茨城大学
名誉教授

顔写真
名誉教授

友田 陽

トモタ ヨウ
TOMOTA Yo

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

経歴

  1. カリフォルニア大学ローレンスバークレイ研究所客員研究員 1982/07-1983/11
  2. ワシントン大学客員教授 1997/03-1981/01

学歴

  1. 京都大学 工学部 冶金 1970
  2. 京都大学 工学研究科 金属加工 1972 修了

学位

  1. 工学修士 京都大学
  2. 工学博士 京都大学

教育・研究活動状況

材料強度物性、環境調和型材料(エコマテリアル)開発、中性子回折・散乱、鉄鋼をはじめとする材料工学に関するの研究教育

研究分野

  1. 構造・機能材料

研究キーワード

  1. 材料強度物性学、中性子回折散乱、鉄鋼材料

研究テーマ

  1. 中性子回折の材料工学への応用
  2. 鉄鋼材料、軽金属材料および複合材料 各種工業材料の組織制御と力学特性の研究
  3. エコマテリアルとスマートマラリアル

共同・受託研究希望テーマ

  1. 中性子回折の材料工学への応用 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究,共同研究

著書

  1. Recrystallization Behavior during Warm Compression of Martensite Steels Recrystallization Intech, Croatia. www.intechweb.org 2011
  2. 機械工学ハンドブック 浅倉書店 2011
  3. Springer handbook of Metrology and Testing Springer 2011
  4. In situ Neutron Diffraction during Thermo-    mechanically Controlled Process for Low Alloy Steels, In situ Studies with Photons, Neutrons and Electron Scattering, edited by T.Kannengiesser, S.S.Babu, Y.Komizo and A.J.Ramirez Springer 2011
  5. 計算工学による組織と特性予測技術の最前線 友田 陽ほか 日本鉄鋼協会 2010

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Deformation induced Grain Coalescence in an Electrodeposited Pure Iron studied by in-situ Neutron Diffraction and EBSD Acta mater. 60, 3393-3401 2011/03
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Stress partitioning behavior in an FCC alloy evaluated by in situ / ex situ EBSD-Wilkinson method, Acta mater. 59, 4177-4185 2011
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Tensile Behavior of a TRIP-aided Ultra-fine Grained Steel Studied by Neutron Diffraction ISIJ Int. 51, 145-150 2011
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effect of ausforming on nanobainite steel Scripta mater. 63, 819-822 2010
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hydrogen Behavior in an Ultrafine-Grained Electrodeposited Pure Iron ISIJ Int., 51, 1535-1540 2011

受賞

  1. 日本金属学会金属組織写真奨励賞 2011/03/25
  2. 日本鉄鋼協会俵論文賞 2011/03/25
  3. 澤村論文賞 Heterogeneous Deformation Behavior Studied by In Situ Neutron Diffraction during Tensile Deformation of Steels ISIJ Int., 48(2008), pp.525-530 2009/03
  4. 谷川ハリス賞 高温における金属学の進歩 2008/03
  5. 学術功績賞(日本鉄鋼協会) 2004

所属学協会

  1. 日本鉄鋼協会
  2. 日本金属学会
  3. 中性子科学会
  4. 日本機械学会
  5. 日本材料学会