茨城大学
工学部
電気電子工学科

准教授

青野 友祐

アオノ トモスケ
AONO tomosuke

学歴

  1. 慶應義塾大学 理工学部 物理学科 1992/03 卒業
  2. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 修士 1994/03 修了
  3. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 博士 1998/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 慶應義塾大学 1998/03

研究分野

  1. マイクロ・ナノデバイス
  2. 物性Ⅱ

研究テーマ

  1. 半導体微細構造における電気伝導 量子ドットや量子ポイントコンタクトなどの半導体微細構造における電子状態や電気伝導理論

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Micromagnetic analysis of current-induced domain wall motion in a bilayer nanowire with synthetic antiferromagnetic coupling T. Komine, T. Aono, Y. Nabatame, M. Murata, and Y. Hasegawa J. Elec. Mater. 45/3, 1555-1560 2016/03/01
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Micromagnetic analysis of current-induced domain wall motion in a bilayer nanowire with synthetic antiferromagnetic coupling T. Komine and T. Aono AIP advances 6, 056409/1-7 2016/03/01
  3. 共著 Tight-binding theory of surface spin states on bismuth thin films K. Saito, H. Sawahata, T. Komine, and T. Aono Phys. Rev. B 93, 041301(R)/1-6 2016/01/12
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Transport properties for a quantum dot coupled to normal leads with a pseudogap B. Hara, A. Koga, and T. Aono Phys. Rev. B 92, 081103(R)/1-5 2015/08/06
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Electronic Magnetization of a Quantum Point Contact Measured by Nuclear Magnetic Resonance M. Kawamura, K. Ono, P. Stano, K. Kono, and T. Aono Phys. Rev. Lett. 115, 036601/1-5 2015/06/13

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ディラック電子中の量子ドットによる熱電特性の解析 日本物理学会第71回年次大会2016 2016/03/19
  2. ポスター発表 ビスマスナノ構造における表面状態の数値解析 2016年第63回応用物理学会春季学術講演会 2016/03/19
  3. ポスター発表 Micromagnetic analysis of current-induced domain wall motion in a bilayer nanowire with synthetic antiferromagnetic coupling 2016 Joint MMM-Intermag Conference 2016/01/12
  4. 口頭発表(一般) 量子ポイントコンタクトにおける動的核スピン偏極 日本物理学会 2015 年秋季大会 2015/09/18
  5. 口頭発表(一般) 積層型ナノワイヤにおける層間交換結合が電流誘起磁壁移動に及ぼす影響 第76回 応用物理学会秋季学術講演会 2015/09/13

所属学協会

  1. 日本物理学会