茨城大学
遺伝子実験施設

助教

古谷 綾子

フルタニ アヤコ
FURUTANI Ayako
  • Tel.029-888-8756

経歴

  1. 京都府立大学農学部 植物病理学研究室 共同研究員 2004/10-2006/03
  2. 日本学術振興会特別研究員(PD) 2006/04-2009/03
  3. 独立行政法人農業生物資源研究所 植物科学研究領域 植物・微生物間相互作用研究ユニット 特別研究員 2009/04-2011/10
  4. 茨城大学遺伝子実験施設 専任助教 2011/11/01-現在

学歴

  1. 京都府立大学 農学部 1999/03 卒業
  2. 京都府立大学 農学研究科 生物生産環境学 博士前期 2001/03 修了
  3. 京都府立大学 農学研究科 博士後期 2004/09 修了

学位

  1. 博士(農学) 京都府立大学 2004/09

教育・研究活動状況

農作物の病害制御技術の開発と耐病性作物育成のための第一歩として、病原微生物がどのようなメカニズムで植物に感染するのか、そして、植物は病原微生物に対してどのような防御応答をするのかという植物―微生物間の相互作用に関する基礎研究を行っている。

研究分野

  1. 植物病理学

研究キーワード

  1. 植物病原細菌
  2. イネ白葉枯病菌
  3. アブラナ科植物黒腐病菌
  4. タイプⅢ分泌機構
  5. タイプVI分泌機構
  6. エフェクター
  7. バイオコントロール

研究テーマ

  1. 植物病原細菌の病原性発現機構に関する研究
  2. 植物細菌病害の生物防除に関する研究

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Concomitant Regulation by a LacI-Type Transcriptional Repressor XylR on Genes Involved in Xylan and Xylose Metabolism and the Type III Secretion System in Rice Pathogen Xanthomonas oryzae pv. oryzae. Ikawa Y, Ohnishi S, Shoji A, Furutani A, Tsuge S. Mol. Plant-Microbe Interact. 31/ 6, 605-613 2018/04/03 10.1094/MPMI-11-17-0277-R
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characterization of two acetyltransferase genes in the pyripyropene biosynthetic gene cluster from Penicillium coprobium. Hu J, Furutani A, Yamamoto K, Oyama K, Mitomi M, Anzai H. Biotechnol. Biotechnol. Equip. 28/ 5, 818-826 2014/10/31 10.1080/13102818.2014.960140
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 StoS, a Hybrid Histidine Kinase Sensor of Xanthomonas oryzae pv. oryzae, Is Activated by Sensing Low O2 Concentration and Is Involved in Stress Tolerance and Virulence. Mol Plant Microbe Interact. 27/ 6, 537-545 2014/07
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Real Time Live Imaging of Phytopathogenic Bacteria Xanthomonas campestris pv. campestris MAFF106712 in 'Plant Sweet Home'. Akimoto-Tomiyama C, Furutani A, Ochiai H. PLoS One. 9/ 4, e94386 2014/04
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 XopR, a type III effector secreted by Xanthomonas oryzae pv. oryzae, suppresses microbe-associated molecular pattern-triggered immunity in Arabidopsis thaliana. Akimoto-Tomiyama C, Furutani A, Tsuge S, Washington EJ, Nishizawa Y, Minami E, Ochiai H. Mol Plant Microbe Interact. 25/ 4, 505-514 2012/04

研究発表

  1. ポスター発表 ヒトサイトカイン遺伝子導入イネの作出とその発現解析 日本生化学会大会 2017
  2. ポスター発表 Nicotiana tabacumとN.benthamiana間の接ぎ木によるRdDMを介した発現抑制 日本生化学会大会 2017
  3. 口頭発表(一般) 土壌から分離したStenotrophomonas属細菌によるアブラナ科野菜黒腐病の発病抑制効果についての検討 平成29年度日本植物病理学会関東部会 2017/09/23
  4. ポスター発表 白葉枯病菌の宿主イネへの感染時におけるリゾビトキシン生合成遺伝子ホモログの機能解析 第11回日本ゲノム微生物学会年会 2017/03/03
  5. 口頭発表(一般) Pantoea ananatis CTB1135株のVI型分泌系は競合する細菌の増殖抑制に関与する 平成28年度日本植物病理学会大会 2016/03/21

受賞

  1. 日本植物病理学会学術奨励賞 2009

所属学協会

  1. 日本植物病理学会