Ibaraki University's
College of Education
Teacher Training Course (Science Education)

Associate Professor

NATSUMEDA Takaharu


Academic degrees

  1. 修士(教育学) Osaka Kyoiku University 1994/03
  2. 博士(理学) Kyoto University 1998/09

Research Areas

  1. Fish Ecology
  2. Conservation Biology
  3. Animal Ecology
  4. Stream Ecology

Bibliography

  1. 生きざまの魚類学 魚の一生を科学する(猿渡敏郎 編著) 棗田 孝晴 pp.143-168, pp.169-170 東海大学出版部 2016/06 978-4-486-02058-5
  2. 茨城における絶滅のおそれのある野生生物・動物編 2016年度改訂版(茨城県レッドデータブック) 棗田孝晴 p.108 & p .113 茨城県生活環境部環境政策課 2016/03
  3. Threatened Wildlife of Japan Red Data Book 2014 Pisces - Brackish and Fresh Water Fishes Takaharu Natsumeda p. 350 GYOSEI Corporation 2015/02 978-4-324-09898-1
  4. 淡水魚研究入門 水中のぞき見学(長田芳和 編著) 棗田 孝晴 pp.270-279 東海大学出版部 2014/09 978-4-486-02016-5
  5. Human and Animal Matings: Strategies, Gender Differences and Environmental Influences (M. Nakamura & T. Ito, eds) Takaharu Natsumeda pp.55-73 NOVA Science Publishers Inc. 2013/03 978-1-62417-085-0

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint 河川工作物による環境改変が淡水魚類群集に及ぼす影響 用田悠介・鹿野雄一・阿部信一郎・井口恵一朗・棗田孝晴 応用生態工学 応用生態工学会 21/ 1, 17-28 2018/07
  2. Research paper (scientific journal) Joint 奄美大島を流れる役勝川における付着藻類生産力の流程変化 阿部信一郎・棗田孝晴・黒田 暁・堀江哲也・井口恵一朗 藻類 日本藻類学会 66, 105-110 2018/07
  3. (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution) Joint 飼育環境におけるカジカ大卵型・中卵型・小卵型の卵および仔稚魚の生残状況 藤井亮吏・下村雄志・田原大輔・棗田孝晴・岸 大弼 岐阜県水産研究所研究報告 岐阜県水産研究所 63, 7-16 2018/03
  4. (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution) Only 小学校理科教材「メダカ」の扱いにおける問題提起 : 国内外来種の視点から 棗田孝晴 茨城大学教育学部紀要(自然科学) 茨城大学教育学部 67, 7-16 2018/01
  5. Research paper (scientific journal) Joint Distinct foraging modes between two stream-dwelling benthic fishes, torrent catfish Liobagrus reini and Japanese fluvial sculpin Cottus pollux (large-egg type) Natsumeda T, Ogawa H. & Katano O Ichthyological Research The Ichthyological Society of Japan 63/ 3, 427-432 2016/07 10.1007/s10228-016-0512-0

Research presentations

  1. Poster presentation カジカ大卵型の繁殖期の変異と水温との関係 2016年度日本魚類学会年会 2016/09/24 藤井亮吏(岐阜水産研)・棗田孝晴(茨大教育)・田原大輔(福井県大)・古屋康則(岐大教育)
  2. Oral presentation(general) 落差工がカジカ大卵型の移動生態に及ぼす影響 平成28年度公益社団法人日本水産学会春季大会 2016/03/29 片山 暢・田原大輔(福井県大海洋生物)・武島弘彦(地球研)・棗田孝晴(茨城大教育)
  3. Oral presentation(general) 冬季の高水温がカジカ小卵型の雄の精子形成に及ぼす影響 平成28年度公益社団法人日本水産学会春季大会 2016/03/27 古屋康則・森 温子(岐阜大教育)・田原大輔(福井県立大)・山家秀信(東農大生物産業)・棗田孝晴(茨城大教育)・藤井亮吏(岐阜水産研)
  4. Oral presentation(general) 奄美大島役勝川の栄養塩供給源はどこにあるのか 日本藻類学会第40回大会 2016/03/20 阿部信一郎 ・棗田孝晴 (茨大)・黒田 暁 ・井口恵一朗 (長崎大)
  5. Poster presentation 長野県千曲川水系の支流枝沢におけるカジカ大卵型(Cottus pollux LE)の食性と餌料選択性の流程変異 2015年度日本魚類学会年会 2015/09/06 棗田孝晴(茨城大教育)・宮本北斗(松岡水産)・鶴田哲也(大阪産大人間環境)・武島弘彦(地球研)・安房田智司(新潟大理臨海)・井口恵一朗(長大院水・環)

Prizes

  1. 平成22年度 日本水産学会論文賞 受賞論文「絶滅のおそれのある日本産淡水魚の生態的特性の解明」 日本水産学会誌第76巻2号169〜184頁(2010年) 2011/03/29

Memberships of academic societies

  1. 日本陸水学会 2015/09-Present
  2. 日本水産学会 2008-Present
  3. 日本生態学会 2008-Present
  4. 応用生態工学会 2007-Present
  5. 日本魚類学会 1994-Present

Committee Career

  1. 日本魚類学会 会計幹事 2014/01/01-2015/12/31
  2. 日本魚類学会 自然保護委員会 希少淡水魚問題検討部会 委員 2011/01/01-Present