茨城大学
工学部
都市システム工学科

顔写真
准教授

熊澤 貴之

クマザワ タカユキ
KUMAZAWA Takayuki

経歴

  1. 岡山県立大学デザイン学部デザイン工学科・准教授 2013/04/01-2014/03/31
  2. 岡山県立大学デザイン学部デザイン工学科・講師 2005/10/01-2013/03/31
  3. 岡山県立大学デザイン学部工芸工業デザイン学科・助手 2003/04/01-2005/09/30

学歴

  1. 東京工業大学 総合理工学研究科 人間環境システム専攻 博士 2003/06/30 修了
  2. 東京工業大学 総合理工学研究科 人間環境システム専攻 修士 1998/03/31 修了
  3. 東京理科大学 理工学部 建築学科 1996/03/31 卒業

学位

  1. 修士(工学) 東京工業大学 1998/03/31
  2. 博士(工学) 東京工業大学 2003/06/30

免許・資格

  1. 一級建築士 1999/02/01

研究分野

  1. 都市計画・建築計画

研究キーワード

  1. 1)景観構造の分析と景観評価手法の開発 2)景観・都市設計制度の分析と開発 3)都市・建築空間における人間の評価・行動 4)まちづくりにおける住民参画と合意形成

競争的資金等の研究課題

  1. 公共ホール創生策の隘路と展開策 科研費 基盤研究(C)一般 基盤研究(C) 2015/04/01-2018/03/31 本研究の目的は,作り方と運営方法に関する公共ホール創生策の隘路を解明し,その展開策を提案し,社会実験により有効性を検証することである.運営改善の必要性は,2012 年劇場法の制定で強く求められてきたにも拘わらず,体系的な計画化・実施からはほど遠いのが現状である.このギャップの原因は,建設後における市民参画の運営だけでなく,建設前後における市民と自治体の一体的な関わり方の欠如にあるのではないかというのが,本研究の問題意識である.そのため,市民参画による公共ホールの運営が実施されている事例を対象に,作り方と運営方法を広く把握し,方策,運営,市民の理解など多面的な視点で創生策の隘路を特定する.その分析結果に基づいて,望ましい展開策を提案し,実際の公共ホール建設過程における社会実験で実証する.
  2. 地域再生に参画する環境色彩デザイン-住民主体の合意形成手法を用いて- 科研費 基盤研究(C)一般 科研費 2011/04/01-2014/03/31
  3. 合意形成構造に基づく住民参加の景観デザイン審査会の有効性 科研費 若手研究(B) 科研費 2011/04/01-2014/03/31
  4. 合意形成に基づく景観規制の強化と加速化に向けた景観マネジメントシステムの有効性 科研費 若手研究(B) 科研費 2009/04/01-2011/03/31

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 A study of Cultural Landscape Preserved Environment and Behavior in Food Production Processes Takayuki Kumazawa Proceedings of 12th Symposium of International Urban Planning and Environment Association ( IUPEA) International Urban Planning and Environment Association ( IUPEA) 21 2016
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 食と景観のテロワールを考慮した地域づくり手法の構築 -干しいも産地である茨城県ひたちなか市を対象として- 熊澤貴之,木村 明日香,一ノ瀬 彩 日本建築学会計画系論文集 日本建築学会 81/ 730, 2673-2682 2016/12/01
  3. 研究論文(学術雑誌) Human Behaviour in Open Space around Spring Water in a Central Area of Mito- City in Japan Takayuki Kumazawa Journal of the Malaysian Institute of Planners MALAYSUAN INSTITUTE OF PLANNERS 5, 243-247 2016/06/01 1675-6215
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 Looking for New Futures for the Springs in Japanese City of Mito Takayuki Kumazawa Modern Environmental Science and Engineering Academic Star 2/ 4, 231-237 2016/04/01 2333-2581
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 Looking for new futures for the springs in the Japanese city of Mito T.Kumazawa Proceedings of 49th International Conference of the Architectural Science Association 889-896 2015/12

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 住民参画の地域劇場ホールづくりが 住民の態度構造に与える影響 日本建築学会大会学術講演梗概集E421-422 2016/08/26
  2. 口頭発表(一般) 住民参画の地域劇場ホールづくりが 住民の態度構造に与える影響 日本建築学会大会学術講演梗概集E421-422 2016/08/26
  3. 口頭発表(一般) 住民参画の地域劇場ホールづくりに見られる住民評価の因子分析 日本デザイン学会研究発表大会概要集 63(0), 13 2016/07/02
  4. 口頭発表(一般) 干しいも産地における景観環境要素の抽出,- 茨城県ひたちなか市を対象として – 日本建築学会大会学術講演梗概集E47-48 2015/09/04
  5. 口頭発表(一般) 視界の変化のある軒庇空間からの景観体験が心理的移行に与える影響 日本建築学会大会学術講演梗概集E507-508 2015/09/04

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 共同 「市民会館から始まる芸術文化創造」展の開催 2014/09/30-2014/10/05
  2. その他 共同 市民会館を考える連続ワークショップの開催及び実施 2014/08/05-2014/10/05

担当授業科目

  1. 建築計画学
  2. 都市システム製図Ⅱ
  3. 建築都市計画論
  4. 建築都市デザインスタジオ2
  5. ワークショップ

教育実績

  1. 2016年 修了研究主指導 高田大稀 2016/04/01-現在
  2. 2016年 卒業研究主指導 阿武知佳子・川勝美佳・関川弘樹・武井信哉・西田杏花 2016/04/01-現在
  3. 2015年卒業研究主指導 井出英輝・菅野友弥・佐藤慎悟・舟橋遼 2015/04/01-現在
  4. 2014年 修了研究主指導 木村明日香・高橋愛・森本佐理 2014/04/01-現在
  5. 2014年卒業研究主指導 奥田潤・高田大稀・川上祐太朗・村上侑平 2014/04/01-現在

所属学協会

  1. 日本建築学会 1994/04/01-現在
  2. 日本都市計画学会 2001/04/01-現在
  3. 人間環境学会 2007/04/01-現在
  4. 日本デザイン学会 2008/04/01-現在

委員歴

  1. 日本都市計画学会 日本都市計画学会学術委員会委員 2012/04/01-2015/03/31

学外教育

  1. 出前授業 建築デザイン入門 2016
  2. 出前授業 建築とまちづくり 2016
  3. 出前授業 建築デザイン入門 2016
  4. その他 いばらき子ども大学県央キャンパス 2015
  5. その他 いばらき子ども大学県北キャンパス 2015