茨城大学
農学部
食生命科学科

准教授

上塚 浩司

ウエツカ コウジ
UETSUKA Koji

経歴

  1. 国立大学法人 茨城大学 農学部 生物生産科学科 動物保健衛生 2014/01/01-現在
  2. 財団法人 日本生物科学研究所 主任研究員 2008/04/01-2013/12/31
  3. 財団法人 日本生物科学研究所 嘱託研究員 2007/12/01-2008/03/31
  4. 東京大学大学院農学生命科学研究科 助手 2000/10/01-2007/11/30
  5. 日本学術振興会 海外特別研究員 1998/10/01-2000/09/30
  6. 東京大学大学院農学生命科学研究科 助手 1996/07/01-1998/09/30
  7. 東京大学農学部 助手 1993/03/01-1996/06/30

学歴

  1. 東京大学 農学部 獣医学科 1992/03/31 卒業
  2. 東京大学大学院 農学系研究科 獣医学専攻 博士 中退

学位

  1. 獣医学博士 東京大学 1997/12/18

免許・資格

  1. 獣医師免許
  2. 日本獣医病理学専門家協会会員
  3. 第一種衛生管理者 2014/10/15

教育・研究活動状況

1)「動物保健衛生学」とは
 一言で「動物」と言っても、家畜動物、伴侶動物、実験動物、それから展示動物に野生動物・・・といった具合に、様々な分類がなされ、それぞれに飼育の目的、飼育環境や様式、オーナーとの関係性も異なってきます。将来の運命もそれぞれですし、適用される法律の規制にも違いがみられます。
 このように非常に様々な要因が関わっている動物の「保健衛生」には、各種動物に発生する病気とその予防衛生対策のみならず、人間との関係性や法律についての内容も含まれます。動物を取り扱う実際の現場で必要となる総合的な知識として、分類・整理して、理解を深めていきたいと思っております。

2)「動物の病気」に関する研究
 動物の病気については、農場への協力・貢献を目指して、農場で発生する家畜動物の病気について、調査・研究を行っていきます。現在、ニワトリを始めとする家畜・家禽で産業上の問題となるウエルシュ菌(クロストリジウム・パーフリンゲンス)による感染症予防のため、留鳥(カラス・ムクドリ・スズメ)の腸管内におけるウエルシュ菌の保有状況について、調べています。

研究分野

  1. 応用動物科学
  2. 基礎獣医学・基礎畜産学

研究キーワード

  1. クロストリジウム・パーフリンゲンス
  2. ウエルシュ菌
  3. 留鳥
  4. スズメ
  5. カラス
  6. ネズミ

研究テーマ

  1. 茨城県での留鳥の腸内容物からのウエルシュ菌の分離頻度、分離菌量、分離菌株の毒素型の調査 2015/04/01-現在

著書

  1. 動物病理カラーアトラス 第2版 日本獣医病理学専門家協会 編 文永堂出版 2018/01/20 978-4-8300-3268-4
  2. 動物病理学総論(第3版) 文永堂出版 2013/04/10 978-4-8300-3245-5
  3. 新獣医学辞典 チクサン出版社 2008/01/25 978-4-88500-654-8
  4. 動物病理カラーアトラス 文永堂出版 2007/02/20 978-4-8300-3208-0
  5. ストランディングフィールドガイド 海の哺乳類 海游舎 1996/08/10 987-4-905930-74-X

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Proliferative changes in the adrenal medulla of aged Chinese native pigs UETSUKA Koji, SUZUKI Takayuki, CHAMBERS James Kenn, UCHIDA Kazuyuki, NAKAYAMA Hiroyuki, DOI Kunio, NUNOYA Tetsuo The Journal of Veterinary Medical Science 公益社団法人 日本獣医学会 80/ 6, 968-972 2018 0916-7250 URL <p>Four aged retired Chinese native pigs, three females and one male, estimated as over 10-year-old, were subjected to autopsy because of infertility due to aging. Grossly, nodular lesions were found bilaterally in the adrenal medulla of all four pigs. Based on the gross and the histopathological findings, they were diagnosed as either medullary nodular hyperplasia or pheochromocytoma. Immunohistochemically, proliferating cells of all these lesions were immuno-positive for chromogranin-A, indicating adrenal medulla-derived. Ultrastructurally, cytoplasmic neurosecretory granules suggestive of secretion were observed in these proliferating cells. There have been only limited numbers of reports on adrenal medullar proliferative changes including pheochromocytoma in pigs. The present cases will provide a valuable information for the characterization of similar changes in animals and human.</p>
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Experimental induction of necrotic enteritis in chickens by a netB-positive Japanese isolate of Clostridium perfringens TO Ho, SUZUKI Takayuki, KAWAHARA Fumiya, UETSUKA Koji, NAGAI Shinya, NUNOYA Tetsuo The Journal of Veterinary Medical Science 公益社団法人 日本獣医学会 79/ 2, 350-358 2017 0916-7250 URL <p>Necrotic enteritis (NE) is one of the most important bacterial diseases in terms of economic losses. Clostridium perfringens necrotic enteritis toxin B, NetB, was recently proposed as a new key virulent factor for the development of NE. The goal of this work was to develop a necrotic enteritis model in chickens by using a Japanese isolate of C. perfringens. The Japanese isolate has been found to contain netB gene, which had the same nucleotide and deduced amino acid sequences as those of prototype gene characterized in Australian strain EHE-NE18, and also expressed in vitro a 33-kDa protein identified as NetB toxin by nano-scale liquid chromatographic tandem mass spectrometry. In the challenge experiment, broiler chickens fed a commercial chicken starter diet for 14 days post-hatch were changed to a high protein feed mixed 50:50 with fishmeal for 6 days.
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification of a unique amyloid sequence in AA amyloidosis of a pig associated with Streptococcus suis infection. Kamiie J, Sugahara G, Yoshimoto S, Aihara N, Mineshige T, Uetsuka K, Shirota K. Veterinary Pathology 54/ 1, 111-118 2017
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Drug-susceptibility of isolates of Brachyspira hyodysenteriae isolated from colonic mucosal specimens of pigs collected from slaughter houses in Japan in 2009 KAJIWARA Keita, KOZAWA Midori, KANAZAWA Takuya, UETSUKA Kouji, NAKAJIMA Hiromi, ADACHI Yoshikazu The Journal of Veterinary Medical Science 公益社団法人 日本獣医学会 78/ 3, 517-519 2016 0916-7250 URL Twenty nine isolates identified as Brachyspira hyodysenteriae were most susceptible to carbadox and metronidazole, whereas they were resistant to macrolides. The isolates showed intermediate susceptibility to tiamulin, lincomycin, penicillin G, ampicillin, chloramphenicol, tetracycline, enrofloxacin and valnemulin, with MIC50 values ranging from 0.39 to 3.13.
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 A case of renal oxalosis in a 3-month-old cat raised under controlled conditions. Suzuki T, Uetsuka K, Doi K, Nunoya T. The Journal of Veterinary Medical Science. 74, 381-384 2012

研究発表

  1. ポスター発表 茨城大学阿見キャンパス内で捕獲した野生ネズミでのウエルシュ菌(Clostridium perfingens)保有調査 日本微生物生態学会 第32回大会 2018/08/12 URL
  2. 口頭発表(一般) 野生カラスの腸内容物からのClostridium perfringensの分離および分離菌株の遺伝学的解析 日本家畜衛生学会 第88回大会 2018/07/07
  3. 口頭発表(一般) 競争用馬の感染性とみられる皮膚炎からの細菌・真菌の分離同定と薬剤感受性調査 日本家畜衛生学会 第87回大会 2017/12/15
  4. ポスター発表 カラス、ムクドリ、スズメが腸内に保有するウエルシュ菌の調査 第4回日本獣医病理学専門家協会学術集会 2017/03/30
  5. 口頭発表(一般) 腸内のウエルシュ菌量の死後変化についての検討モデルの開発-Sprague Dawleyラットを用いた検討 日本家畜衛生学会 第85回大会 2016/12/02

担当授業科目

  1. 動物保健衛生学
  2. 科学と倫理A
  3. 動物科学実験Ⅲ

所属学協会

  1. 日本獣医学会 1992/03/01-現在
  2. 日本獣医病理学専門家協会 2001/10-現在
  3. 日本家畜衛生学会 2016/08/01-現在
  4. 日本豚病研究会 2008/06/01-現在
  5. 鶏病研究会 2008/10/01-現在

委員歴

  1. 日本家畜衛生学会 常務理事 2016/04/01-現在
  2. 日本獣医病理学専門家協会 評議員 2009/01/01-現在
  3. 日本獣医学会 評議員 2008/04/01-現在