茨城大学
工学部
情報工学科

講師

芝軒 太郎

シバノキ タロウ
SHIBANOKI Taro

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC2) 2011/04/01-2012/09/30
  2. 日本学術振興会特別研究員(PD) 2012/10/01-2013/03/31
  3. 広島大学大学院工学研究院・特任助教 2013/04/01-2014/03/31
  4. 茨城大学工学部・助教 2014/04/01-2016/03/31
  5. 茨城キリスト教大学・兼任講師 2015/04/01-現在
  6. 茨城大学工学部・講師 2016/04/01-現在

学歴

  1. 徳島大学 工学部 2008/03/24 卒業
  2. 広島大学 大学院工学研究科 博士課程前期 2010/03/23 修了
  3. 広島大学 大学院工学研究科 博士課程後期 2012/09/07 修了

学位

  1. 博士(工学) 広島大学 2012/09/07

免許・資格

  1. 高等学校教諭1種免許状(工業) 2008/03/31

研究分野

  1. 医用システム
  2. リハビリテーション科学・福祉工学

競争的資金等の研究課題

  1. 双腕協調タスクモデルに基づく5指駆動型筋電電動義手の提案と義手処方支援 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2017/04/01-2020/03/31
  2. 筋シナジーモデルに基づく5指駆動型電動義手制御法の提案と筋電義手処方支援 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2014/04/01-2017/03/31
  3. 誤認識を利用した音声操作型環境制御装置:Bio-remoteの提案と障害者支援 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2014/04/01-2017/03/31
  4. 共創型人間‐機械インタフェースの提案と筋電義手処方支援システムの開発 科研費 その他 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 2011/04/01-2013/03/31

著書

  1. Handbook on Research on Advancement in Robotics and Mechatronics, Edited by Maki K. Habib Toshio Tsuji, Taro Shibanoki, Keisuke Shima IGI Global 2014 9781466673878

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Voice Signal-Based Manipulation Method for the Bio-Remote Environment Control System Based on Candidate Word Discriminations Taro Shibanoki, Go Nakamura, Takaaki Chin and Toshio Tsuji Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, vol. 4, issue 1 87-90 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Obstacle Avoidance Method for Electric Wheelchairs Based on a Multi-Layered Non-Contact Impedance Model Haruna Kokubo, Taro Shibanoki, Takaaki Chin and Toshio Tsuji Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, vol. 4, issue 1 45-48 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 A human reaching movement model for Myoelectric Prosthesis Control Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichiro Honda, Futoshi Mizobe, Akito Masuda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, vol. 4, issue 1 22-27 2017
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) A Body Sway Mitigation Method Based on Tactile Stimulation Satowa Watanabe, Taro Shibanoki and Koji Shimatani The SICE Annual Conference 2016 (SICE2016) 518-519 2016
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 A High-fidelity Virtual Training System for Myoelectric Prostheses Using an Immersive HMD Go Nakamura, Taro Shibanoki, Futoshi Mizobe, Akito Masuda, Yuichiro Honda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji Proceedings of 10th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2016), Thailand, July 25-28, 2016 PP5.2 2016

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 微弱な振動刺激が身体動揺に与える影響 第26回ライフサポート学会フロンティア講演会 2017
  2. 口頭発表(一般) 誤認識を利用した代用発声システム 第17回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016) 2016
  3. 口頭発表(一般) 新生児General Movements評価支援システムの精度検証 日本発達神経科学学会第5回学術集会 2016
  4. 口頭発表(一般) 耳介への刺激が身体動揺に与える影響 LIFE 2016(第32回ライフサポート学会大会,第16回日本生活支援工学会大会,日本機械学会福祉工学シンポジウム2016) 2016
  5. 口頭発表(一般) クラス偏KL情報量を利用した相互学習型筋電義手訓練システム 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 2016

受賞

  1. SI2016優秀講演賞 2016
  2. 計測自動制御学会論文賞 2014
  3. 日本人間工学会中国四国支部優秀論文賞 2012
  4. 第21回インテリジェント・システム・シンポジウムプレゼンテーション賞 2011

担当授業科目

  1. アルゴリズムとデータ構造II

所属学協会

  1. 計測自動制御学会 2014-現在
  2. 日本発育発達学会 2013-現在
  3. 日本ロボット学会 2012-現在
  4. 米国電気電子学会(IEEE) 2011-現在