茨城大学
工学部
知能システム工学科

教授

長山 和亮

ナガヤマ カズアキ
NAGAYAMA Kazuaki

経歴

  1. 株式会社クボタ 1998/04/01-2002/10/31
  2. 名古屋工業大学大学院工学研究科 機能工学専攻・助手 2002/11/01-2007/03/31
  3. 名古屋工業大学大学院工学研究科 機能工学専攻・助教 2007/04/01-2010/03/31
  4. 名古屋工業大学大学院工学研究科 産業戦略工学専攻・准教授 2010/04/01-2013/03/31
  5. 名古屋工業大学大学院工学研究科 共同ナノメディシン科学専攻・准教授(兼任) 2013/04/01-2014/03/31
  6. 茨城大学大学院理工学研究科 知能システム工学専攻・教授 2014/04/01-現在

学歴

  1. 東北大学 工学部 機械知能工学科 1996/03/31 卒業
  2. 東北大学大学院 工学研究科 機械電子工学専攻 1998/03/31 修了

学位

  1. 博士(工学) 名古屋工業大学(論文博士230号) 2006/03/15

研究分野

  1. 医用生体工学・生体材料学
  2. 生物物理学
  3. ナノ材料・ナノバイオサイエンス

研究キーワード

  1. メカノバイオロジー、細胞バイオメカニクス
  2. 生体医工学、バイオエンジニアリング、生体材料
  3. 細胞骨格、細胞核、DNA

研究テーマ

  1. 細胞内の力学刺激伝達メカニズムに関する研究 2014/04/01-現在
  2. 細胞外力学場の操作による 効率的細胞組織構築に関する研究 2014/04/01-現在
  3. 細胞核への力学刺激負荷による遺伝子発現制御に関する研究 2015/04/01-現在
  4. 微細加工基質を利用した細胞の機能制御 2015/04/01-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 力学環境操作による細胞分化・組織形成の制御に関する研究 受託研究
  2. 家畜体外受精に対する力学刺激の応用に関する研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究
  3. 血管疾患発生メカニズムの解明 大学等の研究機関との共同研究を希望

競争的資金等の研究課題

  1. 核の力学場に立脚した細胞の放射線耐性調整機構の解明 科研費 基盤研究(B) 2017/04/01-2020/03/31
  2. 細胞の”構造と力の記憶”メカニズムを探る 科研費 挑戦的萌芽研究 2016/04/01-2018/03/31
  3. 血管疾患発生機構の解明に向けた組織・細胞・核のメカノトランスダクションの統合解析技術の開発 科研費以外 国立研究開発法人日本医療研究開発機構「革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST:ユニットタイプ)」 2015/12/01-2020/03/31 本プロジェクトでは、生体内に作用する「力」に注目しながら、高血圧・動脈硬化など血管の疾患発生のメカニズムを明らかにし、力学的側面から血管疾患を予防・改善する技術開発を目指す。特に、血管の伸び縮みを制御している血管平滑筋細胞を対象として、生体組織に加わる物理的な「力」が、組織内の細胞の表面から内部の細胞核に伝わり、疾患に関わる様々な遺伝子に変化を生じさせるメカニズムを、マイクロ・ナノ操作技術や計算力学と言った工学技術を駆使して明らかにしていく。
  4. 細胞機能操作・診断ツールとしてのMEMS アクチュエータデバイスの技術展開 科研費以外 茨城大学イノベーション研究推進プログラム萌芽的研究 2014/12/01-2015/03/31
  5. 生体組織の力学的な秩序形成に基づいた疾患進行・創傷治癒メカニズムの解明 科研費以外 茨城大学イノベーション研究推進プログラム異分野連携・融合研究 2014/12/01-2015/03/31

著書

  1. Vascular Engineering, New Prospects of Vascular Medicine and Biology with a Multidiscipline Approach. Takeo Matsumoto, Shukei Sugita, Kazuaki Nagayama. Tensile Properties of Smooth Muscle Cells, Elastin, and Collagen Fibers. Springer. 2016/01/20 978-4-4315-4800-3
  2. On the roles of actin stress fibers on the mechanical environment of nucleus in vascular smooth muscle cells, Recent Advances in Mechanobiology. Kazuaki NAGAYAMA, Yuki YAHIRO, and Takeo MATSUMOTO. Shanghai Scientific and Technological Literature Publishing House (Editor-in-Chief: Shu Chien, Shi Yongde, and Masahiro Sokabe). 2012/05/01
  3. Effects of cytoskeletal structures on elastic and viscoelastic properities of cells in soft tissues, Biomechanics at Micro- and Nanoscale Levels, Volume IV. Takeo MATSUMOTO, Kazuaki NAGAYAMA,Hiroshi MIYAZAKI,and Yoshihiro UJIHARA. World Scientific, Singapore. 2007/04/20
  4. Measurement of Mechanical Properties of Cells Considering Their Intracellular Microstructures, Biomechanics at Micro- and Nanoscale Levels, Volume II. Takeo MATSUMOTO and Kazuaki NAGAYAMA. World Scientific, Singapore. 2006/10/15
  5. Microscopic Analysis of Residual Stress and Strain in the Aortic Media Considering Anisotropy of Smooth Muscle Layer, Holzapfel GA, Ogden RW, eds, Mechanics of Biological Tissue. Takeo MATSUMOTO, Takao FURUKAWA, and Kazuaki NAGAYAMA. Springer-Verlag. 2006/09/20

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effects of cyclic compression on the mechanical properties and calcification process of immature chick bone tissue in culture Maeda E, Nakagaki M, Ichikawa K, Nagayama K, Matsumoto T Bone Reports Elsevier 6, 120-128 2017/06/01 10.1016/j.bonr.2017.04.002
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 マイクロピラー基板を用いた核の力学的拘束が細胞の紫外線耐性に与える影響 佐川 千秋,長山 和亮. 日本機械学会論文集. 日本機械学会. 83/ 846, 1-11 2017/02 10.1299/transjsme.16-00425
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 繰返引張ひずみによる核の形態変化と細胞紫外線耐性向上の可能性. 長山和亮,福栄 智大. 生体医工学. 日本生体医工学会. 54/ 4, 184-191 2016/12 10.11239/jsmbe.54.184
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Differences in the Mechanical Properties of the Developing Cerebral Cortical Proliferative Zone between Mice and Ferrets at both the Tissue and Single-Cell Levels. Arata Nagasaka, Tomoyasu Shinoda, Takumi Kawaue, Makoto Suzuki, Kazuaki Nagayama, Takeo Matsumoto, Naoto Ueno, Ayano Kawaguchi and Takaki Miyata. Front. Cell Dev. Biol., 4/ Article139, 1-13 2016/11/25 10.3389/fcell.2016.00139
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Multiphasic Stress Relaxation Response of Freshly Isolated and Cultured Vascular Smooth Muscle Cells Measured by Quasi-In Situ Tensile Test. Nagayama K, Saito S, Matsumoto T. Bio-Medical Materials and Engineering. 25/ 3, 299-312 2015/06/19 10.3233/BME-151276

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) Investigation of the nuclear-cytoskeletal interactions in vascular smooth muscle cells cultured on a micro-grooved collagen substrate 5th Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2017 (SJB2017) 2017/09/14
  2. 口頭発表(一般) コラーゲン微細溝基質を用いた血管平滑筋細胞の配列化培養と核に加わる力の実験的考察 日本機械学会2017年度年次大会 2017/09/04
  3. 口頭発表(一般) 細胞用マイクロ引張試験機と原子間力顕微鏡を用いた細胞力学特性の統合解析 日本機械学会第25回茨城講演会 2017/08/29
  4. 口頭発表(一般) コラーゲン微細溝基質を用いた血管平滑筋細胞の配列化培養と力学特性解析 日本機械学会第25回茨城講演会 2017/08/29
  5. 口頭発表(一般) 繰返引張刺激による細胞の構造変化と細胞紫外線耐性への影響 日本機械学会第25回茨城講演会 2017/08/29

受賞

  1. 2016 Journal of Biomechanical Science and Engineering "Papers of the Year Award" Dynamics of actin filaments of MC3T3-E1 cells during adhesion process to substrate,Journal of Biomechanical Science and Engineering 11-2, 15-00637, 2016 2017/09/04
  2. 2016 Journal of Biomechanical Science and Engineering "Graphics of the Year Award" Dynamics of actin filaments of MC3T3-E1 cells during adhesion process to substrate,Journal of Biomechanical Science and Engineering 11-2, 15-00637, 2016 2017/09/04
  3. 2012 Journal of Biomechanical Science and Engineering "Graphics of the Year Award" Dynamic Changes of Traction Force at Focal Adhesions during Macroscopic Cell Stretching Using an Elastic Micropillar Substrate: Tensional Homeostasis of Aortic Smooth Muscle Cells,Journal of Biomechanical Science and Engineering 7, pp. 130-140, 2012 2013/03/20
  4. 2012 Journal of Biomechanical Science and Engineering "Papers of the Year Award" Dynamic Changes of Traction Force at Focal Adhesions during Macroscopic Cell Stretching Using an Elastic Micropillar Substrate: Tensional Homeostasis of Aortic Smooth Muscle Cells,Journal of Biomechanical Science and Engineering 7, pp. 130-140, 2012 2013/03/20
  5. 2009年度 日本機械学会賞(論文) Tensile Properties of Cultured Aortic Smooth Muscle Cells Obtained in a quasi-in situ Tensile Test with Thermoresponsive Gelatin, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.1, No. 1, pp. 256-267, (2006) 2010/04/23

所属学協会

  1. 日本機械学会 2002-現在
  2. 日本生体医工学会 2003-現在
  3. 日本生物物理学会 2009-現在
  4. American Physiological Society 2008-現在
  5. Biomedical Engineering Society 2011-現在

委員歴

  1. 日本機械学会 日本機械学会論文集/Transactions of the JSME Mechanical Engineering Journal「生体工学,医工学,スポーツ工学,人間工学 (Bio, Medical, Sports and Human Engineering)」分野アソシエイトエディタ 2014/04/01-現在
  2. 日本機械学会 日本機械学会英文誌 Journal of Biomechanical Science and Engineering編集委員 2014/04/01-現在
  3. 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門・運営委員・総務幹事 2014/04/01-2016/03/31
  4. ライフサポート学会 評議員 2016/04/01-現在
  5. 日本機械学会 第4回日本スイスバイオメカニクスワークショップ実行委員 2014/04/01-2014/09/05