茨城大学
理工学研究科(工学野)
都市システム工学領域

助教

一ノ瀬 彩

イチノセ アヤ
ICHINOSE Aya

学位

  1. 博士(デザイン学) 筑波大学 2010/03

研究分野

  1. デザイン学
  2. 建築史・意匠

研究キーワード

  1. 建築・都市デザイン、地域ブランディング、公共空間のデザインマネジメント

著書

  1. まち建築 まちを生かす36のモノづくりコトづくり 日本建築学会(建築教育委員会市民協働のデザインWG:伊藤香織, 一ノ瀬彩,他) 彰国社・日本建築学会 2014/04
  2. 「47 REASONS TO TRAVEL IN JAPAN」ibaraki:d design travel OKINAWA ナガオカケンメイ 編著 D&DEPARTMENT PROJECT 2013 978-4903097107
  3. 筑波大学 アート・デザインプロデュース2008 渡和由,貝島桃代,三友奈々,一ノ瀬彩,石田文子,堀欠和晃,牧奈歩 筑波大学芸術専門学群 2009/03
  4. <フィールドワーク> LINK Tokyo-Madrid—都市構造とライフスタイルに関する共同研究プロジェクト(筑波大学貝島研究室 著):10+1 no.44 INAX出版 2007
  5. 第10章 隙間 A-プロジェクト:Bow-Wow from POST BUBBLE CITY アトリエ・ワン (貝島桃代,塚本由晴),一ノ瀬彩,他 INAX出版 2006 978-4872751338

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 松本市「クラフトフェアまつもと」における長期運営実態と公共空間活用の分析  工芸を活用したまちづくり手法に関する研究 柳田 卓巳, 一ノ瀬 彩 日本建築学会技術報告集 日本建築学会 60, 911-916 2019/06 1341-9463 URL The present work aims to investigate the actual management of Craft Fair Matsumoto, and figure out the transition process from the Matsumoto Craft Fair to the Matsumoto Craft Months, which is a new town planning utilizing crafts in Matsumoto-city.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 食と景観のテロワールを考慮した地域づくり手法の構築 : 干しいも産地である茨城県ひたちなか市を対象として 熊澤 貴之, 木村 明日香, 一ノ瀬 彩 日本建築学会計画系論文集 日本建築学会 81/ 730, 2673-2682 2016/12 1340-4210 URL
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 松本市「工芸の五月」における運営実態の分析:工芸を活用したまちづくり手法に関する研究 一ノ瀬 彩 日本建築学会技術報告集 日本建築学会 21/ 49, 1251-1254 2015 1341-9463 URL We have analyzed the management data of Matsumoto Craft Month for 7 years from management organization and the contents of the plan. We found that the cooperation with experts, can allow the management board of Matsumoto Craft Month to expand the planning capability and their expertise.
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 筑波大学附属病院アートステーションー「SOH」を中心とした空間改善の継続にみる学生の活動と組織構成ー 学生参加によるアート・デザインを用いた大学キャンパス改修の実践 一ノ瀬彩,貝島桃代 日本建築学会技術報告集 29, 335‐338 2009
  5. (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ) 共著 Suburban Practice Kijima lab.(Ayano Toki, Aya Ichinose,Ai Kwamura, Noriaki Nakamura) 2008Link Tokyo Madrid 18-23,112-115 2008

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 14031 清水港周辺におけるブランディング・エッセンス 建築デザイン 2018/07/20 URL
  2. 口頭発表(一般) 9286 アニメ作品の映像表現と地域特性からみた全国のコンテンツツーリズム活動分析(意匠論:イメージ(1),建築歴史・意匠,学術講演会・建築デザイン発表会) 建築歴史・意匠 2015/09/04 URL
  3. 口頭発表(一般) 6024 干しいも産地における景観環境要素の抽出 : 茨城県ひたちなか市を対象として(景観・植物,農村計画,学術講演会・建築デザイン発表会) 農村計画 2015/09/04 URL
  4. その他 地域・業界のデザイン振興・保護活動紹介(47)茨城県デザインセンターの活動紹介 Design protect 25 2012
  5. 口頭発表(一般) 長屋建住宅の構成類型 : 現代日本の長屋建住宅に見られる共有の空間構成(2) 日本建築学会大会学術講演梗概集 2010

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 共同 工芸の五月2017:旅行社みずのさんぽ・井戸端プリント 2017/04/29-2017/05/31
  2. 芸術活動 共同 工芸の五月2016:旅行社みずのさんぽ・井戸端プリント 2016/04/29-2016/05/31
  3. 芸術活動 共同 工芸の五月2015:旅行社みずのさんぽ・井戸端プリント 2015/04/29-2015/05/31
  4. 芸術活動 共同 水辺のマルシェ:なわてざぶとんインスタレーション・ワークショップ 2014/04-2014/05
  5. 芸術活動 共同 工芸の五月2014:旅行社みずのさんぽ・井戸端プリント 2014/04/29-2014/05/31

受賞

  1. 笠間稲荷門前通りポケットパークデザインコンペ最優秀賞 「傘の間」 2013
  2. いばらきデザインセレクション2013選定 NIPPONIAプロジェクト 2013
  3. いばらきデザインセレクション2012知事選定 「わたくも」つくばのお土産開発プロジェクト 2012
  4. 松本地方事務所長賞 2012年度「元気づくり支援金」優良事例  なわて通り水辺プロジェクト 2012 商店街からの水辺の視認性を改善した初年度の取組全体が評価された。
  5. 松本地方事務所長賞 2011年度「元気づくり支援金」優良事例  みずみずしい日常 2011 長野県松本市の公共施設と街の回遊性と地域住民参加型の景観演出の取組みが、県のまちづくりの優良事例として2年目の取組全体が評価された。

担当授業科目

  1. 建築製図
  2. 都市システム工学製図Ⅰ
  3. 都市システム工学演習Ⅰ
  4. 空間デザイン論
  5. 建築デザイン特論

教育実績

  1. 茨城大学工学系学生表彰2013年度(景観・空間設計研究室) 2013-現在
  2. 茨城大学学生表彰2013年度 (景観・空間設計研究室) 2013-現在

社会貢献活動

  1. 常陸大宮市浪漫文化街並みづくり検討委員会委員 2013-現在
  2. いばらきデザインセレクション 空間・コミュニティデザインアドバイザー(茨城県・(株)ひたちなテクノセンター) 2013-現在
  3. 日立市都市環境デザイン委員会委員 2013-現在
  4. 大洗町沿道環境整備検討委員 2013-2014
  5. 笠間市かさまち考委員会 2013/10-現在

所属学協会

  1. 日本建築学会 2004/03-現在