茨城大学
保健管理センター

顔写真
教授

布施 泰子

フセ ヤスコ
FUSE Yasuko

その他の所属・職名

  1. 保健管理センター 所長

学歴

  1. 東京医科歯科大学 医学部 1988/03 卒業

学位

  1. 医学博士 東京医科歯科大学

免許・資格

  1. 医師 1988/05/27
  2. 精神保健指定医
  3. 精神科専門医・指導医
  4. 日本医師会産業医

研究分野

  1. 精神神経科学

研究キーワード

  1. 精神医学
  2. 大学精神保健
  3. 女性精神医学
  4. 精神療法
  5. 家族療法
  6. 社会構成主義

競争的資金等の研究課題

  1. ウェアラブルデバイスを用いて運動量や労働時間を可視化するための予備的研究 科研費以外 女性エンパワーメント支援制度 2019/06-2020/02
  2. 女子大学生のうつ病・うつ状態の社会的要因の研究 科研費以外 全国大学メンタルヘルス学会研究助成金 2018/07-現在
  3. 女性医師支援を通じて医師不足を緩和し、医師の過重労働を抑制するための研究 科研費以外 女性エンパワーメント支援制度 2018/07-2019/02/28
  4. 女子大学生のうつ病の発症に影響する社会的要因の研究ー男女共同参画社会に向けてー 科研費 基盤C 2018/04/01-2021/03/31
  5. 女性医師支援を通じて日本の不足を緩和し、医師の過重労働を抑制するための研究 科研費以外 茨城大学 女性エンパワーメント支援制度 2017/07-2018/02/28

著書

  1. 心と体の健康・スポーツ 上地勝、布施泰子 他 青年期に好発する精神障害(1)(2) 大修館書店 2019/04/20 978-4-469-26856-0
  2. 大学のメンタルヘルスの現状と課題、そして対策 休学・退学、留年問題-学部学生について- 全国大学メンタルヘルス研究会 2015/08/31
  3. It's Nice to be Different Yasko Fuse-Nagase Daekyo出版 2007/06/05 お互いの差異や個性を認めて協力、尊重しあうことの大切さをテーマにした絵本。韓国語と英語で書かれている。
  4. ちがうってすてきだね 布施泰子 新風舎 2005 お互いの差異や個性を認めて尊重しあい協力しあうことの大切さをテーマにした絵本。日本語と英語で書かれている。
  5. 女性の医学 西東社出版部 西東社 1999

論文

  1. (MISC)総説・解説(その他) 共著 大学における休学・退学・留年学生に関する調査 第40報(平成29年度調査結果) 布施泰子、梶谷康介、平井伸英、苗村育郎、佐藤武 2019/11
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 KH coderを用いた大学生の性暴力をめぐる自由記述分析の一考察 執行三佳、河野美江、武田美輪子、折橋洋介、大草亘孝、川島渉、布施泰子 大学のメンタルヘルス 3, 135-143 2019/11/30
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 大学における性暴力被害学生への支援:学生支援部門の教職員対象アンケート調査より 河野美江、執行三佳、武田美輪子、岡本百合、折橋洋介、大草亘孝、川島渉、布施泰子、清水幸登 大学のメンタルヘルス 3, 107-115 2019/11/30
  4. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 共著 大学生の自殺予防プログラムの開発に関する予備的研究 太刀川弘和、安宅勝弘、石井映美、布施泰子 他 大学のメンタルヘルス 3, 95-95 2019/11/30
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 大学における休学・退学・留年学生に関する調査-第39報(平成28年度調査結果)- 布施泰子、 梶谷康介、平井伸英、苗村育郎、佐藤武 大学のメンタルヘルス 3, 59-71 2019/11/30

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 大学における休学・退学・留年学生に関する調査 第40報-平成29年度の調査結果より- 第41回全国大学メンタルヘルス学会総会 2019/12/06
  2. 口頭発表(一般) 女子大学生のうつ病の社会的要因:カルテベースの調査結果 第41回全国大学メンタルヘルス学会総会 2019/12/05
  3. ポスター発表 学園祭での窒息事故において後遺障害を残さず救命しえた事例 第57回全国大学保健管理研究集会 2019/10/09
  4. ポスター発表 大学における休学・退学・留年学生に関する調査 第40報(平成29年度分集計結果) 第57回全国大学保健管理研究集会 2019/10/09
  5. ポスター発表 Distribution of psychiatric disorders causing non-graduation among Japanese national undergraduate university students: Has clinical manifestation of schizophrenia become less severe? 7th European Conference on Schizophrenia Research 2019/09/28

担当授業科目

  1. 健康の科学 精神の科学
  2. 精神疾患とその治療

教科書・教材

  1. 心と体の健康・スポーツ(分担執筆) 2019/04/20 青年期に好発する精神障害(1)(2)

所属学協会

  1. 日本精神神経学会 1988/05/01-現在
  2. 国立大学法人保健管理施設協議会 2012/10/01-現在
  3. 全国大学メンタルヘルス学会 2015/12/10-現在
  4. 全国大学メンタルヘルス研究会 2012/10/20-2016/03/31
  5. 日本家族療法学会 1998/01/01-現在

委員歴

  1. 国立大学法人保健管理施設協議会 メンタルヘルス委員会委員長 2019/04/01-現在
  2. 厚生労働省医道審議会 精神保健指定医資格審査部会臨時委員 2019/04/01-現在
  3. 日本精神神経学会 精神科専門医認定試験面接委員 2018/09/01-2018/09/02
  4. 日本精神神経学会 男女共同参画推進委員会委員 2017/09/01-現在
  5. 日本精神神経学会 精神科専門医認定試験面接委員 2017/08/26-2017/08/27