社会貢献活動

公開件数: 8 件
No. タイトル 活動期間 概要
1 電池におけるセルバランスの基礎と最新技術
2017/08/23-2017/08/23
近年、リチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電セルの用途が急速に拡大しています。蓄電源システムでは任意の電圧を得るために多数個のセルを直列に接続して使用することが一般的ですが、各セルの電圧にアンバランスが生じると過充電や過放電の恐れが生じるのみならず、蓄電源システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼすことが知られています。蓄電源を長期に渡って安全かつ有効に利用するためには電圧アンバランスを防止・解消するためのセルバランス技術が必要となります。本セミナーでは、セルバランス技術に関する基礎的事項、各種の回路方式、最新の動向について解説します。
2 蓄電池パック・太陽電池パネルの有効活用に向けた電圧バランス技術
2017/08/04-2017/08/04
日常生活の利便性向上や環境問題を背景に,携帯機器から電動車両,更には再生エネルギーシステム等の様々な場面で蓄電池が活用されている。一般的な蓄電池システムでは,多数個のセル(単電池)を直列接続して電池パックを構成して使用されるが,各セルの個体差に起因して生じるセル電圧のばらつきにより電池パック全体としての利用可能エネルギーの低下や早期劣化といった問題を引き起こすことが知られている。一方,再生エネルギー源として一般的な太陽電池パネルも同様に複数セルの直列接続により構成されているが,一部のセルに部分的に影が掛かることによりパネル全体としての発電電力が大幅に低下するという問題を有している。これらの問題を解消するためには各セルの電圧を均一化するための電圧バランス技術が不可欠であり,蓄電池・太陽電池の更なる有効活用に向けて盛んな研究開発が進められている。
3 リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス
2017/06/30-2017/06/30
再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。一般的に、システムの要求電圧に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
4 蓄電セルにおけるセルバランス回路の開発と蓄電システムの最適化
~電気特性のばらつき原因とその解消に向けて~
2017/02/20-2017/02/20
リチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電セルの利用が急速に広まっている。蓄電システムでは任意の電圧を得るために複数個のセルを直列に接続して使用することが一般的であるが、各セルの電圧にアンバランスが生じると過充電や過放電の恐れが生じるのみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼすことが知られている。本セミナーでは、このアンバランスを解消する「セルバランス」の技術について解説する。
5 蓄電池システムにおけるセルバランスの基礎と回路方式および応用
2016/10/07-2016/10/07
1.背景(蓄電池の用途拡大に伴う課題、蓄電池の種類)、2.セルバランスの必要性(ばらつきによる悪影響、ばらつきの発生要因)、3.セルバランスの概念(エネルギー消費によるバランス(損失型)、エネルギー授受によるバランス(非損失型)、電圧バランスとSOCバランス)、4.損失型セルバランス回路(受動方式、シャント方式)、5.非損失型セルバランス回路(DC-DCコンバータの基礎、隣接セル間バランス、ストリング-セル間バランス、セル選択方式(ストリング-セル間)、セル選択方式(中間貯蔵方式)、充放電器一体化方式)、6.まとめ(各種セルバランス方式の長所と短所、大規模システムにおけるバランス回路)
6 リチウムイオン二次電池 / 電気二重層キャパシタ用セルバランスの基礎と最新動向
2016/06/17-2016/06/17
近年、リチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電セルの利用が急速に広まっている。蓄電システムでは任意の電圧を得るために複数個のセルを直列に接続して使用することが一般的であるが、各セルの電圧にアンバランスが生じると過充電や過放電の恐れが生じるのみならず、蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼすことが知られている。本セミナーでは、このアンバランスを解消する「セルバランス」の技術について解説する。
7 パワーエレクトロニクスに支えられる電池と太陽電池
2015/12/15-2015/12/15

8 宇宙機電源制御系技術の研究開発と発明技術の応用
2015/09/15-2015/09/15