研究発表

公開件数: 48 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
Development of an all-sky RI imaging monitor capable of measuring high-dose-rate gamma-ray sources
日本医学物理学会
2016/04


2 口頭発表(一般)
CsI(Tl)シンチレータによるオールスカイガンマ線コンプトンカメラの開発
日本物理学会
2016/03


3 口頭発表(一般)
シンチレータを用いた高線量場測定用コンプトンカメラの開発
日本物理学会
2016/03


4 口頭発表(一般)
ガンマ線の到来方向が判断できる4チャンネル型高感度サーベイメータの開発
日本物理学会
2016/03


5 口頭発表(一般)
次世代ガンマ線望遠鏡CTAで用いる波形記録回路TARGETの時間応答特性の評価
日本物理学会
2016/03


6
CTA大口径望遠鏡による2FHL ソースの観測シミュレーション
日本天文学会
2016/03


7 口頭発表(招待・特別)
Gamma-ray Observations of SNRs by Fermi and CTA”
SNSNR2015 Symposium on Supernovae and Supernova Remnants
2015/11/09


8 口頭発表(一般)
γ I(ガンマアイ)による電子陽電子対消滅ラインガンマ線の探査
2015年大気球シンポジウム
2015/11/06


9 口頭発表(一般)
ガンマ線の到来方向がわかるコンプトン型サーベイメータの開発
日本医学物理学会
2015/09


10 口頭発表(一般)
無機シンチレータのエネルギー分解能の測定によるコンプトンカメラの角度分解能の評価
日本物理学会
2015/09


11 口頭発表(一般)
高感度で到来方向がわかるサーベイメータの開発
日本物理学会
2015/09


12 口頭発表(一般)
コンプトンカメラ法による All Sky RI イメージングモニターの開発
日本医学物理学会
2015/09


13 口頭発表(一般)
コンプトンカメラ法による高感度360°パノラマRIイメージングモニタの開発
日本医用画像工学会大会
2015/07


14 口頭発表(一般)
CsI(Tl)結晶を用いた360度パノラマコンプトンカメラの開発
日本医学物理学会
2015/04


15 口頭発表(一般)
CsI (Tl) 結晶を用いたコンプトンカメラ "ガンマアイ" の開発
日本医学物理学会
2015/04


16 口頭発表(一般)
CsI(Tl)結晶シンチレータを用いたガンマ線カメラγI(ガンマアイ)の開発
日本原子力学会
2015/03


17 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)の高角度分解能化に向けた32chプロトタイプの開発
日本物理学会
2015/03/24


18 口頭発表(一般)
ガンマ線の到来方向がわかる放射性セシウム用サーベイメータの開発
日本物理学会
2015/03/24


19 口頭発表(一般)
コンプトンカメラ法による新しいγ 線イメージング装置(γI:ガンマアイ)の開発
第107 回日本医学物理学会学術大会
2014


20 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)の高角度分解能化に向けた開発
日本物理学会
2014/09/21


21 口頭発表(一般)
ガンマアイ360度パノラマモニターの開発
日本物理学会
2014/09/21


22 口頭発表(一般)
フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡による超新星残骸Monoceros Loopの観測
日本物理学会
2014/09/19


23 口頭発表(一般)
フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡による超新星残骸HB3(G132.7+1.3)の観測
日本物理学会
2014/09/19


24 口頭発表(一般)
フィールドワークによるコンプトンカメラγI(ガンマアイ)の実証試験
日本物理学会
2014/03/30


25 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)の16チャンネルプロトタイプの開発
日本物理学会
2014/03/30


26 口頭発表(一般)
CTA 報告71:CTA大口径望遠鏡用ライトガイドの試作機性能評価及び形状最適化に向けた研究
日本物理学会
2014/03/27


27 口頭発表(一般)
CTA 大口径望遠鏡の分割鏡の開発(6)
日本天文学会
2014/03/22


28 口頭発表(一般)
フィルタ逆投影アルゴリズムのコンプトンカメラ技術への応用
日本医学物理学会
2013


29 口頭発表(一般)
CTA 報告63:CTA 大口径望遠鏡用分割鏡の形状測定システムであるPhase Measuring Deflectometry法の開発
日本物理学会
2013/09/22


30 口頭発表(一般)
CTA 報告62:CTA 大口径望遠鏡用ライトガイドの試作機性能評価及び大量生産に向けた開発
日本物理学会
2013/09/22


31 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)実用化に向けたγI16の開発
日本物理学会
2013/09/22


32 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)12チャンネルプロトタイプ検出器の開発
日本物理学会
2013/09/22


33 口頭発表(招待・特別)
ガンマ線の方向のわかる検出器ガンマアイ
「次期電子デバイス・太陽電池の展開、および清浄環境の必要性と未来」
2013/07/19


34 口頭発表(招待・特別)
ガンマ線の方向のわかる検出器ガンマアイ
第50回アイソトープ・放射線研究発表会
2013/07/05


35 口頭発表(一般)
CsI結晶シンチレータを用いたコンプトンカメラγI(ガンマアイ)の開発(2)
日本物理学会
2013/03


36 口頭発表(一般)
コンプトンカメラγI(ガンマアイ)のプロトタイプ製作
日本物理学会
2013/03


37 口頭発表(一般)
フェルミ⋅ガンマ線宇宙望遠鏡による超新星残骸W28周辺領域の観測
日本天文学会
2013/03


38 口頭発表(一般)
CTA 大口径望遠鏡の分割鏡の開発(3)
日本天文学会
2012/09/20

CTA 計画は、大規模な地上チェレンコフ望遠鏡群により高エネルギーガンマ線を観測する次世代の国際協力実験である。大・中・小の3 種類の口径の望遠鏡を数十台配置して観測を行う。日本グループは特に大口径望遠鏡に焦点を絞って開発を行っている。口径23mの大口径望遠鏡には、約1.5m の大型分割鏡を1台あたり約200 枚用いて放物面状に配置する。大口径望遠鏡の焦点距離は28mと長く、分割鏡には90\%以上の反射率、2 分角以下の角度分解能、10 年以上の耐久性などの高い性能が要求される。現開発段階では、反射率、スポットサイズの要求仕様を満たしたプロトタイプ分割鏡の試作に成功している。分割鏡の表面は、腐食やそれに伴う反射率低下を引き起こし、観測の精度に影響を与える。我々は、スパッタリング技術を用いたコーティングの耐久性について要求仕様を満たしているかどうかを調査するため、評価試験を行っている。また、8 台の大口径望遠鏡を建設する予定であるため、製造した大量の分割鏡を高精度かつ効率よく評価するための形状測定システムが必要となる。現在、このシステムとしてPMD 法と呼ばれる方法を採用し、実施に向けて装置設計を行っている。本講演では、プロトタイプ分割鏡の仕様と性能、開発状況について報告する。
39 口頭発表(一般)
CsI(Tl)による方向のわかるガンマ線検出器(γI:ガンマアイ)の概要
日本物理学会
2012/09/14


40 口頭発表(一般)
CsI結晶シンチレータを用いたコンプトンカメラγI(ガンマアイ)の開発
日本物理学会
2012/09/14


41 口頭発表(一般)
CTA 報告46:CTA 大口径望遠鏡用分割鏡の開発:形状測定システム
日本物理学会
2012/09/13


42 口頭発表(一般)
CTA報告42:CTA 大口径望遠鏡用焦点面検出器の開発
日本物理学会
2012/09/13


43 口頭発表(一般)
フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡による超新星残骸「白鳥座ループ」の観測と放射機構の考察
日本天文学会
2011/09/22


44 口頭発表(一般)
フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡による超新星残骸「白鳥座ループ」の観測と放射機構の考察
日本物理学会
2011/09/18


45 口頭発表(一般)
CTA報告37:CTA大口径望遠鏡用ライトガイドの開発
日本物理学会
2011/03/24


46 口頭発表(一般)
CTA報告36:CTA大口径望遠鏡用分割鏡の開発
日本物理学会
2011/03/24


47 口頭発表(一般)
CTA報告34:CTA大口径望遠鏡のための焦点面検出器の開発
日本物理学会
2011/03/24


48 口頭発表(一般)
CTA報告34:CTA大口径望遠鏡のための焦点面検出器の開発
日本物理学会
2011/03/24