Ibaraki University's
College of Engineering
Department of Intelligent Systems Engineering

顔写真
Professor

SUZUKI Tomoya


Career

  1. 東京電機大学 工学部 電子工学科 助手 2005/04/01-2006/03/31
  2. 同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科 専任講師 2006/04/01-2009/03/31
  3. 茨城大学 工学部 知能システム工学科 准教授 2009/04/01-Present

Academic background

  1. Science University of Tokyo Faculty of Science Department of Applied Physics 2000/03 Graduated
  2. Science University of Tokyo Graduate School, Division of Natural Science Faculty of Physics Master course 2002/03 Completed
  3. Science University of Tokyo Graduate School, Division of Natural Science Faculty of Physics Doctor course 2005/03 Completed

Academic degrees

  1. Doctor of Science Science University of Tokyo 2005/03

Current state of research and teaching activities


複雑現象のメカニズムを探り,新しい人工物の創造に役立てる
[研究対象] 株式市場,為替市場,脳,交通網,人間関係,天気・地震,etc ...
これらのシステムは,どれも複数の要素が影響し合って,非常に複雑な振舞いを我々に見せます.このような複雑システムを"ネットワーク"とみなし,複雑な振舞いを生成するメカニズムを分析することで,予測や制御を可能にしたり,さらには新しい人工物の創造のアイデアを得ます.

Research Areas

  1. Sensitivity Informatics/Soft Computing

Research keywords

  1. 複雑系, 金融工学, 非線形データ解析, データマイニング, 機械学習, 最適化問題,金融テクニカル分析

Subject of research

  1. 非線形科学を駆使した金融工学
  2. 非線形テクニカル分析 〜 新しいテクニカル指標の提案
  3. 可視化アートによる複雑系の理解
  4. 欠損やノイズなど制約のあるデータに対する非線形時系列解析 不等時間間隔データ,非線形時系列解析,カオス,フラクタル,力学系
  5. 進化的計算手法による株価予測モデルの動的最適化 因果構造の同定,非線形予測モデルの最適化,遺伝的アルゴリズム
  6. 多変量複雑システムの動的可視化 世の中には多くの情報が存在しており,それらの情報を分析し,情報が持つ意味を把握することは研究者にとって非常に重要である.しかし,各分野で取り扱われるデータは多次元である場合が多く,一見しただけではその情報が持つ意味を理解することは困難である.このようなデータに関する予備知識が無い中で,それらのデータを分類し,特徴の抽出を行うデータマイニングの手法が広く研究されており,その一つが自己組織化マップ(Self-Organizing Maps: SOM) である.SOM は高次元データを低次元空間内に写像し,その特徴を視覚化することができるため,多変量データ間の相関構造を人間が直感的に理解しやすくなるという利点を持つ. 本研究では,実際にSOM を用いて多変量データである株式市場の相関構造を可視化する.また株式市
  7. 多目的最適化問題におけるカオスニューラルネットワークの活用法 代表的な多目的最適化問題の解法として多目的GAが挙げられるが,最適化したい問題に応じて,コーディングが困難な場合がある.また,カオスニューラルネットワーク(CNN)は組合せ最適化問題の近似解法として使用されているが,多目的最適化問題への応用は十分に検討されていない.そこで本研究では,コーディングが困難な際に選択できる解法を増やすためにも,多目的最適化問題においてCNNを活用する方法を検討する.
  8. 集団学習を用いた非線形時系列解析手法の検討 入手できるデータ数が少ない状況においても,データに内在する非線形性の分析や予測精度の向上を図るべく,統計的手法である集団学習の概念を応用して効果的な非線形時系列解析手法を検討する.
  9. ネットワーク構造の推定を基盤とした複雑システムの理解とその応用 複雑ネットワーク,カオス結合系,非線形時系列解析

Bibliography

  1. テクニカルアナリスト第2次通信教育講座テキスト(第2分冊) 1ページ〜142ページ 日本テクニカルアナリスト協会 2015/03/20

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Biased Reactions to Abnormal Stock Prices Detected by Autoencoder,'' Journal of Signal Processing Hiroyuki Gotou, Tomoya Suzuki Journal of Signal Processing 20/ 4, 157-160 2016
  2. Research paper (international conference proceedings) Joint Biased Reactions to Abnormal Stock Prices Detected by Autoencode Hiroyuki Gotou, Tomoya Suzuki Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2016/11/30
  3. Research paper (international conference proceedings) Joint Principal Component Stock Portfolio Based on Nonlinear Prediction Kazuki Yanagisawa, Tomoya Suzuki Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2016/11/30
  4. Research paper (international conference proceedings) Joint Technical Trading Strategy Using Reactions to Stock Price Jumps Tokimaru Tsuruta, Tomoya Suzuki Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2016/11/30
  5. Research paper (international conference proceedings) Joint Evidence of Enhancing Nonlinear Predictability of Stock Price Movements by the Principal Component Analysis Kazuki Yanagisawa, Tomoya Suzuki Proceedings of International Symposium on Nonlinear Circuits and Signal Processing 2016/03

Research presentations

  1. Oral presentation(general) オートエンコーダによる金融市場のジャンプ検出および直後の反動 2016年度人工知能学会全国大会 2016/06
  2. Oral presentation(invited, special) Ensemble Neural Networks for Identifying Market Patterns and their Confidence The IFTA 2015 Annual Conference 2015/10/30
  3. Oral presentation(general) DCCモデルを適用した非線形ポートフォリオモデルによるロングショート戦略 電子情報通信学会 非線形問題研究会 2014/01
  4. Oral presentation(general) 非線形ポートフォリオモデルを用いた外国為替自動取引システムの構築 電子情報通信学会 非線形問題研究会 2014/01
  5. Oral presentation(invited, special) Spatiotemporal Technical Analyses based on Deterministic Prediction Theory The IFTA 2013 Annual Conference 2013/10

Prizes

  1. 第72回情報処理学会全国大会 大会優秀賞 2010
  2. (財)科学技術振興会 小玉記念科学賞 2002/03
  3. (社)電子情報通信学会 学術奨励賞 2004/03
  4. NCSP'04 Student Paper Award 2004/03
  5. 平成12年度東京理科大学FRCCSポスター賞(複雑系部門) 2001/01

Alloted class

  1. 数学解析I
  2. 応用ネットワークシステム
  3. 計算機科学特論II

Memberships of academic societies

  1. 情報処理学会
  2. 電子情報通信学会
  3. 日本テクニカルアナリスト協会 2012/04/01-Present
  4. 日本物理学会
  5. 人工知能学会

Committee Career

  1. 日本テクニカルアナリスト協会 評議員,数理研究部 幹事 2012/08-Present
  2. 情報処理学会 運営委員,論文誌編集委員 2006/04-Present