茨城大学
人文社会科学部
現代社会学科

准教授

横溝 環

ヨコミゾ タマキ
YOKOMIZO Tamaki

その他の所属・職名

  1. 全学教育機構 共通教育部門 兼務教員

経歴

  1. 日本鋼管(株) 1986/04-1991/03
  2. 東京ランゲージスクール上野校 1991/04-1993/03
  3. 中国河南省鄭州外国語学校 1995/08-1997/07
  4. 埼玉県日本中国友好協会 1997/08-1998/03
  5. 東京ランゲージスクール池袋校 1998/04-2001/03
  6. 神田外語大学留学生別科(非常勤) 2002/04-2009/03
  7. 青山学院女子短期大学(非常勤) 2009/04-2014/03
  8. 東洋英和女学院大学(非常勤) 2009/04-2014/03
  9. フェリス女学院大学(非常勤) 2009/04-2014/03
  10. 早稲田大学日本語教育センター(非常勤) 2010/04-2014/03
  11. 川口短期大学(非常勤) 2011/04-2013/03
  12. 大東文化大学(非常勤) 2011/04-2014/03
  13. 青山学院大学大学院(非常勤) 2013/04-2013/09
  14. 目白大学留学生別科(非常勤) 2013/09-2014/03

学歴

  1. 青山学院女子短期大学 1986/03 卒業
  2. 東京女子大学 現代文化学部 コミュニケーション学科 1995/03 卒業
  3. 青山学院大学 国際政治経済学研究科 国際コミュニケーション専攻 修士 2000/03 修了
  4. 青山学院大学 国際政治経済学研究科 国際コミュニケーション専攻 博士後期 2009/03 修了

学位

  1. 修士(国際コミュニケーション) 青山学院大学 2000/03
  2. 博士(国際コミュニケーション) 青山学院大学 2009/03

免許・資格

  1. 日本語教育能力検定 1991/03
  2. 専門社会調査士 2009/10
  3. 2級キャリア・コンサルティング技能士 2012/09

教育・研究活動状況

(教育)学生自身が実践活動(外国とつながる児童・生徒の学習支援および地域日本語教室ボランティア等)を通して、多文化共生の現場を真正に(オーセンティックに)学び、自らの課題を見出し、その課題にあったアプローチを用いて自らの力で解明できるようになることを目指す。
(研究)多文化共生ネットワークの構築に関する研究を行っている。上述した実践活動とともに、多文化教育における対等性についても関心がある。

研究分野

  1. 異文化コミュニケーション
  2. 社会心理学
  3. 日本語教育

研究キーワード

  1. 異文化コミュニケーション、多文化共生教育、外国とつながる児童・生徒、地域日本語教室、サービスラーニング、PBL、特権、格差

研究テーマ

  1. 外国とつながる児童・生徒を取り巻く環境におけるネットワーク構築 茨城県内における外国とつながる児童・生徒を取り巻く環境は(人的環境も含む)多種多様である。そのため各市町村および学校が抱える課題も様々である。まずは、それらの問題を把握した上で、共通課題および個別課題の解決にむけた方策を、現場の方々とともに考えていきたい。さらに、多文化共生ネットワーク構築において、学生ボランティアが果たす役割および彼(女)ら自身の学びについても探究していきたい。 2015/01-現在
  2. 多文化共生のための授業デザイン 2016/04/01-現在

著書

  1. フェイス相互作用理論:日本語学習クラスにおける相互作用からフェイスワークをとらえる 横溝環 春風社 2012/01/11
  2. 異文化コミュニケーション事典 石井敏・久米昭元(編) 春風社 2013/01
  3. 共生社会の異文化コミュニケーション ベイツホッファ・本名信行・竹下裕子(編) 三修社 2009/03

論文

  1. 地域住民の関係構築の契機となる多文化協働学習授業ーPBLにPLAを取り入れた授業デザインおよびその実践報告ー 横溝環 人文コミュニケーション学科論集 22, 163-178 2017/03
  2. (MISC)その他記事 共著 地区研究報告(関東地区研究報告) 横溝環 多文化関係学会第29号ニュースレター 29, 10-10 2016/06
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 大洗町の多文化共生に向けた活動における成果と課題―拡張的学習を枠組みとしてー 横溝環 人文コミュニケーション学科論集 茨城大学人文学部紀要 20, 173-196 2016/03
  4. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 単著 大学生の授業参加行動とフェイスニーズの関わり:発言することに対する抵抗感および被認識欲求・認識努力要求から見えてきたもの 横溝環 川口短大紀要 26, 17-32 2012/12
  5. 学位論文(博士) 単著 フェイス相互作用理論:留学生間の相互作用から捉えたフェイスワーク 横溝環 青山学院大学大学院 2009/03

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 国際行動学とその研究方法―量・質・そして応用分析法の視点からー 2016年度国際行動学会大会 2016/11/05
  2. 口頭発表(一般) 集団成員間の相互作用から捉えたフェイスワーク:フェイスワークと境界形成との関わり 日本社会心理学会代50回 日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会 2009/10
  3. 口頭発表(一般) フェイスワークと境界形成の関わり:異文化接触において自らの社会的属性をあえて顕著にした留学生の場合 第24回異文化コミュニケーション学会 2009/09
  4. 口頭発表(一般) 日本語学習者のフェイスと教室環境の関わり 第21回異文化コミュニケーション学会 2006/09
  5. 口頭発表(一般) 日本語学習者のフェイスワークに関する一事例研究:集団成員間の関係性とフェイスバランスとの関わりから 第4回多文化関係学会 2005/10

所属学協会

  1. 異文化間教育学会 2000/04-現在
  2. 日本社会心理学会 2000/04-現在
  3. 多文化関係学会 2003/04-現在
  4. 異文化コミュニケーション学会 2005/04-現在
  5. 日本質的心理学会 2010/04-現在

委員歴

  1. 多文化関係学会 学会誌査読委員 2015-現在
  2. 異文化コミュニケーション学会 会計委員長 2014/04-2015/03
  3. 多文化関係学会 学会誌『多文化関係学』編集委員 2013/04-2015/03
  4. 多文化関係学会 関東甲信越地区研究会運営委員 2009/04-2013/03