茨城大学
地球変動適応科学研究機関(ICAS)

顔写真
准教授

田村 誠

タムラ マコト
TAMURA Makoto

経歴

  1. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 副機関長/准教授 2017/04/01-2019/03/31
  2. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 准教授 2009/04/01-現在
  3. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 特任研究員 2007/03/01-2009/03/01
  4. 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム 助手 2004/04/01-2007/02/28

学歴

  1. 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 博士 2004/03 修了
  2. 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 修士 2001/03 修了
  3. 東京大学 教養学部 基礎科学科第二 1999/03 卒業

学位

  1. 博士(学術) 東京大学 2004/03
  2. 修士(学術) 東京大学 2001/03/31

教育・研究活動状況

サステイナビリティ学教育プログラムを推進しています。
http://www.grad.ibaraki.ac.jp/gpss/

研究分野

  1. 環境影響評価・環境政策
  2. 社会システム工学・安全システム

研究キーワード

  1. 気候変動問題の緩和策と適応策の影響・有効性評価 環境政策の経済学的分析 サステイナビリティ学

研究テーマ

  1. 気候変動の対応策 気候変動への対応策(緩和策、適応策)について、社会経済的な視点から分析を行う。 2007/03-現在
  2. サステイナビリティ学教育
  3. サステイナビリティ学

著書

  1. ポスト震災社会のサステイナビリティ学:地域と大学の新たな協働をめざして 田村誠, 伊藤哲司, 木村競,加藤禎久,坂上伸生編,三村信男監修 国際文献社 2014/03/25 978-4-902590-36-4
  2. Core competencies, In: Komiyama H, Takeuchi K, Shiroyama H, Mino T (eds) Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach Tamura,M., Uegaki,T. United Nations University Press 2011/02/15
  3. サステイナビリティ学をつくる-持続可能な地球・社会・人間システムを目指して- 三村信男,伊藤哲司,田村誠,佐藤嘉則 新曜社 2008/06/05 978-4-7885-1110-1
  4. 「21世紀の諸課題とサステイナビリティ学」『サステイナビリティ学をつくる-持続可能な地球・社会・人間システムを目指して-』(三村信男・伊藤哲司・田村誠・佐藤嘉則編) 田村誠, 三村信男 新曜社 2008/06/05 978-4-7885-1110-1
  5. 茨城大学発: 持続可能な世界へ 茨城大学ICAS編 茨城新聞社 2010/10/12 978-4-87273-257-3 茨城大学と茨城新聞が協力して、茨城新聞の毎週火曜日に2007年6月から2009年8月までの合計103回にわたって「茨城大学発―持続可能な世界へ」という題名でサステイナビリティに関する長期連載を行ってきた。本書は、連載記事を加筆、再編集したものである。

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identifying the Sources of Energy Use Change: Multiple Calibration Decomposition Analysis and Structural Decomposition Analysis S.Okushima, M.Tamura Structural Change and Economic Dynamics 22/ 4, 313-326 2011/08/02
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Multiple Calibration Decomposition Analysis: Energy Use and Carbon Dioxide Emission in the Japanese Economy, 1970-95 S.Okushima, M.Tamura Energy Policy 35/ 10, 5156-5170 2007/06/25
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 What Causes the Change in Energy Demand in the Economy?: The Role of Technological Change S.Okushima, M.Tamura Energy Economics 32/ S1, S41-S46 2010/09/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Double Calibration Approach to the Estimation of Technological Change S.Okushima, M.Tamura Journal of Policy Modeling 31/ 1, 119-125 2009/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Development of an Educational Model for Sustainability Science: Challenges in the Mind-Skills-Knowledge Education at Ibaraki University Tamura,M., Uegaki,T. Sustainability Science 7/ 2, 253-265 2012/01/24

研究発表

  1. 口頭発表(一般) What Are the Sources of Energy Use Change in the Economy? Multiple Calibration Decomposition Analysis 30th Conference of the International Association for Energy Economics 2007/02/20
  2. 口頭発表(一般) Mitigation and Adaptation Strategies in Response to Climate Change: Japan's Case 2nd Asian Conference of the International Association for Energy Economics 2008/11/07
  3. 口頭発表(一般) What Causes the Change in Energy Demand in the Economy? 1st Asian Conference of the International Association for Energy Economics 2007/11/06
  4. 口頭発表(一般) A Decomposition Analysis of Energy Use in the Japanese Economy 12th International Conference on Computing in Economics and Finance 2006/06/24
  5. 口頭発表(一般) Decomposing Change in Energy Use in the Japanese Economy: A Double Calibration Approach 25th Annual North American Conference of the USAEE/IAEE 2005/09/21

担当授業科目

  1. 環境と経済のサステイナビリティ
  2. 国際実践教育演習
  3. 持続社会システム論II
  4. 持続可能なコミュニティ・デザイン論
  5. 国内実践教育演習

所属学協会

  1. 国際エネルギー経済学会(International Association for Energy Economics) 2005-現在
  2. 環境経済・政策学会 2000-現在
  3. アメリカ地球物理学連合 2014/08/01-現在