茨城大学
農学部

助教

坂上 伸生

サカガミ ノブオ
SAKAGAMI Nobuo

経歴

  1. 東京工業大学 特別研究員 2008/04/01-2010/03/31
  2. 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 環境理工学創造専攻 研究員 2008/10/01-2011/03/31
  3. 首都大学東京大学院都市環境科学研究科 地理環境科学域 特任助教 2009/06/01-2011/03/31
  4. 首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 地理環境科学域 客員研究員 2011/04/01-現在
  5. 茨城大学 農学部 非常勤研究員 2011/07/01-2011/09/30
  6. 茨城大学 農学部 助教(ダブルディグリー・プログラム) 2011/10/01-2014/03/31
  7. 茨城大学 農学部 助教(AIMSプログラム) 2014/04/01-現在

学歴

  1. 東京工業大学 理学部 地球惑星科学科 2003/03 卒業
  2. 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 環境理工学創造専攻 修士 2005/03 修了
  3. 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 環境理工学創造専攻 博士後期 2008/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 東京工業大学 2008/03

研究分野

  1. 土壌地理学
  2. 環境動態解析

著書

  1. ポスト震災社会のサステイナビリティ学―地域と大学の新たな協働をめざして― 田村 誠・伊藤哲司・木村 競・加藤禎久・坂上伸生(編)・三村信男(監修) 国際文献社 2014
  2. 自然共生の新しい姿―共生微生物利用の可能性―【田村 誠・伊藤哲司・木村 競・加藤禎久・坂上伸生(編)・三村信男(監修)『ポスト震災社会のサステイナビリティ学―地域と大学の新たな協働をめざして―』】 成澤才彦・坂上伸生 国際文献社 2014
  3. コラム「Local Wisdomと農業の持続可能性」【田村 誠・伊藤哲司・木村 競・加藤禎久・坂上伸生(編)・三村信男(監修)『ポスト震災社会のサステイナビリティ学―地域と大学の新たな協働をめざして―』】 坂上伸生・Dewa NS 国際文献社 2014
  4. 土壌分析【「茨城県稲敷郡美浦村『陸平貝塚』―調査研究報告書6・2010年度確認調査の成果―」】 亀井 翼・坂上伸生 美浦村教育委員会 2012
  5. 坊田遺跡における遺物包含層の土壌性状に関する研究【「島の考古学研究会研究報告2・東京都三宅島坊田遺跡発掘調査報告書」】 渡邊眞紀子,茗荷 傑,坂上伸生 三宅島坊田遺跡学術調査団 2011

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Benefits and difficulties of organic and conventional rice farming systems in Bali, Indonesia Oyama K, Sudiarta P, Shiotsu F, Sakagami N*, Komatsuzaki M, Nitta Y, Kurusu Y, Suprapta DN Tropical Agriculture and Development 61, 70-76 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 岐阜県御嶽山の森林土壌から採取した菌核の培養法および非培養法による菌類群集解析 野々山(佐々木)弥・坂上伸生・成澤才彦・太田寛行・渡邊眞紀子 土と微生物 70, 56-59 2016
  3. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 共著 農業の持続可能性をテーマとしたインドネシア短期研修の実践と国際共同教育の推進 坂上伸生・佐藤達雄・小谷博光・田村 誠・加藤 亮・太田寛行 茨城大学留学生センター紀要 14, 67-75 2016
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characteristics of elemental composition and organic component of Indonesian rice: Examples of several products in Indonesia including organic rice Sakagami N, Shiotsu F, Agustiani N, Komatsuzaki M, Nitta Y Tropical Agriculture and Development 60, 65-70 2016
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 An educational approach to establish agricultural sustainability: Lesson learned from a reciprocal double degree program between universities in Indonesia and Japan Syuaib MF, Komatsuzaki M, Ohta H, Sakagami N, Ramli N, Syah D Sustainability: the Journal of Record 8, 200–206 2015 10.1089/sus.2015.29013.fs

研究発表

  1. ポスター発表 駒止湿原開墾跡地におけるブナ外生菌根菌の分布 2016年度菌根研究会大会講演要旨集,p29 2016
  2. ポスター発表 Aluminum accumulation and carbon decomposition in sclerotia of Cenococcum geophilum in low pH forest soils Goldschmidt 2016 2016
  3. 口頭発表(招待・特別) Decomposition of soil organic component under organic rice cultivation in Bali, Indonesia International Symposium on Agriculture and Environment (ISAE) 2016 2016/01/13
  4. 口頭発表(一般) インドネシア国における米の品質・良食味米の現状と展望 日本水稲品質・食味研究会第7回講演会講演要旨集 2015
  5. 口頭発表(一般) 菌根菌のCenococcum geophilumが高濃度に含む4,9-dihydroxyperylene-3,10-quinoneの抗菌性 第24回環境化学討論会,環境化学討論会要旨集(CD-ROM)24 2015

担当授業科目

  1. 環境共生論
  2. フィールド実践演習

所属学協会

  1. 日本地理学会 2006-現在
  2. 土壌微生物学会 2015-現在
  3. 日本熱帯農業学会 2013-現在
  4. 日本ペドロジー学会 2003-現在
  5. 日本土壌肥料学会 2004-現在