茨城大学
人文社会科学部
法律経済学科

准教授

髙橋 大輔

タカハシ ダイスケ
TAKAHASHI Daisuke
  • 1980年生まれ

経歴

  1. 日本橋学館大学リベラルアーツ学部非常勤講師(民法) 2008/10-2009/03
  2. 日本橋学館大学リベラルアーツ学部非常勤講師(民法/民法Ⅰ・Ⅱ) 2010/05-2011/03
  3. 筑波大学人文社会科学研究科博士特別研究員 2011/04-2011/05
  4. 筑波大学人文社会科学研究科非常勤研究員 2011/05-2012/03
  5. 茨城大学人文学部非常勤講師(家族法Ⅰ) 2011/10-2012/03
  6. 茨城県立農業大学校非常勤講師(法律学) 2014/04-2015/03
  7. 茨城県県南生涯学習センター非常勤講師(家族法入門) 2014/11-2015/02

学歴

  1. 筑波大学 第一学群 社会学類 2002/03 中退
  2. 筑波大学 人文社会科学研究科 社会科学専攻 博士 2011/03 修了

学位

  1. 博士(法学) 筑波大学 2011/03
  2. 修士(法学) 筑波大学 2004/03

教育・研究活動状況

茨城大学では、民法概論や家族法の講義を担当しています。分かりやすく、記憶に残る授業を心がけています。ただ、それだけではなく民法概論や家族法に関する調査・考察の技術の取得も目指しています。研究については、民法の中の家族法を対象としています。その中でも特に親子間の法的関係について研究しています。

研究分野

  1. 民事法学

研究キーワード

  1. 親子、親権、面会交流、子ども虐待、ドイツ家族法

研究テーマ

  1. 親権停止期間満了時の公的検査に関する研究 本研究は、平成23年の民法改正によって導入された親権停止制度に関して、親権停止後の公的検査について、ドイツ法との比較法的考察という観点から検討するものである。 2014/04-現在

著書

  1. 家族法と社会保障法の交錯 本澤巳巳代子先生還暦記念 古橋エツ子、床谷文雄、新田秀樹、本澤巳代子 信山社 2014 9784797219692 本書は、家族法や社会保障法の論文集である。本書において、「親権停止と面会交流の法的関係」(121~137頁)を執筆した。
  2. よくわかる家族法 本澤巳代子、大杉麻美、高橋大輔、付月 ミネルヴァ書房 2014 978-4-623-07068-8 本書は、法学部の学生だけではなく、看護・福祉系の学生や専門職、そして一般の人たちにも役立つように執筆された家族法の教科書である。そのうち、「Ⅲ親子」「Ⅳ親子間の権利義務」「Ⅵ離婚と子ども」の執筆を担当した。

論文

  1. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 単著 子どもを養育する義務規定の成立前史―明治民法879条の成立まで― 筑波法政 41, 19-42 2006/09
  2. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 単著 子どもの交流権の強制執行―ドイツ連邦憲法裁判所2008年4月1日判決とその後― 髙橋大輔 筑波法政 47, 79-93 2009/09
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 「ドイツ法における子どもの交流権の強制執行」 髙橋大輔 家族〈社会と法〉 27, 134-146 2011/07
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 離婚後の子どもの貧困防止のための養育支援の必要性―臨床心理学と法学による協働的視点から― 野口康彦、高橋大輔 茨城大学人文学部紀要人文コミュニケーション学科論集 22, 67-82 2017

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 子ども虐待と家族法 茨城大学人文学部「愛と傷つきやすさ研究会」と常磐大学国際被害者学研究所による第9回ジョイントセミナー 2014/07/21
  2. 口頭発表(一般) ドイツ法における子どもの交流権の強制執行 日本家族〈社会と法〉学会第27回学術大会 2010/11/06
  3. 口頭発表(一般) ドイツ法における子どもの交流権の強制執行 家族と法研究会第257回研究会 2010/07/24

担当授業科目

  1. 社会と家族法1~家族法入門
  2. 社会と家族法2~子ども虐待
  3. 民法概論
  4. 家族法A
  5. 家族法C

所属学協会

  1. 日本私法学会 2015/08-現在
  2. 日本家族〈社会と法〉学会 2009/11-現在
  3. 日本子ども虐待防止学会 2008/07-現在
  4. 日本ドイツ学会 2008/06-現在