茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程 教科教育コース 家政教育教室

教授

木村 美智子

キムラ ミチコ
KIMURA Michiko

経歴

  1. お茶の水女子大学家政学部被服学科・文部技官 1983/04/01-1984/03/31
  2. 放送大学・非常勤講師 1987/08/01-1988/03/31
  3. 桜の聖母短期大学・非常勤講師 1988/04/01-1989/03/31
  4. 桜の聖母短期大学・講師 1989/04/01-1993/03/31
  5. 太田看護専門学校・非常勤講師 1990/04/01-現在
  6. 桜の聖母短期大学・助教授 1993/04/01-1999/03/31
  7. お茶の水女子大学生活科学部・非常勤講師 1995/10/01-1999/03/31
  8. 東北文化学園大学科学技術学部・講師 1999/04/01-2004/03/31
  9. 東北文化学園大学・助教授 2004/04/01-2009/03/31
  10. 茨城大学教育学部・准教授 2009/04/01-2012/03/31
  11. お茶の水女子大学生活科学部・非常勤講師 2010/10/01-現在
  12. 茨城大学教育学部・教授 2012/04/01-現在

学歴

  1. お茶の水女子大学 家政学部 被服学科 1981/03 卒業
  2. お茶の水女子大学 家政学研究科 被服学 修士 1983/03 修了
  3. お茶の水女子大学 人間文化研究科 人間環境学 博士 1989/03 修了

学位

  1. 学術博士 お茶の水女子大学 1989/03

教育・研究活動状況

環境に配慮したライフスタイルを構築するための研究を展開しています。その1つは環境負荷を低減する洗濯方式に関する研究、2つ目は天然資源を有効に活用する染色方法に関する研究、3つ目に環境教育の視点に立った家庭科教育の研究を進めています。

研究分野

  1. 衣・住生活学
  2. 家政・生活学一般
  3. 教科教育学
  4. 科学教育

研究キーワード

  1. 洗浄科学,被服学,生活環境学,環境教育

研究テーマ

  1. 環境に配慮したライフスタイルの構築に関する研究 生活者の立場から環境との関わりを探求する視点をもち、環境教育を再構築することを目的としている。研究ではまず、環境教育や消費者教育、家庭科教育が大学生の環境意識や環境配慮行動にどのように影響しているかを明らかにする。そのうえで、生活者の意識と環境配慮行動をつなぐ仕組みを構築し、環境配慮行動を阻害している要因を明らかにする。 2011/04-2014/03
  2. マイクロバブルを用いた布の洗浄性 布に付着した油汚れ及びタンパク質汚れの除去におけるマイクロバブルの効果を検討 2012/03/01-現在

著書

  1. 平成25年度中学校学習指導要領実施状況調査報告書 文科省国立教育政策研究所 中学校 技術・家庭(家庭分野) 国立教育政策研究所 2018/03
  2. 中学校 新学習指導要領の展開 杉山久仁子ほか10名 明治図書 2017/12 978-4-18-334912-5
  3. 平成29年度改訂 中学校教育課程実践講座 技術・家庭 古川稔・杉山久仁子編著 ぎょうせい 2017/12/15 978-4-324-10325-8
  4. 早わかり&実践 新学習指導要領解説 中学校技術・家庭 家庭分野 長澤由喜子・木村美智子・鈴木真由子・田中宏子・永田晴子・中村恵子・横山真貴子 開隆堂 2017/10/10 978-4-304-02151-0
  5. 早わかり&実践 新学習指導要領解説 小学校家庭 長澤由喜子・木村美智子・鈴木真由子・永田晴子・中村恵子 開隆堂 2017/10/10 978-4-304-02152

論文

  1. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 家庭科における被服整理領域の問題と今後の課題 木村美智子 第47回被服整理学夏季セミナー講演要旨集 日本家政学会被服整理学部会 30-35 2018/08/29 平成29年3月に改訂された学習指導要領では、どのような資質・能力を身に付けることを目標としているのか、また家庭科における衣生活分野の位置づけを検証する中で被服整理領域の問題や今後の課題を考察した。
  2. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 被洗物の物性・特徴 木村美智子 洗浄に関するシンポジウム50回記念論文集 日本油化学会洗浄・洗剤部会 28-33 2018/08/15 「洗浄シンポジウム」において平成20年~平成30年までに発表されたオリジナルレポートとポスター発表を取り上げ、衣料素材、表面改質、防カビ・抗菌性、すすぎ工程における洗剤の残留性に分類し、その内容を概観した。
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 小学校新学習指導要領家庭科における記述内容の特徴と指導上の課題 佐藤 裕紀子・木村 美智子・石島 恵美子・齋藤 芳徳 茨城大学教育学部紀要(教育科学) 67, 349-361 2018/03/31
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 中学生の基礎縫い技能の実態と動画教材を用いた指導の試み 川端博子,中谷俊裕,祖父江仁成,木村美智子,友光理恵 埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 16, 111-116 2017/03/31
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 中学校家庭科における「日常着の手入れ」に関する課題について 小林祥子,木村美智子 茨城大学教育学部実践研究 35, 137-144 2017/03/31

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 ファッションと循環型社会 茨城エコ・カレッジ2019 2019/07/06 不用になった衣服の再資源化が必要な社会的背景を取り上げた
  2. ポスター発表 ファインバブルを用いた布の洗浄性 第50回洗浄に関するシンポジウム 2018/08/30
  3. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 家庭科における被服整理学領域の問題と今後の課題 日本家政学会第47回被服整理学夏季セミナー 2018/08/29
  4. 口頭発表(招待・特別) ファインバブルによる布の洗浄性 日本学術振興会染色堅ろう度第134委員会第3回研究発表会 2018/05/28 ファインバブル水を利用した布の洗浄性について検討した
  5. ポスター発表 洗濯への理解を深める教材の開発と有効性について 第49回洗浄に関するシンポジウム 2017/10/26

受賞

  1. 日本環境共生学会発表論文賞 子どもの遊びに着目した環境教育のあり方―遊び場づくりゲーミングによる地域市民の子ども性想起 2006/09
  2. お茶の水女子大学大学院人間文化研究科奨学金 洗浄におけるビルダーの再汚染防止作用 1995/11
  3. お茶の水女子大学家政学部被服学奨学金 洗浄過程におけるビルダーの役割に関する研究 1989/11

担当授業科目

  1. 衣生活論
  2. 被服構成学基礎
  3. アパレル科学
  4. 被服学特論
  5. 初等家庭科内容研究

教科書・教材

  1. 技術・家庭科 家庭分野 2016/02/05 中学校技術・家庭科 家庭分野の教科書

所属学協会

  1. 日本繊維製品消費科学会 2010/04-現在
  2. 日本家庭科教育学会 2010/04-現在
  3. 日本環境共生学会 2003/04-現在
  4. 日本環境教育学会 2003/04-2018/03
  5. 日本生活学会 2002/04-2014/03

委員歴

  1. 日本油化学会 洗浄・洗剤部会長 2019/04/01-現在
  2. 日本環境共生学会 副会長 2019/04/01-現在
  3. 日本環境共生学会 理事 2007/05-現在
  4. 日本油化学会 洗剤・洗浄部会幹事 2007/04-現在

学外教育

  1. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 令和1年度免許状更新講習 2019
  2. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 平成30年度免許状更新講習 2018
  3. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 平成29年度免許状更新講習 2017
  4. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 平成28年度免許状更新講習 2016
  5. 茨城大学主体の社会教育(公開講座以外) 平成27年度免許状更新講習 2015