茨城大学
人文社会科学部
現代社会学科

教授

古賀 純一郎

コガ ジュンイチロウ
KOGA Junichiro

経歴

  1. 共同通信社宇都宮支局、大阪社会部、大阪経済部、経済部、外信部、ロンドン支局など 1977/04/01-2009/03/31
  2. 茨城大学人文学部教授 2009/04/01-現在

学歴

  1. 東京大学 経済学部 経済学科 1977/03 卒業 日本

学位

  1. 東京大学経済学士

教育・研究活動状況

立教大学社会学部非常勤講師(2006年9月-2008年3月)、国際情勢をレクチャーする茨城県民大学講座「ワールド・ウォッチング」の講師(09年9月~)、長崎県立大学国際情報学部非常勤講師「国際情報論」、茨城新聞・読者と報道委員会委員(2010年4月-2012年3月)、つくば国際大学非常勤講師「メディア論Ⅰ、Ⅱ」(2012年4月~)など

研究分野

  1. 社会学

研究キーワード

  1. ジャーナリズム論 企業と政治 財界論 企業の社会的責任論 政治献金

研究テーマ

  1. アイダ・ターベル研究 100年前に米国で活躍した調査報道のパイオニア。当時、米国の石油市場の90%を牛耳っていたトラスト、スタンダード石油の反社会的な経営手法を調査報道によって白日の下にさらし、歴史的な最高裁判所のトラスト解体の端緒を作った。 2008/04-現在
  2. 地域ジャーナリズム研究 地域連携の一環から地方紙など地域メディアの在り方などを研究考察している。 2015/04/01-現在

著書

  1. メディア激震 NTT出版 2009/07
  2. 金融CSR総覧 古賀純一郎など66人 経済法令研究会 2007/01 「行政のCSR」「CSRがはぐくむ企業文化」「自動車、鉄鋼、電力・ガス、石油、医薬品など15業界のCSRへの取り組みを紹介」
  3. CSRの最前線 NTT出版 2005/09 企業の社会的責任論について紹介
  4. 政治献金 岩波書店 2004/05 政治献金のあらまし、最近までの動きを紹介
  5. 40代宰相論 東洋経済新報社 2002/10

論文

  1. アイダ・ターベル研究(Ⅱ)-④ターベルの故郷、石油の聖地を訪問③ 古賀純一郎 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』第22号 22, 43-65 2017/03
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 地域ジャーナリズムの現在 古賀純一郎 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』第21号 21, 9-35 2016/09
  3. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 アイダ・ターベル研究(Ⅱ)③『The History fo the Standard Oil Company』の解剖② 古賀純一郎 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』第20号 茨城大学人文学部 20, 41-60 2016/03
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 アイダ・ターベル研究(Ⅱ)-②『The History of the Standard Oil Company』の解剖① 古賀純一郎 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』第19号 茨城大学人文学部 19, 23-50 2015/09
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 アイダ・ターベル研究(Ⅱ)-米革新主義とターベル 古賀純一郎 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』第18号 茨城大学人文学部 18, 87-109 2015/03

担当授業科目

  1. ジャーナリズム論
  2. 外国メディア論
  3. 政治とメディア
  4. メディア文化論演習
  5. 総合英語

所属学協会

  1. 日本マスコミ学会、社会情報学会、法と経済学会 2007/04-現在

委員歴

  1. 日本マスコミ学会 国際委員会 2013/04/01-現在