところ?―2018年度ブルネイ・ダルサラーム大学短期研修報告 瀬尾匡輝 編者 茨城大学グローバル教育センター 2019/03/01 URL
  2. ブルネイに行ってきた!―ブルネイ・ダルサラーム大学短期英語研修体験談 瀬尾匡輝 編者 茨城大学グローバル教育センター 2018/01/09 URL
  3. 言語教育の「商品化」と「消費」を考えるシンポジウム 報告集 言語教育の「商品化」と「消費」を 考えるシンポジウム運営委員会 委員長:瀬尾匡輝 2016 URL
  4. 英語教育と文化・人種・ジェンダー (久保田竜子著作選2) 久保田竜子 第4章翻訳 くろしお出版 2015/08/28
  5. グローバル化社会と言語教育 ―クリティカルな視点から (久保田竜子著作選1) 久保田竜子 第7章翻訳 くろしお出版 2015/08/28

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 映像を用いた実践共有の課題と可能性―日本語中級クラスにおけるインタビュー・プロジェクトの映像化から 瀬尾匡輝・瀬尾悠希子 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 2, 87-90 2019/02
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 「文法を重視する」という日本語教育に対する教師の考えはどのように作り出されているのか―言語教育のローカル化の視点から 瀬尾匡輝 Journal CAJLE 19, 23-41 2018/07
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 「消化不良のままうそつきって思いながら授業してる」―海外で働く日本語教師の実践の構築・再構築 瀬尾匡輝 上智大学英語教員研究 66, 22-43 2018/04/01
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 海外で働く日本語教師の実践の再構築―グローバルナレッジとローカルナレッジに着目して 瀬尾匡輝 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 1, 85-104 2018/02
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 コミュニティと関わり、コミュニティに働きかけるプロジェクト活動―留学生と日本人学生がともに学ぶ授業実践から 瀬尾匡輝 イマ×ココ ココ出版 5, 36-41 2017/12/27

研究発表

  1. ポスター発表 Intercultural Co-Learning: Solving a Problem JALT2019 Annual Conference 2019/11/02
  2. 口頭発表(一般) 言語教育サービスの商品化―教育産業以外の企業が設置した日本語教室で働く教師の経験から 日本教育社会学会第71回大会 2019/09/12
  3. 口頭発表(一般) 遠隔による日本語教育実習―日本とブルネイ・ダルサラーム国間の実践から CASTEL/J(日本語教育支援システム研究会)2019 2019/08/10
  4. 口頭発表(一般) "We do not pander to our customers": Commodification of Japanese language educational service in Vietnam The 4th Forum on Sociology of Education at Beijing Normal University 2019/06/28
  5. 口頭発表(一般) 事前・事後学習としてのレポート執筆―ブルネイでの海外短期研修の実践から 異文化間教育学会第40回大会 2019/06/08

担当授業科目

  1. 5学部混合地域PBL Ⅳ
  2. Japanese Pop Culture A
  3. Japanese Pop Culture B
  4. 短期海外研修(ブルネイ)
  5. 日本語研修コースレベル4(総合)(前期)

教育実績

  1. 日本学生支援機構 平成31年度海外留学支援制度(協定派遣)学生交流創成タイプ(タイプB)「東南アジアの大学生との相互理解を目指した海外派遣プログラム」 2019/08/18-2019/09/15 本プログラムでは、本学との協定関係にあるブルネイ・ダルサラーム大学に約1か月間本学の学生を派遣する。1)派遣先の教育学部が提供する英語の授業、2)モスクや水上集落、マングローブ林などへのフィールドトリップ、3)現地の学生と協働で行うフィールドワーク調査学習を通して、プログラム参加学生のASEAN地域への理解を促し、コミュニケーション手段としての英語能力の向上を目指す。
  2. 茨城大学 令和元年度教育改革推進経費「タンデム学習による海外の協定校の学生との交流事業」 2019/06/15-2020/02/29 本事業では、本学学生と本学と交流協定を結ぶ海外の教育・研究機関の学生が、ウェブ会議システム(SKYPEやZOOM等)を用いてタンデム学習を行う。タンデム学習とは、母語の異なる者同士がペアとなり、互いの言語や文化を学びあう学習形態のことである。本事業では、これまで茨城大学グローバル教育センターが行ってきたタンデム学習の実践を拡大し、水戸・日立・阿見の3キャンパスの学生とさらなる協定校の学生の参加を促し、以下の5点を達成することを目指す。  1.実践的英語能力の養成  2.日本人学生の海外派遣の促進  3.日本人派遣学生に対するサポートの強化  4.協定校からの学生受け入れの促進  5.国際共同研究の促進
  3. 日本学生支援機構 平成30年度海外留学支援制度(協定派遣)学生交流創成タイプ(タイプA)「東南アジアの大学生との相互理解を目指した海外派遣プログラム」 2018/08/17-2018/09/15 本プログラムでは、本学との協定関係にあるブルネイ・ダルサラーム大学に約1か月間本学の学生を派遣する。1)派遣先の教育学部が提供する英語の授業、2)モスクや水上集落、マングローブ林などへのフィールドトリップ、3)現地の学生と協働で行うフィールドワーク調査学習を通して、プログラム参加学生のASEAN地域への理解を促し、コミュニケーション手段としての英語能力の向上を目指す。
  4. 公益財団法人中島記念国際交流財団 平成30年度留学生地域交流事業 「地域住民を交えた留学生支援及び地域の国際理解促進」 2018/05/01-2019/01/31 本事業では、茨城大学阿見キャンパスで学ぶ外国人留学生・日本人学生と阿見町に住む地域住民の交流を目指して、1)留学生がそれぞれの国の文化を紹介するイベントの開催、2)地域と大学が連携した新入留学生ガイダンスの実施、3)留学生と地域に住む在留外国人に向けた地域住民による日本語講座の開講、4)留学生と受入ホストファミリーの双方が学び合えるホームステイの実施を行う。
  5. 茨城大学 平成30年度教育改善奨励経費「地域課題の解決を目指した国際協働学修」 2018/04/01-2018/08/31 本申請事業では、全学教育機構国際教育部門の教員が、茨城県国際観光課の協力の下、2018年前期に立ち上げる授業「5学部混合地域PBL科目IV(使用言語:英語)」を通して、1.PBL及びグループワークを通して、授業外学修を促進する、2.日本人学生と外国人留学生が英語でプロジェクトを遂行することによって、実践的英語能力を向上させる、3.茨城県の魅力を世界に発信するために現状を分析し、発信方法・内容をグループで話し合うことで、地域・国際志向及びそれらに関するコミュニケーション能力を育成する、4.1年次前期より新入生の国際交流に対する意識を高めることで、海外留学への動機付け及び学内で行われる国際交流事業参加への興味を促進する

社会貢献活動

  1. タイ ウボンラチャターニー大学教養学部 日本語学科 外部評価員 2018/05-2018/06
  2. 香港大学専業進修学院 外部評価員 2017-現在
  3. 阿見町国際交流協会 2015/05-現在 ホームステイ委員会委員

所属学協会

  1. 海外日本語教育学会 2019/04-現在
  2. 大学日本語教員養成課程研究協議会 2018/04-現在
  3. 日本教師教育学会 2017-現在
  4. 日本教育工学会 2017-現在
  5. 国立大学留学生指導研究協議会 2015-現在

委員歴

  1. 日本語教育学会 国際連携委員会委員 2019/07/01-現在
  2. 全国語学教育学会 分野別研究部会 海外留学 広報委員長 2018/11-現在
  3. 言語文化教育研究学会 研究集会実行委員長 2016-現在
  4. 言語文化教育研究学会 事務局長補佐 2015-2019/03/31
  5. 言語文化教育研究学会 研究集会実行委員 2014-現在

学外教育

  1. 出前授業 世界と日本を考える 2019
  2. その他 2019年度 茨城大学教員免許状更新講習 「外国にルーツを持つ児童・生徒に対する日本語教育・学習支援」 於筑西 2019
  3. 公開講座 ちがいをたのしむ―多文化共生へのはじめの一歩 2019
  4. 出前授業 外国語として日本語を教えてみよう! 2019
  5. 出前授業 外国語として日本語を教えてみよう! 2019