茨城大学
理工学研究科(工学野)
電気電子システム工学領域

顔写真
准教授

鵜野 将年

ウノ マサトシ
UNO Masatoshi

経歴

  1. 宇宙航空研究開発機構 2004/04/01-2014/09/30
  2. 茨城大学工学部電気電子工学科 2014/10/01-現在

学歴

  1. 同志社大学大学院 工学研究科 電気工学専攻 博士前期 2004/03/31 修了 日本
  2. 総合研究大学院大学(総研大) 物理学研究科 宇宙科学専攻 博士後期 2012/03/31 修了 日本

学位

  1. 工学修士 同志社大学 2004/03/31
  2. 博士(工学) 総合研究大学院大学(総研大) 2012/03/31

研究分野

  1. 電力工学・電気機器工学

研究キーワード

  1. パワーエレクトロニクス

研究テーマ

  1. 電流均一化LEDドライバに関する研究 2017/04/01-現在
  2. 複数台コンバータの一体化を可能とする統合型コンバータに関する研究 2014/03-現在
  3. 再生エネルギー用高昇圧比コンバータ 2014/03-現在
  4. 太陽電池用部分影補償器に関する研究 2012/04-現在
  5. 蓄電池用セルバランス回路に関する研究 2009/04-現在
  6. スイッチトキャパシタコンバータに関する研究 2009/04-現在
  7. 蓄電池(リチウムイオン電池、電気二重層キャパシタ)の寿命評価 2004/04-2014/09
  8. 固体高分子形燃料電池と電力変換器の相互作用が白金触媒劣化に及ぼす影響 2009/04-2011/03
  9. 固体高分子形燃料電池用ポンプレスガス循環システムの開発 2008/04-2010/03
  10. 高高度気球用固体高分子形燃料電池システムの開発 2005/04-2009/03

共同・受託研究希望テーマ

  1. 太陽電池用部分影補償器に関する研究開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究
  2. 蓄電池(リチウムイオン電池、電気二重層キャパシタ)用セルバランス回路に関する研究開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究
  3. 複数台コンバータの一体化を可能とする再生エネルギー用途向け統合型コンバータの研究開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究,共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 第58回 宇部興産学術奨励賞 科研費以外 宇部興産学術振興財団 宇部興産学術奨励賞
  2. 電気特性均一化により太陽電池システムの発電量向上を実現するモジュラー補償器の開発 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2018/04/01-2021/03/31
  3. 高い拡張性を有するモジュラー式部分影補償器の開発とパネル故障診断への応用 科研費以外 岩谷直治記念財団 2018/04/01-2019/03/31
  4. 曲率を有する太陽電池パネルの発電量を最大化するバランサの開発 科研費以外 日立財団 倉田奨励金 2018/03/01-2019/03/31
  5. 出版助成 科研費以外 中部電気利用基礎研究振興財団 出版助成 2017-2017

著書

  1. Solar Panels and Photovoltaic Materials Masatoshi Uno, Toru Nakane, Toshiki Shinohara Chapter 9 InTech 2018/04/01 978-1-78923-435-0
  2. Supercapacitor Design and Applications Chapter 7 InTech 2016/11/01 978-953-51-2749-9
  3. Energy Storage -Technologies and Applications Chapter 7 InTech 2013 978-953-51-0951-8
  4. Energy Storage in the Emerging Era of Smart Grids Chapter 2 InTech 2011 978-953-307-269-2

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Nonisolated Multiport Converters Based on Integration of PWM Converter and Phase-Shift Switched Capacitor Converter Y. Sato, M. Uno, and H. Nagata IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Module-integrated converter based on cascaded quasi-Z-source inverter with differential power processing capability for photovoltaic panels under partial shading Masatoshi Uno, Toshiki Shinohara IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 The family of transformerless PWM converters integrating voltage equalizers for photovoltaic panels and energy storage modules Masatoshi Uno, Masaya Yamamoto IET Power Electronics IET 2019
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 PWM switched capacitor-based cell-level power balancing converter utilizing diffusion capacitance of photovoltaic cells Masatoshi Uno, Yota Saito, Masaya Yamamoto, Shinichi Urabe IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019/06/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 タップトインダクタを利用した直列共振形倍電圧整流回路とフェーズシフトスイッチトキャパシタコンバータを統合した電気二重層キャパシタ用モジュラーバランスシステム 長谷川航輝、鵜野将年、矢代和輝 電気学会論文誌D 電気学会 139/ 4, 433-441 2019/04/01 10.1541/ieejias.139.433

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 部分影補償機能を有するスイッチトキャパシタコンバータを基礎としたマルチポートコンバータの実機検証 電気学会全国大会 2019/03/12
  2. 口頭発表(一般) 太陽電池パネルの電気特性ばらつきを補償するモジュラースイッチトキャパシタコンバータ 電気学会全国大会 2019/03/12
  3. 口頭発表(一般) 湾曲太陽電池パネルの特性ばらつきを解消するフレキシブルトランスを用いた補償器の開発 電気学会全国大会 2019/03/12
  4. 口頭発表(一般) 無制御での電流バランスとスイッチの低耐圧化が可能な3相インタリーブLLCコンバータ 電気学会全国大会 2019/03/12
  5. 口頭発表(一般) コンデンサ絶縁DABコンバータを利用したセル選択式バランス回路の実機検証 電気学会全国大会 2019/03/12

知的財産権

  1. 特許 電力変換装置 2018-215094 2018/11/15
  2. 特許 直列接続された太陽電池又はその他の電源用の動作点制御のためのバランス回路装置 2017-131289 2017/07/04
  3. 特許 充電器及び充放電器 2016-042750 2016/03/04
  4. 特許 電圧均等化回路システム 2015-145110 2015/07/22 2017-28864 2017/02/02
  5. 特許 コンバータ、太陽電池モジュール用コンバータシステム、及び蓄電モジュール用コンバータシステム 2015-033246 2015/02/23 2016-158334 2016/09/01

受賞

  1. 電気学術奨励賞(指導学生) 2019/03/31 指導学生の受賞
  2. 茨城大学工学系表彰(指導学生4) 2019/03/26 指導学生の受賞
  3. 茨城大学工学系表彰(指導学生3) 2019/03/26 指導学生の受賞
  4. 茨城大学工学系表彰(指導学生2) 2019/03/26 指導学生の受賞
  5. 茨城大学工学系表彰(指導学生1) 2019/03/26 指導学生の受賞

担当授業科目

  1. 制御工学
  2. パワーエレクトロニクス特論
  3. 電気電子工学実験I
  4. デジタル制御
  5. パワーエレクトロニクス

社会貢献活動

  1. バッテリマネジメントとセルバランス技術の基礎と回路設計への応用 2018/10/15-2018/10/15 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  2. バッテリマネジメントとセルバランス技術~バッテリを長期に渡り安全に使用するために各セルを適切に管理する~ 2018/08/24-2018/08/24 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  3. リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス 2018/06/26-2018/06/26 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。一般的に、システムの要求電圧に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  4. バッテリマネジメントとセルバランス技術の基礎と回路設計への応用 2018/03/14-現在 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  5. バッテリマネジメントとセルバランス技術 ~リチウムイオン電池や電気二重層キャパシタの有効利用~ 2017/11/27-2017/11/27 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。

所属学協会

  1. IEEE 2006-現在
  2. 電気学会 2005-現在
  3. 電子情報通信学会 2011-現在

学外教育

  1. その他 パワーエレクトロニクスに支えられる電池と太陽電池 2015
  2. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 宇宙機電源システムの高機能化に向けた研究開発とその技術と民生応用 2015