茨城大学
理工学研究科(理学野)
地球環境科学領域

准教授

長谷川 健

ハセガワ タケシ
HASEGAWA Takeshi

経歴

  1. 茨城大学 理学部 准教授 2013/04-現在
  2. 茨城大学 理学部 助教 2009/11-2013/03
  3. 北海道大学 大学院理学研究院 博士研究員 2007/04-2009/10

学歴

  1. 北海道大学 理学部物理系 日本
  2. 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻博士後期課程 博士後期 2007/06 修了 日本

学位

  1. 博士 北海道大学

教育・研究活動状況

火山学
特に、地質学的および岩石学的手法に基づく、火山の噴火史や深部マグマ系の解明と防災対策に関する教育および研究を行っています

研究分野

  1. 地質学
  2. 岩石・鉱物・鉱床学

研究キーワード

  1. 火山地質学、火成岩岩石学

研究テーマ

  1. 火山、特にカルデラを形成するような巨大噴火を起こした火山について、噴火史とマグマ供給系の解明および噴火の将来予測を行う

著書

  1. 特集「日本をおそった巨大噴火」、雑誌『科学』 岩波書店 2014
  2. Holocene: Perspectives, Environmental Dynamics and Impact Events Takshi Hasegawa Nova Science Publishers 2012
  3. 『日本地方地質誌 北海道地方』 日本地質学会編 朝倉書店 2010/11/25 16781-8

論文

  1. 堆積物から超大規模噴火の継続時間を読みとる方法 長谷川 健, 望月 伸竜, 大岩根 尚 地學雜誌 公益社団法人 東京地学協会 127/ 2, 273-288 2018 0022-135X URL The durations of caldera-forming eruptions that produce large volumes (> 100 km3) of pyroclastic ejecta are poorly understood due to the absence of direct observations. However, clarifying the timescale of these catastrophic hazardous events is essential for understanding associated eruption dynamics and links with the eruptible portions of the underlying magma system. Case studies addressing the time scale of caldera-forming eruptions are reviewed. Three Quaternary large volume caldera-forming eruption deposits from Yellowstone (US), Taupo (New Zealand) and Kutcharo (Japan) volcanoes are inferred from deposits to have lasted for periods of at least for months to years. However, these estimations are generally based on geological evidence, such as re-worked deposits between eruption units, and not quantitative evidence. Proposed here is a new method of timescale estimation based on paleomagnetic secular variation...
  2. 大規模カルデラ形成噴火と活動的後カルデラ火山:─北海道南西部,洞爺カルデラと有珠火山の地質概説および露頭紹介─ 長谷川 健, 松本 亜希子, 東宮 昭彦, 中川 光弘 地學雜誌 公益社団法人 東京地学協会 127/ 2, 289-301 2018 0022-135X URL <p> Toya caldera, eastern Hokkaido, was formed approximately 110 ka, and has two post-caldera volcanoes, Nakajima and Usu volcano. Caldera-forming eruptions ejected a large-scale Toya pyroclastic flow, and related co-ignimbrite ash which covered a wide area in northern Japan. Usu volcano is one of the most active volcanoes in Japan, and has had repeated magmatic eruptions during historical time since AD 1663. The latest major eruption occurred in AD 2000. General geology and representative outcrops of eruptive deposits from Toya caldera and its post-caldera volcanoes are introduced, on the basis of a training field course at the 6th IAVCEI Collapse Caldera Workshop held in September 2016.</p>
  3. IAVCEI(国際火山学地球内部化学協会)2017年大会参加報告 橋本 武志, 田中 良, 上澤 真平, 山田 大志, 長谷川 健, 小園 誠史, 萬年 一剛, 中道 治久, 隅田 まり, 鈴木 由希, 田島 靖久, 高木 朗充 火山 特定非営利活動法人 日本火山学会 62/ 4, 189-196 2017 0453-4360 URL
  4. 北海道東部,アトサヌプリ火山における水蒸気噴火の発生履歴::炭素年代および気象庁ボーリングコアからの検討 長谷川 健, 中川 光弘, 宮城 磯治 地質学雑誌 一般社団法人 日本地質学会 123/ 5, 269-281 2017 0016-7630 URL <p>北海道東部の活火山であるアトサヌプリ火山について,最近の爆発的噴火履歴,特に水蒸気噴火の発生履歴の再検討を行った.火口近傍の露頭および2本のボーリングコアを調査し,これまで未記載であった水蒸気噴火堆積物を新たに5層発見した.その結果,従来2回とされていた最新期の水蒸気噴火が,少なくとも最近2,700年間に7回を数えることができる.特に1,500~1,000年前の間は平均で100年に1回の噴火を繰り返す頻発期であり,最新の噴火は300~400年前であることも分かった.</p>
  5. 安達太良火山,12万年前噴火(岳(だけ)噴火)における噴火推移の復元 : 火口近傍露頭と山麓火砕流との対比による推察(<特集>火山噴火史解明のための露頭データベース構築の検討) 藤原 健一郎, 長谷川 健, 藤縄 明彦 火山 特定非営利活動法人 日本火山学会 59/ 4, 229-239 2014 0453-4360 URL We performed systematic sampling and description of the Adatara-Dake tephra outcrop on the summit of Adatara volcano, Fukushima Prefecture, Japan in order to reveal the detailed eruption sequence and temporal evolution of the magma system of this volcano that erupted 120ka BP. Even though there is no recognizable eruption hiatus represented by a paleosoil layer, pyroclastic fall characteristics at the outcrop permit to divide Adatara-Dake tephra into 19 layers: A to R; from bottom to top...

受賞

  1. 日本地質学会研究奨励賞 2008/09/20

所属学協会

  1. 日本鉱物科学会
  2. 日本火山学会
  3. 日本地質学会

委員歴

  1. 日本地質学会 火山部会幹事 2008/10-現在