茨城大学
広域水圏環境科学教育研究センター

准教授

加納 光樹

カノウ コウキ
KANOU Kouki

経歴

  1. 財団法人自然環境研究センター 2004/04-2008/03

学歴

  1. 東京水産大学 水産学部 資源育成学科 1998/03 卒業
  2. 東京水産大学大学院 水産学研究科 資源育成学専攻 博士前期 2000/03 修了
  3. 東京大学大学院 農学生命科学研究科 農学国際専攻 博士後期 2003/03 修了

学位

  1. 修士(水産学) 東京水産大学
  2. 博士(農学) 東京大学

教育・研究活動状況

生物多様性の保全や漁業資源の持続的利用を主目的として、1)内湾や河口汽水域における魚類の初期生活史研究や、2)干潟域における魚類群集構造の形成機構に関する研究を行っています。3)陸水域において在来生物群集に大きな影響を及ぼしうる外来種については、その生物学的特徴や影響を調査しながら、効果的な対策手法を検討しています。

研究分野

  1. 魚類学
  2. 保全生物学
  3. 水産学
  4. 環境影響評価・環境政策

研究キーワード

  1. 水生生物 水産有用種 絶滅危惧種 生物多様性保全 外来種問題 

研究テーマ

  1. 内湾や河口汽水域における魚類の初期生活史研究 水産有用種や絶滅危惧種を含む仔稚魚の分類学的研究を行ってきました。また、内湾や河口汽水域における仔稚魚の時空間的な分布様式やそれらに関連する環境要因を明らかにするために、湾表層から底層、湾岸の干潟域、人工海浜、砂浜海岸、アマモ場、護岸帯、岩礁帯などで仔稚魚相調査を行ってきました。これらの研究によって、東京湾については、主要な魚種の生息場所やその利用様式が解明されつつあります。
  2. 干潟域における魚類群集構造の形成機構に関する研究 干潟域のキーストーン種であるマハゼやその近縁種の摂餌生態、時空間的な分布様式、他の魚類や底生無脊椎動物との種間相互作用を、室内実験や野外実験によって調べています。内湾の物質循環を視野に入れた干潟域の食物網の研究、魚類の回遊履歴の研究などにも取り組んでいます。
  3. 陸水域の外来種問題の解決に向けた研究 陸水域では、諸外国から持ち込まれた外来種が在来生物群集に大きな影響を及ぼしています。絶滅危惧種の生息域保全や水産資源の持続的利用のために、外来種が他の水生生物に及ぼす影響を調査し、効果的な対策手法を検討しています。

共同・受託研究希望テーマ

  1. 湖岸域の植物帯及び自然再生護岸が魚類の成育場として果たす役割についての研究 (キーワード) 仔稚魚、成育場、ヨシ帯、沈水植物、自然再生 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究,その他
  2. 汽水魚類の生息環境の保全・再生に関する研究 (キーワード) 干潟域、絶滅危惧種、水産有用種、生息環境 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究,その他
  3. 外来魚の生息状況調査及び効果的防除手法の開発に関する研究 (キーワード) 外来魚、生息状況、効果的防除手法 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究,その他

著書

  1. 茨城における絶滅のおそれのある野生生物 動物編 加納光樹・増子勝男・稲葉 修・諸澤崇裕・棗田孝晴・碓井星二・金子誠也 淡水・汽水魚類 茨城県生活環境部環境政策課 2016/03
  2. 魚類の初期生活史研究.成育場としての泥質干潟域の重要性 加納光樹,上原匡人 恒星社厚生閣 2015
  3. 日本産稚魚図鑑 第二版 加納光樹 東海大学出版会 2014/03/30
  4. 「エビ・カニ・ザリガニ 淡水甲殻類の保全と生物学」 2.6 外来ザリガニ問題と外来生物法 中山聖子, 水谷知生, 吉田剛司, 加納光樹 生物研究社 2011/12
  5. 東京湾の魚類 河野博、加納光樹、横尾俊博他(第2著者、他36名) 平凡社 2011/12

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 富栄養湖のヨシ帯における魚類相のモニタリング方法の比較 加納光樹, 碓井星二, 川島裕太,横井謙一 魚類学雑誌 64, 印刷中 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 茨城県北浦におけるチャネルキャットフィッシュの年齢と成長 遠藤友樹, 加納光樹, 所 史隆, 荒井将人, 片山知史 日本水産学会誌 83, 印刷中 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Food habits of salt marsh fishes in Lake Hinuma, Ibaraki Prefecture, central Japan Kaneko S., K. Kanou and M. Sano Fisheries Science 82, 631-637 2016
  4. 研究論文(学術雑誌) 日本における特定外来生物チャネルキャットフィッシュのミトコンドリアDNAハプロタイプの分布 向井貴彦, Abinash Padhi, 臼杵崇広, 山本大輔, 加納光樹, 萩原富司, 榎本昌宏, 松崎慎一郎 魚類学雑誌 63, 81-87 2016
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effects of habitat change from a bare sand/mud area to a short seagrass Halophila ovalis bed on fish assemblage structure: a case study in an intertidal bay in Trang, southern Thailand Horinouchi M, P Tongnunui, K Furumitsu, K Kon, Y Nakamura, K Kanou, A Yamaguchi, K Seto, K Okamoto and M Sano Ichthyol. Res. 63, 391-404 2016

所属学協会

  1. 日本魚類学会
  2. 日本水産学会
  3. 日本水産増殖学会
  4. 稚魚研究会