茨城大学
地球変動適応科学研究機関(ICAS)

顔写真
准教授

田村 誠

タムラ マコト
TAMURA Makoto

経歴

  1. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 副機関長/准教授 2017/04/01-2019/03/31
  2. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 准教授 2009/04/01-現在
  3. 茨城大学地球変動適応科学研究機関 特任研究員 2007/03/01-2009/03/01
  4. 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム 助手 2004/04/01-2007/02/28

学歴

  1. 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 博士 2004/03 修了
  2. 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 修士 2001/03 修了
  3. 東京大学 教養学部 基礎科学科第二 1999/03 卒業

学位

  1. 博士(学術) 東京大学 2004/03
  2. 修士(学術) 東京大学 2001/03/31

教育・研究活動状況

サステイナビリティ学教育プログラムを推進しています。
http://www.grad.ibaraki.ac.jp/gpss/

研究分野

  1. 環境影響評価・環境政策
  2. 社会システム工学・安全システム

研究キーワード

  1. 気候変動問題の緩和策と適応策の影響・有効性評価 環境政策の経済学的分析 サステイナビリティ学

研究テーマ

  1. 気候変動の対応策 気候変動への対応策(緩和策、適応策)について、社会経済的な視点から分析を行う。 2007/03-現在
  2. サステイナビリティ学教育
  3. サステイナビリティ学

競争的資金等の研究課題

  1. 気候変動適応策の有効性と限界 科研費 基盤研究(B)一般 科学研究費補助金 2014/04/01-2018/03/31
  2. 東アジアにおける持続可能な気候変動への緩和策・適応策の統合評価 科研費 若手研究(B) 科学研究費補助金 2010/07/01-2013/03/31
  3. 気候変動適応策の隘路と打開策 科研費 基盤研究(C)一般 科学研究費補助金 2012/04/01-2015/03/31
  4. 環境省環境研究総合推進費「グリーンインフラによる減災効果」 科研費以外 環境省 「環境省」環境研究総合推進費(2-1712) 2017/04/01-2020/03/31
  5. 文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム」モデル自治体「茨城県における農業を主とした気候変動適応の推進体制構築及び汎用的な影響・適応策評価技術開発支援」 科研費以外 環境省 文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム」 2015/11/05-2016/03/31

著書

  1. ポスト震災社会のサステイナビリティ学:地域と大学の新たな協働をめざして 田村誠, 伊藤哲司, 木村競,加藤禎久,坂上伸生編,三村信男監修 国際文献社 2014/03/25 978-4-902590-36-4
  2. Core competencies, In: Komiyama H, Takeuchi K, Shiroyama H, Mino T (eds) Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach Tamura,M., Uegaki,T. United Nations University Press 2011/02/15
  3. サステイナビリティ学をつくる-持続可能な地球・社会・人間システムを目指して- 三村信男,伊藤哲司,田村誠,佐藤嘉則 新曜社 2008/06/05 978-4-7885-1110-1
  4. 「21世紀の諸課題とサステイナビリティ学」『サステイナビリティ学をつくる-持続可能な地球・社会・人間システムを目指して-』(三村信男・伊藤哲司・田村誠・佐藤嘉則編) 田村誠, 三村信男 新曜社 2008/06/05 978-4-7885-1110-1
  5. 茨城大学発: 持続可能な世界へ 茨城大学ICAS編 茨城新聞社 2010/10/12 978-4-87273-257-3 茨城大学と茨城新聞が協力して、茨城新聞の毎週火曜日に2007年6月から2009年8月までの合計103回にわたって「茨城大学発―持続可能な世界へ」という題名でサステイナビリティに関する長期連載を行ってきた。本書は、連載記事を加筆、再編集したものである。

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identifying the Sources of Energy Use Change: Multiple Calibration Decomposition Analysis and Structural Decomposition Analysis S.Okushima, M.Tamura Structural Change and Economic Dynamics 22/ 4, 313-326 2011/08/02
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Multiple Calibration Decomposition Analysis: Energy Use and Carbon Dioxide Emission in the Japanese Economy, 1970-95 S.Okushima, M.Tamura Energy Policy 35/ 10, 5156-5170 2007/06/25
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 What Causes the Change in Energy Demand in the Economy?: The Role of Technological Change S.Okushima, M.Tamura Energy Economics 32/ S1, S41-S46 2010/09/01
  4. (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等 共著 Global distribution of projected dynamic ocean sea level changes using multiple climate models and economic assessment of sea level rise Yokoki,H., M.Tamura, M.Yotsukuri, N.Kumano, Y.Kuwahara CLIVAR Exchanges 74, 36-39 2018/03/04
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Developing Joint Educational Programs in Sustainability Science across Different Universities - A Case Study from Japan Tamura,M., M.Onuki, M.Sekiyama, K.Hara, M.Uwasu, N.Tsuji, G.Ishimura, N.Tanaka, A.Mori, T.Mino Sustainability Science 13/ 3, 849-860 2018/04/30 https://doi.org/10.1007/s11625-017-0503-8

研究発表

  1. 口頭発表(一般) What Are the Sources of Energy Use Change in the Economy? Multiple Calibration Decomposition Analysis 30th Conference of the International Association for Energy Economics 2007/02/20
  2. 口頭発表(一般) Mitigation and Adaptation Strategies in Response to Climate Change: Japan's Case 2nd Asian Conference of the International Association for Energy Economics 2008/11/07
  3. 口頭発表(一般) What Causes the Change in Energy Demand in the Economy? 1st Asian Conference of the International Association for Energy Economics 2007/11/06
  4. 口頭発表(一般) A Decomposition Analysis of Energy Use in the Japanese Economy 12th International Conference on Computing in Economics and Finance 2006/06/24
  5. 口頭発表(一般) Decomposing Change in Energy Use in the Japanese Economy: A Double Calibration Approach 25th Annual North American Conference of the USAEE/IAEE 2005/09/21

担当授業科目

  1. サステイナビリティ学入門
  2. 環境と経済のサステイナビリティ:気候変動編
  3. 環境と経済のサステイナビリティ:エネルギー編
  4. 環境・経済・社会
  5. 地域サステイナビリティ概論

所属学協会

  1. 国際エネルギー経済学会(International Association for Energy Economics) 2005-現在
  2. 環境経済・政策学会 2000-現在
  3. アメリカ地球物理学連合 2014/08/01-現在

報道出演・資料(DB等)提供

  1. 毎日新聞 新聞 2018/04/26
  2. 毎日新聞 新聞 2018/04/05
  3. 朝日新聞 新聞 2015/12/17
  4. 朝日新聞 新聞 2015/12/09
  5. NHKスペシャル 「巨大災害Mega disasters : 地球大変動の衝撃 第1集 異常気象"暴走"する大気と海の大循環」. テレビ 2014/08/30