茨城大学
理工学研究科(理学野)
生物科学領域

教授

中村 麻子

ナカムラ アサコ
NAKAMURA Asako

経歴

  1. 京都大学放射線生物研究センター 2002/04/01-2004/02/28
  2. National Institutes of Health (USA) 2004/03/01-2011/03/31
  3. 大阪医科大学解剖学教室 講師 2011/04/01-2013/03/31
  4. 茨城大学 理学部 准教授 2013/04/01-2017/03/31
  5. 茨城大学 理工学研究科 教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 広島大学大学院医学系研究科分子薬学専攻 博士 修了

学位

  1. 博士(薬学) 広島大学大学院医学系研究科分子薬学専攻

免許・資格

  1. 薬剤師

教育・研究活動状況

http://asakolab.sci.ibaraki.ac.jp/index.html
https://www.facebook.com/asakolab/

研究分野

  1. 放射線・化学物質影響科学
  2. 細胞生物学

研究キーワード

  1. DNA損傷修復
  2. 細胞老化
  3. 放射線発がん
  4. 環境リスク評価
  5. PDMSチップ

研究テーマ

  1. 放射線発がん過程における細胞組織応答に関する研究 2011-現在
  2. 老化に伴うDNA損傷修復機能低下に関する研究 2011-現在
  3. H2AXのDNA損傷修復経路における役割に関する研究 2011-現在
  4. γ-H2AX assayを実社会に応用するための研究 2011-現在
  5. γ-H2AX assayによる放射線被ばく線量評価システムの構築 2011-現在
  6. H2AXの上皮間葉転換機構における役割に関する研究 2013-現在

著書

  1. Methods for the assessment of telomere status. Cell Senescence. Methods Mol. Biol. 2013
  2. γ-H2AX formation and chromatin structure. Nakamura AJ, Parekh P, martin OA, Bonner WM and Redon CE. Advances in Genet. Res. 2012
  3. γ-H2AX detection peripheral blood lymphocytes, splenocytes, bone marrow, xenografts, and skin. Redon CE, Nakamura AJ, Sordet O, Dickey JS, Gouliaeva K, Tabb B, Lawrence S, Kinders RJ, Bonner WM and Sedelnikova OA. Methods Mol. Biol. 2011
  4. H2AX and DNA damage response. Redon CE, Dickey JS, Nakamura AJ, Sedelnikova OA and Bonner WM. Current Cancer Research: Molecular Determinants of Radiation Response 2011
  5. Stress and γ-H2AX. Dickey JS, Redon CE, Nakamura AJ, Baird BJ, Sedelnikova OA and Bonner WM. Handbook of cell signaling, Regulation of organelle and Cell compartment Signalling. 2010

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evidence for chromosome fragility at the frataxin locus in Friedreich ataxia. Mutat Res. 781, 14-21 2016
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Phase I Study of DMS612, a Novel Bi-functional Alkylating Agent. Clin Cancer Res. 21/ 4, 721-9 2015
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Systemic DNA damage accumulation under in vivo tumor growth can be inhibited by the antioxidant tempol. Cancer Lett. 3835/ 14, 381-4 2014
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mito-Tempol and Dexrazoxane Exhibit Cardioprotective and Chemotherapeutic Effects through Specific Protein Oxidation and Autophagy in a Syngeneic Breast Tumor Preclinical Model. • Dickey JS, Gonzalez Y, Aryal B, Mog S, Nakamura AJ, Redon CE, Baxa U, Rosen E, Cheng G, Zielonka J, Parekh P, Mason KP, Joseph J, Kalyanaraman B, Bonner WM, Herman E, Shacter E, Rao VA. PloS One 8 2013
  5. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 Use of the γ-H2AX assay to monitor DNA damage and repair in translational cancer research. Ivashkevich A, Redon CE, Nakamura AJ, Martin RF, Martin OA. Cancer Lett. 327, 123-133 2012

受賞

  1. 平成27年度茨城大学学長学術表彰奨励賞 2015
  2. 平成26年度日本放射線影響学会奨励賞 2014

担当授業科目

  1. 細胞生物学
  2. 生物学基礎実験I
  3. 生物科学外書購読I
  4. 主題別ゼミナール
  5. 分子生物学実験

所属学協会

  1. 日本癌学会 2011-現在
  2. 日本放射線影響学会 2011-現在
  3. American Association for Cancer Research 2010-現在
  4. Radiation Research Society 2010-現在

委員歴

  1. 量子科学技術研究開発機構 重粒子線がん治療装置等共同利用運営委員会・議題採択評価部会委員 2016/10/01-現在
  2. 京都大学放射線生物研究センター 共同利用・共同研究専門委員会委員 2016/04/01-現在