茨城大学
人文社会科学部
人間文化学科

教授

田中 裕

タナカ ユタカ
TANAKA yutaka

経歴

  1. 財団法人千葉県文化財センター・技師 1996/07/01-2000/03/31
  2. 財団法人千葉県文化財センター・研究員 2000/04/01-2005/03/31
  3. 千葉県教育庁教育振興部文化財課・文化財主事 2005/04/01-2007/03/31
  4. 茨城大学人文学部・准教授 2007/04/01-2013/09/30
  5. 茨城大学人文学部・教授 2013/10/01-2017/03/31
  6. 茨城大学評議員・人文学部副学部長 2016/04/01-2017/03/31
  7. 茨城大学評議員・人文社会科学部副学部長 2017/04/01-2020/03/31
  8. 茨城大学人文社会科学部・教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 筑波大学 第一学群 人文学類 1991/03 卒業
  2. 筑波大学大学院博士課程 歴史・人類学研究科 文化人類学専攻 先史学・考古学コース 博士 1996/06 その他

学位

  1. 修士(文学) 筑波大学大学院 1994/03

教育・研究活動状況

歴史と現在とのかかわりについて、文化遺産を通じて各自が体感することのできる、考古学の強い社会性を意識した研究・教育を心がけています。おもに日本考古学を用いて文明形成等に関わる歴史的研究を行うと同時に、研究の成果をもとにして、地域の遺産を受け継ぎ、未来に活かすこと(博物館・文化財保護等の活動)も重要な課題としています。

研究分野

  1. 文化財論
  2. 博物館論
  3. 考古学

研究キーワード

  1. 考古学,比較考古学,日本考古学,国家形成史,人文環境論,社会領域論,村落史,博物館論,文化財保護,埋蔵文化財

研究テーマ

  1. 前方後円墳体制東縁地域における国家形成過程の研究:常陸の場合(研究代表者:佐々木憲一) 日本列島の国家形成期において、中央から遠く離れた「周縁地域」が中央の意思決定にどのように対応し、どのようなプロセスを経て国家段階の社会へ進化したか、古墳時代中後期の常陸を具体例としてモデルを提示することを目的とする。 2010/04-2013/03
  2. 「常陸国風土記」にみえる律令期以前の歴史的景観復原に関する実証的研究(研究代表者:田中裕)  本研究は古代における地域運営の実態を描き出すことを目的とする。律令制下で地域が「国・郡」に編成される前後の過程について、主として地域の政治的中心地の景観を時系列に沿って描きだす手法により、地域の政治勢力と社会の動向を具体的にあぶり出す。中央の分析のみに基づくモデルや、制度整備を偏重する国家観と異なり、視覚的な地域像の復原を目標とし、「実態」重視の記述により市民が実感を得られる古代史の構築を目指す試みである。 2010/04-2014/03
  3. 古墳時代の村落領域と階層構成の実態-東関東における量的把握の実践-(研究代表者:田中裕) 2014/04-2017/03
  4. 古墳と風土記からみた常陸7世紀史の研究―播磨との比較を通じて―(研究代表者 佐々木憲一)研究分担者 2016/04-2020/03
  5. 鹿島・香取「神郡」成立の背景を景観復原からみる考古学的実証研究 2018/04/01-2022/03/31

著書

  1. 磯浜古墳群Ⅰ姫塚古墳・車塚古墳・日下ケ塚(常陸鏡塚)古墳平成21~24年度範囲確認調査成果総括報告書 広瀬和雄・田中裕・三井猛・株式会社パスコ・蓼沼香未由 第4章特論第1節 磯浜古墳群が示す古墳時代前期の水上交通志向社会とその変貌 大洗町教育委員会 2019/07/31 国史跡指定に先立つ大洗町磯浜古墳群の総括報告書
  2. 柏市史(原始古代中世 考古資料) 橋本勝雄・清藤一順・田中裕・渡邉健二・大野康男・佐脇敬一郎含む24名 共編,弥生・古墳時代概要、36、38、44ー46、コラム(その他の遺跡) 柏市教育委員会 2019/02/22
  3. 茨城県中央部の古墳調査 田中裕・大里美穂・一之瀬敬一・栗原悠・稲田健一 茨城大学人文社会科学部考古学研究室 2018/03/28 小美玉市羽黒古墳・水戸市愛宕山古墳・ひたちなか市三ツ塚古墳群・城里町徳化原古墳の墳丘(一部石室)測量調査報告及びひたちなか市磯崎小学校敷地内第1号墳発掘調査概報。
  4. 霞ヶ浦の前方後円墳―古墳文化における中央と周縁―学術振興会科学研究費補助金基盤研究B「風土記と古墳からみた常陸7世紀史の研究」 佐々木憲一・小野寺洋介・田中裕・亀井宏行・千島史彦・尾崎裕紀・斎藤直樹・木村翔・千葉隆司・鶴見諒平・箕浦絢・中村新之介・土井翔平・谷仲俊雄・佐藤リディア・藤田和尊・太田宏明・尼子奈美枝 第2章舟塚山古墳と「陪冢」の調査 第3項墳丘の現状と復元(小野寺・田中) 明治大学考古学研究室 2018/02/28
  5. 日本考古学協会東日本大震災対策特別委員会報告書 東日本大震災対策特別委員会 編(著者16名) 第五章文化財レスキューの取り組み(4)茨城県 一般社団法人日本考古学協会 2017/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 考古学からみた「里長」の系譜―建評時に築かれた終末期古墳― 田中裕 古墳と国家形成期の諸問題 山川出版社 202-207 2019/10/20 9784634520271
  2. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 古墳時代の列島東部の様相と独自性―フロンティア拡大と「交換信用システム」の作用― 田中裕 特集古墳時代前期前半の東日本を考える 考古学研究会第51回東京例会 33-40 2019/10/19
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 古墳時代地域結合体の動態と『常陸国風土記』建評記事 田中裕 国家形成期の首長権と地域社会構造(島根県古代文化センター研究論集第22集) 島根県古代文化センター 277-290 2019/03
  4. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 水上交通志向の社会と磯浜古墳群 田中裕 太平洋を見下ろす大洗の王墓(大洗町第2回埋蔵文化財企画展講演会発表資料集) 大洗町教育委員会 11-18 2018/12/16
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 千葉県域の前期古墳と集落・土器群の動向 田中裕 野本将軍塚古墳と東国の前期古墳(早稲田大学東アジア都城・シルクロード考古学研究所研究論集第1冊) 早稲田大学東アジア都城・シルクロード考古学研究所(城倉正祥編) 145-156 2018/12/09

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 弥生時代の終わりと古墳時代の始まり 令和元年度 考古学ゼミナール「時代の移行期を探る」 2019/11/02
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 鹿島の古代史 鹿嶋市文化財愛護協会50周年記念講演会 2019/03/23
  3. 口頭発表(招待・特別) 石岡市舟塚山古墳からみた5世紀の大変革 第4回石岡市文化財調査報告会 2018/08/25
  4. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 木曽川中流域の古墳と東国 可児郷土資料館企画展「謎解き!可児の古墳たんけん!」記念古墳講演会 2017/08/26
  5. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 古墳と「常陸国風土記」 鹿嶋市文化スポーツ振興事業団歴史講演会 2017/08/19

芸術活動、建築作品等

  1. その他 共同 茨城県石岡市舟塚山古墳測量調査(第一次) 2012/03/06-2012/03/19
  2. その他 単独 水戸北部地名調査 2011/09/05-2011/09/09 科学研究費補助金基盤c「『常陸国風土記』にみえる律令期以前の歴史的景観復原に関する実証的研究」の一環で実施した字名聴取調査。
  3. その他 水戸市大足町二所神社古墳測量調査 2010/09/13-現在
  4. その他 茨城県かすみがうら市折越十日塚古墳合同測量調査 2010/09/01-2010/09/10
  5. その他 水戸市台渡里遺跡茨大運動場地点発掘調査(第2次) 2009/08/30-2009/09/18

受賞

  1. 日本考古学協会優秀論文賞 Progress in Land Transportation System as a Factor of the State Formation in Japan 2019/05/18 Japanese Journal of Arcaheology,Volume5, Number1 (September 2017)

担当授業科目

  1. 日本考古学Ⅰ

社会貢献活動

  1. 被災文化財レスキュー活動(石岡市高浜所在個人コレクションの考古資料) 2012/11/20-2015/03/25 東日本大震災の際に蔵の中で落下し破損した個人コレクション(考古資料)の接合・修復・返却
  2. 東日本大震災の津波により被災した茨城県大洗町の文化財収蔵庫における復旧活動 2012/06/03-2013/03/31
  3. 東日本大震災により被災した個人博物館の文化財レスキュー活動(茨城史料・文化財ネットワーク) 2011/09/01-2012/02/29 10月8日~9日にかけて実施した筑西市個人博物館「新治汲古館」文化財レスキューにおける救出方法の策定、準備、実施及び目録等記録整理を実施した。

所属学協会

  1. アメリカ考古学会
  2. 茨城県考古学協会
  3. 東北・関東前方後円墳研究会
  4. 日本考古学会
  5. 考古学研究会

委員歴

  1. 考古学研究会 全国委員 2017-現在