茨城大学
理工学研究科(理学野)
化学領域

准教授

島崎 優一

シマザキ ユウイチ
SHIMAZAKI yuichi
  • 1970年生まれ
  • Tel.029-228-8374

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

経歴

  1. 九州大学有機化学基礎研究センター 助手 2001/06/01-2003/03/31
  2. 九州大学先導物質化学研究所 助手 2003/04/01-2008/03/31
  3. 茨城大学理学部 准教授 2008/04/01-現在

学歴

  1. 名古屋大学大学院 理学研究科 物質理学専攻 博士後期 2000/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 名古屋大学 名古屋大学 2000/03

教育・研究活動状況

生体分子を含む金属錯体の機能化
アミノ酸側鎖基やポルフィリンなど生体分子の一部分を含む配位子を用いた金属錯体、特に酸化還元と酸化体の同定についての研究を行っている。

研究分野

  1. 無機化学

研究キーワード

  1. 金属錯体、生体分子、酸化、高原子価、ラジカル、触媒

研究テーマ

  1. 生体分子を用いた金属錯体の機能化 生体分子の一部を配位子とした金属錯体の合成と性質について、特にそれらの酸化挙動ならびに酸化体の同定について検討している。 2000/04-現在

著書

  1. 錯体化合物事典 島崎優一 朝倉書店 2019/09/10 978-4-254-14105-4
  2. Recent Advances in the Field of Phenoxyl Radical–Metal Complexes in The Chemistry of Metal Phenolates (Volume 2) Yuichi Shimazaki John Wiley & Sons, Ltd 2016/09/19
  3. The Chemistry of Metal-Phenolates Yuichi Shimazaki (Ed. J. Zabicky ) John Wiley & Sons, Ltd 2014/04/04 978-0-470-97358-5
  4. Electrochemistry INTECH 2013/02
  5. ベーシックマスター 無機化学 増田秀樹・長嶋雲兵 共編 オーム社 2010/10/15 978-4-274-20921-5

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Formation of the CuII-phenoxyl radical by reaction of O2 with the CuII-phenolate complex via the CuI-phenoxyl radical Takashi Suzuki, Hiromi Oshita, Tatsuo Yajima, Fumito Tani, Hitoshi Abe, Yuichi Shimazaki Chem. Eur. J. in press 2019
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The effect of π–π stacking interaction of the indole ring with the coordinated phenoxyl radical in a nickel(II)-salen type complex. Comparison with the corresponding Cu(II) complex Hiromi Oshita, Takashi Suzuki, Kyouhei Kawashima, Hitoshi Abe, Fumito Tani, Seiji Mori, Tatsuo Yajima, Yuichi Shimazaki Dalton Trans. 48, 12060-12069 2019
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 π-π Stacking Interaction in an Oxidized Cu(II)-salen Complex with a Side Chain Indole Ring. An Approach to the Function of the Tryptophan in the Active Site of Galactose Oxidase Hiromi Oshita, Takashi Suzuki, Kyouhei Kawashima, Hitoshi Abe, Fumito Tani, Seiji Mori, Tatsuo Yajima, Yuichi Shimazaki Chem. Eur. J. 25, 7649-7658 2019
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characterization of the one‑electron oxidized Cu(II)‑salen complexes with a side chain aromatic ring: the effect of the indole ring on the Cu(II)‑phenoxyl radical species Hiromi Oshita, Takayoshi Yoshimura, Seiji Mori, Fumito Tani, Yuichi Shimazaki, Osamu Yamauchi J. Bio Inorg. Chem. 23, 51-59 2018
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Electronic Structure and Reactivity Studies of a Nonsymmetric One-Electron Oxidized CuII Bis-phenoxide Complex Linus Chiang, Erik C. Wasinger, Yuichi Shimazaki, Victor Young Jr.e Tim Storr, and T. Daniel P. Stack Inorg. Chim. Acta 481, 151-158 2018

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) Oxidation Chemistry of Nickel(II)-di(phenolate) Complexes PACIFICHEM 2015 2015/12/14
  2. 口頭発表(招待・特別) Characterization of One-Electron Oxidized Metal(II) Salen-type Complexes: Electronic Structure and Reactivity Relationship Third International Symposium on the Photofunctional Chemistry of Complex Systems 2015/12/12
  3. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 金属−フェノラート錯体を酸化してみると… 第28回 生物無機化学夏季セミナー 2015/08/28
  4. ポスター発表 Electronic Structures of One-Electron Oxidized Nickel(III)-Phenolate Complexes EuCheMS – 2015 – Inorganic Chemistry Conference 2015/06/28
  5. 口頭発表(招待・特別) Oxidation Chemistry of Metal(II)-diphenolato complexes with Salen-Type Ligands; Electronic Structure and Reactivity Relationship The 3rd International Conference on Material Sciences & Engineering 2014/10/06

所属学協会

  1. イギリス化学会 2010/07-現在
  2. アメリカ化学会 2008/09-現在
  3. 錯体化学会 2006/04-現在
  4. 日本化学会 1996/04-現在