茨城大学
農学部
地域総合農学科

准教授

西川 邦夫

ニシカワ クニオ
NISHIKAWA Kunio

その他の所属・職名

  1. 地球変動適応科学研究機関(ICAS)

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC2) 東京大学大学院農学生命科学研究科 2009/04/01-2010/07/31
  2. 日本学術振興会特別研究員(PD) 東京大学大学院農学生命科学研究科 2010/08/01-2011/03/31
  3. 日本学術振興会特別研究員(PD) 東京大学社会科学研究所 2011/04/01-2014/03/31
  4. 茨城大学 農学部地域総合農学科(旧地域環境科学科) 准教授 2014/04/01-現在
  5. 東京農工大学 大学院連合農学研究科 准教授 2014/10/01-現在
  6. イギリス・オックスフォード大学 日産日本研究所 訪問研究員 2012/10/01-2013/03/31
  7. カリフォルニア大学リバーサイド校 公共政策大学院 訪問研究員 2017/04/01-2018/03/31

学歴

  1. 東京大学 農学部 2005/03/31 卒業 日本
  2. 東京大学 農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻 修士 2007/03/31 修了 日本
  3. 東京大学 農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻 博士後期 2010/07/02 修了

学位

  1. 学士(農学) 東京大学 2005/03/31
  2. 修士(農学) 東京大学 2007/03/31
  3. 博士(農学) 東京大学 2010/07/02

研究分野

  1. 農業経済学
  2. 農政学

研究キーワード

  1. 農業政策、農業構造、農業経営、比較農業政策分析

共同・受託研究希望テーマ

  1. 個別経営・集落営農組織の地域性 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究,共同研究
  2. 現場における直接支払の機能 大学等の研究機関との共同研究を希望
  3. 農業政策の国際比較研究 大学等の研究機関との共同研究を希望

競争的資金等の研究課題

  1. 直接支払政策再編下の水田農業の構造変動に関する研究―日米稲作比較の視点から― 科研費 基盤研究(C)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31
  2. TPP体制下での日本稲作の将来―カリフォルニアからのアプローチ― 科研費以外 国際交流基金、アメリカ社会科学研究評議会 2016年安倍フェローシップ 2017/04/01-2018/03/31
  3. 農業構造変動に関する総合的研究―センサス分析と実態調査分析の接合― 科研費 基盤研究(B)一般 日本学術振興会 科学研究費補助金 2015/04/01-2019/03/31
  4. 水田農業における中規模複合経営のゆくえ―山形県鶴岡市からの接近― 科研費以外 農政調査委員会 「農」または「日本の農業」シリーズ調査研究事業 2014/10/01-2015/03/31
  5. 水田農業の担い手の経営展開と直接支払―地域別・組織形態別接近― 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2014/04/01-2018/03/31

著書

  1. 縮小再編過程の日本農業―2015年農業センサスと実態分析― 安藤光義、橋詰登、渡部岳陽、中村勝則、西川邦夫、平林光幸、小柴有理江、吉田俊幸、伊庭治彦、品川優(執筆順) 茨城県における農業構造変動の現段階―個別経営が主導する構造変動への回帰― 農政調査委員会 2018/03/15 0546-1057
  2. 庄内農業の構造変動の特質―現代的条件と歴史的条件から― 西川邦夫 農政調査委員会 2016/03 0546-1057
  3. 自由貿易下における農業・農村の再生―小さき人々による挑戦― 宮田剛志、鈴木宣弘、東山寛、高木賢、中嶋晋作、柳村俊介、安藤光義、西川邦夫、村上智明、菊島良介、澤田守、清水さゆり、里見泰啓、大河原眞美、河藤佳彦、天羽正継(執筆順) 集落営農組織の経営多角化と直接支払―広島県世羅町(農)さわやか田打を事例として― 日本経済評論社 2016/03/23 978-4-8188-2420-1
  4. 新しいCAPにおける環境公共財―グリーニング案の影響と考えられ得る代替策― 西川邦夫(原著:アラン・マシューズ) 農政調査委員会 2015/09
  5. 戦間期日本の家計消費―世帯の対応とその限界― 加瀬和俊、小濱武、植田展大、齋藤邦明、吉田和彦、大澤篤、大島朋剛、西川邦夫、棚井仁、田中良一、高柳友彦、小島庸平(執筆順) 煙草消費の変容と煙草専売の運営―消費の階層性に注目して― 東京大学社会科学研究所 2015/03/17

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 茨城県における農地中間管理事業の展開とその要因―農協系統組織との関係と農地流動化の連続性に注目して― 吉田健人、西川邦夫 農業経済研究 日本農業経済学会 89/ 4, 329-334 2018/03 0387-3234
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 集落営農組織における労務管理と派遣労働者の導入―島根県O営農組合の事例より― 西川邦夫 農業経営研究 日本農業経営学会 55/ 3, 35-40 2017/10 0388-8541
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 アメリカ2014年農業法に対する農業利益団体の態度と背景 西川邦夫、大仲克俊 農業問題研究 農業問題研究学会 49/ 1, 24-33 2017/07 0915-597X
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 茨城県における米の単協直販の要因分析―JA茨城みなみとJA北つくばの比較より― 吉田健人、西川邦夫 農業経済研究 日本農業経済学会 88/ 4, 383-389 2017/03 0387-3234
  5. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 茨城県農業の構造変動と農地中間管理事業 西川邦夫、吉田健人 農村と都市をむすぶ 全農林労働組合 67/ 1, 30-37 2017/01 0913-6134

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 民主党州政下のカリフォルニア稲作―農業者の憂鬱と共和党支持の基礎― 2018年度農業問題研究学会春季大会 2018/03
  2. 口頭発表(招待・特別) 庄内水田農業の現段階―構造変動の歴史的パターンは変わるのか?― 第53回東北農業経済学会山形大会 2017/08
  3. 口頭発表(一般) 茨城県における農地中間管理事業の展開とその要因―農協系統組織との関係に注目して― 2017年度日本農業経済学会 2017/03
  4. 口頭発表(一般) 2014年アメリカ農業法に対する農業利益団体の態度と背景―日本農業への影響を念頭に― 2016年度農業問題研究学会秋季大会 2016/11
  5. 口頭発表(一般) 集落営農組織における派遣労働者導入の効果―島根県O営農組合の事例より― 平成28年度日本農業経営学会研究大会 2016/09

受賞

  1. 2017年度日本農業経営学会奨励賞 「政策転換」と水田農業の担い手―茨城県筑西市田谷川地区からの接近― 2017/09
  2. 2016年安倍フェローシップ TPP体制下での日本稲作の将来―カリフォルニアからのアプローチー 2017/04
  3. New Voices from Japam 2015 2015/10
  4. 2010年度農業問題研究学会奨励賞 品目横断的経営安定対策と集落営農―「政策対応的」集落営農の実態と課題― 2011/03

担当授業科目

  1. 農業経営学
  2. 農政学特論
  3. 国際農業論
  4. 農環境政策学
  5. 農学入門Ⅰ

所属学協会

  1. 東北農業経済学会 2016/06-現在
  2. 日本地域政策学会 2014/10-現在
  3. 地域農林経済学会 2013/10-2015/12
  4. 食料・農業・農村経済学会(旧東京農業大学農業経済学会) 2008/10-現在
  5. 日本農業経営学会 2008/05-現在

委員歴

  1. 茨城県農業会議 常設審議委員 2018/06-現在
  2. 日本農業経済学会 常任理事 2018/05-現在
  3. 食料・農業・農村経済学会 理事 2017/04-現在
  4. 日本地域政策学会 関東支部副支部長 2016/03-現在
  5. 日本農業経営学会 常任編集委員 2015/10-2017/09