Ibaraki University's
Graduate School of Science and Engineering (Engineering)
Department of Electrical and Electronic Engineering

顔写真
Associate Professor

UNO Masatoshi


Career

  1. Japan Aerospace Exploration Agency 2004/04/01-2014/09/30
  2. Ibaraki University, College of Engineering, Department of Electrical and Electronic Engineering 2014/10/01-Present

Academic background

  1. Doshisha University Graduate School, Division of Engineering Electrical Engineering Doctor prophase 2004/03/31 Completed Japan
  2. The Graduate University for Advanced Studies Graduate School, Division of Physics Space Science Doctor later 2012/03/31 Completed Japan

Academic degrees

  1. M.E. Degree Doshisha University 2004/03/31
  2. Ph.D. Degree The Graduate University for Advanced Studies 2012/03/31

Research Areas

  1. Electric Power Engineering/Electric Equipment Engineering

Research keywords

  1. Power Electronics

Subject of research

  1. LED Drivers with Current Balancing Capability 2017/04/01-Present
  2. Converter Ingegrating Multiple Converters 2014/03-Present
  3. High Step-Up Converter for Renewable Energy Sources 2014/03-Present
  4. Partial-Shading Compensator for Photovoltaic Panel 2012/04-Present
  5. Cell Voltage Equalizer for Energy Storage Cells 2009/04-Present
  6. Switched Capacitor Converter 2009/04-Present
  7. Cycle Life Evaluation for Energy Storage Cells 2004/04-2014/09
  8. Pt/C catalyst degradation in proton exchange membrane fuel cells due to high-frequency potential cycling induced by switching power converters 2009/04-2011/03
  9. Pump-Less Reactant Recirculation System for Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cell 2008/04-2010/03
  10. Development of Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cell System for High-Altitude Balloons 2005/04-2009/03

Proposed theme of joint or funded research

  1. Partial-Shading Compensator for Photovoltaic Panels Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Technical consultation,Commisioned research,Joint research
  2. Cell Voltage Equalizer for Energy Storage Cells Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Technical consultation,Commisioned research,Joint research
  3. Integrated Converter for Renewable Energy Applications Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Commisioned research,Joint research

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 第58回 宇部興産学術奨励賞 Others 宇部興産学術振興財団 宇部興産学術奨励賞
  2. 電気特性均一化により太陽電池システムの発電量向上を実現するモジュラー補償器の開発 Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research(C) 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2018/04/01-2021/03/31
  3. 高い拡張性を有するモジュラー式部分影補償器の開発とパネル故障診断への応用 Others 岩谷直治記念財団 2018/04/01-2019/03/31
  4. Development of Balancer to Maximize Power Yield from Curved Photovoltaic Panels Others The Hitachi Global Foundation The Kurata Grants 2018/03/01-2019/03/31
  5. 出版助成 Others 中部電気利用基礎研究振興財団 出版助成 2017-2017

Bibliography

  1. Solar Panels and Photovoltaic Materials Masatoshi Uno, Toru Nakane, Toshiki Shinohara Chapter 9 InTech 2018/04/01 978-1-78923-435-0
  2. Supercapacitor Design and Applications Chapter 7 InTech 2016/11/01 978-953-51-2749-9
  3. Energy Storage -Technologies and Applications Chapter 7 InTech 2013 978-953-51-0951-8
  4. Energy Storage in the Emerging Era of Smart Grids Chapter 2 InTech 2011 978-953-307-269-2

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Modularized differential power processing architecture based on switched capacitor converter to virtually unify mismatched photovoltaic panel characteristics Masatoshi Uno, Masaya Yamamoto, Hayato Sato, Susumu Oyama IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019
  2. Research paper (scientific journal) Joint Nonisolated Multiport Converters Based on Integration of PWM Converter and Phase-Shift Switched Capacitor Converter Y. Sato, M. Uno, and H. Nagata IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019
  3. Research paper (scientific journal) Joint Module-integrated converter based on cascaded quasi-Z-source inverter with differential power processing capability for photovoltaic panels under partial shading Masatoshi Uno, Toshiki Shinohara IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019
  4. Research paper (scientific journal) Joint The family of transformerless PWM converters integrating voltage equalizers for photovoltaic panels and energy storage modules Masatoshi Uno, Masaya Yamamoto IET Power Electronics IET 2019
  5. Research paper (scientific journal) Joint PWM switched capacitor-based cell-level power balancing converter utilizing diffusion capacitance of photovoltaic cells Masatoshi Uno, Yota Saito, Masaya Yamamoto, Shinichi Urabe IEEE Transactions on Power Electronics IEEE 2019/06/01

Research presentations

  1. Oral presentation(general) Experimental Verifications of Electrical Diagnosis Technique Using Differential Power Processing Converters for Photovoltaic Panels 電子通信エネルギー技術研究会 2019/05/17
  2. Oral presentation(general) Integrated Converter Combining PWM Step-Up Converter and Differential Power Processing Converter to Enhance Energy Yield 電子通信エネルギー技術研究会 2019/05/17
  3. Oral presentation(general) Cell Voltage Equalizer with Embedded Switch Module for Lithium-Ion Batteries-Circuit Simplification by Halving Switch Count- 電子通信エネルギー技術研究会 2019/05/17
  4. Oral presentation(general) 部分影補償機能を有するスイッチトキャパシタコンバータを基礎としたマルチポートコンバータの実機検証 IEEJ Annual Meeting 2019/03/12
  5. Oral presentation(general) 太陽電池パネルの電気特性ばらつきを補償するモジュラースイッチトキャパシタコンバータ IEEJ Annual Meeting 2019/03/12

Intellectual property rights

  1. Patent 電力変換装置 2018-215094 2018/11/15
  2. Patent 直列接続された太陽電池又はその他の電源用の動作点制御のためのバランス回路装置 2017-131289 2017/07/04
  3. Patent 充電器及び充放電器 2016-042750 2016/03/04
  4. Patent 電圧均等化回路システム 2015-145110 2015/07/22 2017-28864 2017/02/02
  5. Patent コンバータ、太陽電池モジュール用コンバータシステム、及び蓄電モジュール用コンバータシステム 2015-033246 2015/02/23 2016-158334 2016/09/01

Prizes

  1. (Student under Direction) 2019/03/31 指導学生の受賞
  2. Award of Ibaraki University Department of Engineering (Student 4 under Direction) 2019/03/26 Student under Direction
  3. Award of Ibaraki University Department of Engineering (Student 3 under Direction) 2019/03/26 Student under Direction
  4. Award of Ibaraki University Department of Engineering (Student 2 under Direction) 2019/03/26 Student under Direction
  5. Award of Ibaraki University Department of Engineering (Student 1 under Direction) 2019/03/26 Student under Direction

Alloted class

  1. Control Engineering
  2. Power Electronics
  3. Electrical and Electronics Engineering Experiments I
  4. Digital Control
  5. Power Electronics

Social Contribution

  1. バッテリマネジメントとセルバランス技術~バッテリを長期に渡り安全に使用するために各セルを適切に管理する~ 2019/05/31-2019/05/31 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。 そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  2. バッテリマネジメントとセルバランス技術の基礎と回路設計への応用 2019/04/16-2019/04/16 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  3. バッテリマネジメントとセルバランス技術の基礎と回路設計への応用 2018/10/15-2018/10/15 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  4. バッテリマネジメントとセルバランス技術~バッテリを長期に渡り安全に使用するために各セルを適切に管理する~ 2018/08/24-2018/08/24 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。
  5. リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス 2018/06/26-2018/06/26 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。一般的に、システムの要求電圧に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。

Memberships of academic societies

  1. IEEE 2006-Present
  2. The Institute of Electrical Engineers of Japan 2005-Present
  3. The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE) 2011-Present

Extention education

  1. Other パワーエレクトロニクスに支えられる電池と太陽電池 2015
  2. education (on campus; excluding "Kaigakuen") 宇宙機電源システムの高機能化に向けた研究開発とその技術と民生応用 2015