茨城大学
人文社会科学部
法律経済学科

准教授

乙部 延剛

オトベ ノブタカ
OTOBE Nobutaka

経歴

  1. 日本学術振興会 特別研究員 2010/04/01-2013/03/31
  2. 立命館大学政策科学部 助教 2013/09/26-2014/03/31
  3. 茨城大学 人文学部 講師 2014/04/01-2016/03/31
  4. 茨城大学 人文学部 准教授 2016/04/01-2017/03/31

学歴

  1. 京都大学 法学研究科 政治学 修士 2001/03/31 修了
  2. 京都大学 法学研究科 政治学 博士後期 2008/03/31 単位取得満期退学
  3. ジョンズ・ホプキンス大学 政治学部 政治学 博士 2010/03 その他 アメリカ合衆国

学位

  1. 博士(政治学) ジョンズ・ホプキンス大学 2013/08/30

研究分野

  1. 政治学

研究キーワード

  1. 公共哲学、政治理論、政治思想史

競争的資金等の研究課題

  1. 「政治的なもの」の理論の再構築:批判的営為の位置づけ 科研費 基盤研究(C) 2017/04-2020/03
  2. アメリカ思想における共和主義・立憲主義・リベラリズム:民主政を制御する諸構想 科研費 基盤研究(B) 2017/04/01-2020/03/31
  3. 政治的リアリズムの再構成:政治理論のディシプリン確立に向けて 科研費 若手研究(B) 科学研究費助成事業 2014/04-2016/03

著書

  1. 連続講義 政治思想と文学(刊行予定) 森川輝一、堀田新五郎編 ナカニシヤ出版 2017 「第6講 政治思想にとって小説とはなにか?:フローベールとデモクラシー」を執筆
  2. nyx 第4号 山本芳久編、乙部延剛編 堀之内出版 2017/07 978-4-9067-0871-0 第二特集「分析系政治哲学とその対抗者たち」の主幹をつとめた他、「対抗する諸政治哲学:分析的政治哲学と大陸的政治哲学を中心に」を執筆
  3. ここから始める政治理論 田村哲樹、松元雅和、乙部延剛、山崎望 有斐閣 2017/04/14
  4. 原理から考える政治学 出原政雄、長谷川一年、竹島博之編 法律文化社 2016/02/15 978-4-589-03726-8 第1章「デモクラシー:代議制デモクラシーは十分に民主的か」を執筆
  5. ポスト代表制の政治学 山崎望・山本圭編 ナカニシヤ出版 2015/03/10 978-4-7795-0919-3 第9章「真の代表は可能か?」を執筆

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) ジェイムズ・タリー教授の公共哲学 乙部延剛 政治思想研究 17, 489-497 2017/05/01 ジェイムズ・タリー氏の講演会(2016年10月22日、於慶應義塾大学)に際して討論者として行った報告を元に加筆・修正を加えたもの。
  2. (MISC)書評,文献紹介等 単著 書評:杉田敦著『両義性のポリティーク』『権力論』『境界線の政治学 増補版』 乙部延剛 図書新聞 3269, 2-2 2016/09/03
  3. 研究論文(学術雑誌) ドゥルーズの「おろかさ」論:『差異と反復』の政治的射程 乙部延剛 政治思想研究 16, 117-134 2016/05
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 政治理論にとって現実とはなにか--政治的リアリズムをめぐって 乙部延剛 年報政治学 2015-II, 236-256 2015/12/20
  5. (MISC)総説・解説(商業誌) 単著 「愚かさ」をめぐる哲学と政治(研究手帖) 乙部延剛 現代思想 43/ 16, 246 2015/09

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Toward the Maturation of the Public? Critical Theory for the Global East and Global South: The University, Neoliberal Violence, and Practice 2017/03/06
  2. 口頭発表(一般) What is the “Maturation of Democracy”?: Democracy in Post-WWII Japan Annual Meeting of American Political Science Association 2016/09/02
  3. 口頭発表(一般) Political Theory of Difference and Repetition: Dramatization of the Political Western Political Science Association 2016/03/25
  4. 口頭発表(招待・特別) Democracy to Come, or Democracy of Becoming?: Multiple Temporalities of Democracy in Modern Japan Asia Theories International Symposium 2015 2015/10/02
  5. ポスター発表 Dramatisation as a Method of Realist Political Theory American Political Science Association Annual Meeting 2015/09/05

所属学協会

  1. 社会思想史学会 2013/05-現在
  2. ハイデガー・フォーラム 2010/09-現在
  3. 日本政治学会 2010/04-現在
  4. American Political Science Association 2005/09-現在
  5. 政治思想学会 2003/02-現在