茨城大学
理学部
理学科(物理学コース)

教授

阪口 真

サカグチ マコト
SAKAGUCHI Makoto

学歴

  1. 大阪大学 1991 卒業
  2. 大阪大学 博士後期 1996/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 大阪大学 1996/03

研究分野

  1. 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究キーワード

  1. 量子力学と一般相対性理論を結合した超弦理論

研究テーマ

  1. 超弦理論の研究

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 D-branes from Pure Spinor Superstring in AdS_5 x S^5 Background Sota Hanazawa, Makoto Sakaguchi Nuclear Physics B914 (2017) 234 914, 234-247 2016/11/18 We examine the surface term for the BRST transformation of the open pure spinor superstring in an AdS_5 x S^5 background. We find that the boundary condition to eliminate the surface term leads to a classification of possible configurations of 1/2 supersymmetric D-branes.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 No pair production of open strings in a plane-wave background M. Sakaguchi, H. Shin and K. Yoshida Phys.Rev. D90 (2014) 6, 066009 2014/09/17
  3. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 共著 学生実験開発に向けた環境放射線のスペクトル測定について 松浦壮、阪口真 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学52, 59-67 2012/09/30
  4. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 共著 虹に関する学生実験について 阪口真、松浦壮 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学52, 49-58 2012/09/30
  5. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 Supersymmetric Extensions of Non-Relativistic Scaling Algebras Makoto Sakaguchi, Kentaroh Yoshida Symmetry 4 (2012) 517-536 2012/08/24

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) Dirichlet-branes from BRST invariance in Pure Spinor formalism Progress in Quantum Field Theory and String Theory II 2017/03
  2. 口頭発表(一般) ABJM模型の共形超対称性とnear-horizon極限での対称性の拡大 日本物理学会2016年秋季大会 2016/09/22
  3. 口頭発表(一般) Pure Spinor 超弦理論によるAdS5xS5時空上のDブレーンの解析 日本物理学会2016年秋季大会 2016/09/22
  4. 口頭発表(一般) 4次元N=4超共形対称性とnear-horizon極限での対称性の拡大 日本物理学会2015年秋季大会 2015/09/27

担当授業科目

  1. 一般物理実験
  2. 物理学実験
  3. 学際理学入門
  4. 素粒子物理入門
  5. 物理学II

所属学協会

  1. 日本物理学会 1993-現在

委員歴

  1. 素粒子論グループ 素粒子論委員 2015/04/01-2017/03/31