茨城大学
全学教育機構
共通教育部門

講師

大森 真

オオモリ マコト
OMORI Makoto

経歴

  1. ハワイ大学マノア校 English Language Institute 非常勤講師 リスニング・スピーキングセクション(中級・上級)担当(学部生・大学院生対象) 2006/01-2006/12
  2. ハワイ大学マノア校 English Language Institute リスニング・スピーキングセクション主任講師(Lead Teacher)(非常勤) 2007/01-2007/05
  3. ハワイ大学マノア校 第二言語研究学科 非常勤講師 [担当講座] 第二言語習得論 第二言語教授法 第二言語教授法ー読解と作文 第二言語教授法ー聴解と会話 2007/08-2012/05
  4. 非営利団体 アジア太平洋交流センター(Center for Asia Pacific Exchange; ハワイ大学と提携し、ハワイ州政府に帰属する教育系非営利団体) 講師兼カリキュラム専門家 2011/06-2012/08
  5. 国立大学法人 茨城大学 大学教育センター 英語専任講師(常勤) 2014/04/01-2017/03/31
  6. 国立大学法人 茨城大学 全学教育機構 英語専任講師(常勤) 2017/04/01-現在

学歴

  1. ハワイ大学 マノア校 第二言語研究学科 第二言語研究 修士 2006/12 修了 アメリカ合衆国
  2. ハワイ大学 マノア校 第二言語研究学科 第二言語研究 博士 その他 アメリカ合衆国

学位

  1. 第二言語研究 修士 ハワイ大学 マノア校 2006/12

免許・資格

  1. 中学・高校英語 教諭一種免許 2002
  2. 国際基督教大学日本語教員養成プログラム修了証 2002
  3. 日本語教育能力検定試験 2003

教育・研究活動状況

[教育]
Integrated English IIIコーディネーターとして、カリキュラム作成と運営を行った。また、Advanced English IIIプランニング・ディレクターとして、カリキュラム作成を行った。つまり二人分のコーディネーター業務を担った。

FD委員として、FDの企画運営を行った。
English Lounge(英語学習相談)担当として、学修支援を行った。

[教育研究プロジェクト]
共通シラバス英語科目における質保証と学習支援への取り組み:パフォーマンス評価におけるルーブリック開発

自身がカリキュラム作成・運営し、かつ教えているIntegrated English III、並びにIntegrated English IIにおいて、プレゼンテーションとエッセイの詳細なルーブリックの開発と学生への公表による学修への意識の変化を調査する。プロジェクトリーダーとして、全学教育機構上田教員、矢嶋教員と共同研究を進めている。

[研究プロジェクト]
英会話交流授業の会話分析

「生徒達の英語に上積みするのを助ける」ことを目的とした英会話交流プログラムを会話分析の手法を用いて分析する。

研究分野

  1. 英語教育

研究キーワード

  1. (応用)会話分析、 成員性カテゴリー化分析、異文化間性の構築、英語教授法、ルーブリック

研究テーマ

  1. 「生徒達の英語に上積みするのを助ける」:英会話交流授業の会話分析 「生徒達の英語に上積みするのを助ける」ことを目的とした英会話交流プログラムを会話分析の手法をを用いて分析し、 1)会話パートナー達は、どのようにして「生徒達の英語に上積みするのを助け」ているのか。 2)会話パートナー達は、各々違う手法で「生徒達の英語に上積みするのを助け」、生徒達に多様な会話体験や教育的体験を提供しているか。 の2点を明らかにする。 2014-現在

著書

  1. "Language and Culture" in "Sociolinguistics and Language Education" ホーンバーガー&マッケイ Multilingual Matters 2010 異文化間コミュニケーションの様々な研究手法を概説

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 TOEICテストスコアとアンケート分析による茨城大学総合英語プログラム改善のための因子分析 小林邦彦・小西康文・福田浩子・佐々木友美・上田敦子・大森真・館深雪・野村幸代・藤井拓哉 『茨城大学大学教育センター紀要』第6号 2016/05
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 TOEICテスト全学導入に向けた総合英語各レベルにおける実態調査と活用の方向性」 深澤真・小林邦彦・福田浩子・大森真・上田敦子・野村幸代・藤井拓哉 『茨城大学大学教育センター紀要』第5号, 15-24頁 2015/05
  3. (MISC)その他記事 単著 Constructing interculturality in a NS-NNS English Conversational Exchange Program 2006/12

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Vocabulary learning in an English conversational program: A discursive psychological perspective Pragmatics & Language Learning 2010
  2. 口頭発表(一般) ‘Our family’ or ‘some people’?: Constitution of interculturality and inter-sub-culturality in an English conversational exchange program International Pragmatics Association 2009
  3. 口頭発表(一般) Taxonomic constitution of interculturality and inter-sub-culturality in an English conversational exchange program International Congress of Linguistics 2008
  4. 口頭発表(一般) Meaning as members’ conceptions: Discursive construction of the conceptions of ‘meaning’ in the social process of teaching/learning linguistic resources American Association of Applied Linguistics 2007
  5. 口頭発表(一般) Constructing interculturality in an NS-NNS English conversational exchange program Pragmatics & Language Learning 2007

担当授業科目

  1. Integrated English III-A
  2. Advanced English III-A
  3. Integrated English III-B
  4. Advanced English III-B

教育実績

  1. IE III プレゼンテーションとエッセイのガイドライン並びにルーブリックの作成 2017/04-現在 IE III プレゼンテーションとエッセイのガイドライン並びにルーブリックの作成(合計24ページ)。それを使った共同研究プロジェクトを推進中(共通シラバス英語科目における質保証と学習支援への取り組み:パフォーマンス評価におけるルーブリック開発 )。

教科書・教材

  1. IE III プレゼンテーションとエッセイのガイドライン並びにルーブリック。同コースパケット 2018 IE III-A, III-B プレゼンテーションとエッセイのガイドライン並びにルーブリックの作成(合計24ページ)。IE III-A, III-Bコースパケット全体の作成。
  2. AE III-A, III-B コースパケット概要 2017 Advanced English III プランニング ディレクターとして、AE III-A, III-Bコースパケット概要を作成。