茨城大学
理工学研究科(理学野)
生物科学領域

教授

中村 麻子

ナカムラ アサコ
NAKAMURA Asako

経歴

  1. 京都大学放射線生物研究センター 2002/04/01-2004/02/28
  2. National Institutes of Health (USA) 2004/03/01-2011/03/31
  3. 大阪医科大学解剖学教室 講師 2011/04/01-2013/03/31
  4. 茨城大学 理学部 准教授 2013/04/01-2017/03/31
  5. 茨城大学 理工学研究科 教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 広島大学大学院医学系研究科分子薬学専攻 博士 修了

学位

  1. 博士(薬学) 広島大学大学院医学系研究科分子薬学専攻

免許・資格

  1. 薬剤師

教育・研究活動状況

http://asakolab.sci.ibaraki.ac.jp/index.html
https://www.facebook.com/asakolab/

研究分野

  1. 放射線・化学物質影響科学
  2. 細胞生物学

研究キーワード

  1. DNA損傷修復
  2. 細胞老化
  3. 放射線発がん
  4. 環境リスク評価
  5. PDMSチップ

研究テーマ

  1. 放射線発がん過程における細胞組織応答に関する研究 2011-現在
  2. 老化に伴うDNA損傷修復機能低下に関する研究 2011-現在
  3. H2AXのDNA損傷修復経路における役割に関する研究 2011-現在
  4. γ-H2AX assayを実社会に応用するための研究 2011-現在
  5. γ-H2AX assayによる放射線被ばく線量評価システムの構築 2011-現在
  6. H2AXの上皮間葉転換機構における役割に関する研究 2013-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 緊急被ばく医療が必要とされるような事故発生時におけるトリアージのための線量評価手法の確立に関する研究 科研費以外 平成27年度労災疾病臨床研究事業費補助金 2015/04-2018/03
  2. 子ども被ばくによる発がんリスク低減化とその機構に関する研究 科研費以外 平成25年度文部科学省国家課題対応型研究開発推進事業 原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ 2013/09-2016/03
  3. 低線量放射線による発がんリスクの高感度DNA損傷マーカーを用いた解析 科研費 若手研究(B) 科学研究費補助金 若手研究(B) 2012/04-2014/03
  4. DNA損傷マーカーを用いた新規抗がん剤α-mangostinの作用機序の解明および生体影響の評価 科研費以外 安田記念若手癌研究助成金 2012/01-2012/12

著書

  1. "Low-Dose Radiation Effects on Animals and Ecosystems. Long-Term Study on the Fukushima Nuclear Accident" Assessment of DNA Damage Induction in Farm Animals After the FNPP Accident. Springer 2019 URL
  2. Methods for the assessment of telomere status. Cell Senescence. Methods Mol. Biol. 2013
  3. γ-H2AX formation and chromatin structure. Nakamura AJ, Parekh P, martin OA, Bonner WM and Redon CE. Advances in Genet. Res. 2012
  4. γ-H2AX detection peripheral blood lymphocytes, splenocytes, bone marrow, xenografts, and skin. Redon CE, Nakamura AJ, Sordet O, Dickey JS, Gouliaeva K, Tabb B, Lawrence S, Kinders RJ, Bonner WM and Sedelnikova OA. Methods Mol. Biol. 2011
  5. H2AX and DNA damage response. Redon CE, Dickey JS, Nakamura AJ, Sedelnikova OA and Bonner WM. Current Cancer Research: Molecular Determinants of Radiation Response 2011

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Pilot clinical study of ascorbic acid treatment in cardiac catheterization. Sun L, Igarashi T, Tetsuka R, Li YS, Kawasaki Y, Kawai K, Hirakawa H, Tsuboi K, Nakamura AJ, Moritake T. J Radiat Res. 6/ 5, 573-578 2018 10.1093/jrr/rrz038.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The causal relation between DNA damage induction in bovine lymphocytes and the Fukushima nuclear power plant accident. Nakamura AJ, Suzuki M, Redon CE, Kuwahara Y, Yamashiro H, Abe Y, Takahashi S, Fukuda T, Isogai E, Bonner WM, Fukumoto M. Radiation Research 187, 630-636 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evidence for chromosome fragility at the frataxin locus in Friedreich ataxia. Mutat Res. 781, 14-21 2016
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Phase I Study of DMS612, a Novel Bi-functional Alkylating Agent. Clin Cancer Res. 21/ 4, 721-9 2015
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Systemic DNA damage accumulation under in vivo tumor growth can be inhibited by the antioxidant tempol. Cancer Lett. 3835/ 14, 381-4 2014

受賞

  1. 第6回バイオテックグランプリ 吉野家賞 2019
  2. 第6回バイオテックグランプリ ロート賞 2019
  3. 第3回茨城テックプランター 日本メクトロン賞 2018
  4. 平成30年度茨城大学学長学術表彰奨励賞 2018
  5. 平成29年度日本放射線影響学会岩崎民子賞 2017

担当授業科目

  1. 細胞生物学
  2. 生物学基礎実験I
  3. 生物科学外書購読I
  4. 大学入門ゼミ
  5. 分子生物学実験

社会貢献活動

  1. 紫西グローバルチャレンジII事業 下館第一高等学校 大学実験講座 2019/09/07-2019/09/08
  2. 茨城テックプランター「研究者と県内企業が創る茨城のみらい」 2019/08/30-現在
  3. 緑岡高校出前授業 2016/10/13-現在
  4. 女子高校生サイエンス&テクノロジー教室 2016/09/03-現在
  5. 土浦第三高等学校出前授業 2016/06/15-現在

所属学協会

  1. 日本癌学会 2011-現在
  2. 日本放射線影響学会 2011-現在
  3. American Association for Cancer Research 2010-現在
  4. Radiation Research Society 2010-現在

委員歴

  1. 量子科学技術研究開発機構 重粒子線がん治療装置等共同利用運営委員会・議題採択評価部会委員 2016/10/01-現在
  2. 京都大学放射線生物研究センター 共同利用・共同研究専門委員会委員 2016/04/01-現在

共同・受託研究実績

  1. サトウキビジュース析出物の放射線防御効果についての評価 -2020/03 企業からの受託研究
  2. リンパ球診断に向けたマイクロ流体デバイスの開発 2019/07-2020/06 企業からの受託研究

報道出演・資料(DB等)提供

  1. CCTV English News テレビ 2012/03/11
  2. NHK サイエンスZero テレビ 2011/11/12