茨城大学
理工学研究科(理学野)
物理学領域

教授

阪口 真

サカグチ マコト
SAKAGUCHI Makoto

学歴

  1. 大阪大学 理学部 物理学科 1991/03/26 卒業
  2. 大阪大学 理学研究科 物理学専攻 博士後期 1996/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 大阪大学 1996/03

研究分野

  1. 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究キーワード

  1. 量子力学と一般相対性理論を結合した超弦理論

研究テーマ

  1. 超弦理論の研究

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Supersymmetric DBI Equations in Diverse Dimensions from BRS Invariance of Pure Spinor Superstring Sota Hanazawa and Makoto Sakaguchi Phys.Rev.D100 (2019) 046006 (14 pages) 2019/08/05 10.1103/PhysRevD.100.046006
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Note on Supersymmetries in AdS_5/CFT_4 Fumiya Takeuchi and Makoto Sakaguchi Mod. Phys. Lett. A 33 (2018) no.02, 1850015 (13 pages) 2018/01/12 10.1142/S0217732318500153
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Non-commutative M-branes from Open Pure Spinor Supermembrane Sota Hanazawa and Makoto Sakaguchi Nucl. Phys. B 927 (2018) 566-578 2018/01/10 10.1016/j.nuclphysb.2018.01.003
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 D-branes from Pure Spinor Superstring in AdS_5 x S^5 Background Sota Hanazawa, Makoto Sakaguchi Nuclear Physics B914 (2017) 234 2016/11/18 10.1016/j.nuclphysb.2016.11.010
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 No pair production of open strings in a plane-wave background M. Sakaguchi, H. Shin and K. Yoshida Phys.Rev. D90 (2014) 6, 066009 2014/09/17 10.1103/PhysRevD.90.066009

研究発表

  1. 口頭発表(一般) AdS空間上の高階スピンゲージ理論のBRST不変な三点相互作用頂点 日本物理学会 2019年秋季大会 2019/09/19
  2. 口頭発表(一般) Pure Spinor形式による非Abel的超対称Dirac-Born-Infeld方程式 日本物理学会 2019年秋季大会 2019/09/19
  3. 口頭発表(招待・特別) Dirac-Born-Infeld equations from BRST-invariance of pure spinor superstring The 2nd Workshop on "Mathematics and Physics in General Relativity" 2019/03/23
  4. 口頭発表(一般) AdS空間上の高階スピンゲージ理論の反場を含んだ作用について 日本物理学会 第74回年次大会 2019/03/17
  5. 口頭発表(一般) 無質量高階スピンゲージ理論の反場を含んだBRST不変な作用 日本物理学会2018年秋季大会 2018/09/15

担当授業科目

  1. 素粒子物理入門
  2. ゲージ場の量子論I
  3. 基礎物理学II
  4. 量子力学演習
  5. ゲージ場の量子論II

所属学協会

  1. 日本物理学会 1993-現在

委員歴

  1. 素粒子論グループ 素粒子論委員 2015/04/01-2017/03/31