茨城大学
理工学研究科(工学野)
機械システム工学領域

准教授

尾関 和秀

オゼキ カズヒデ
OZEKI Kazuhide

その他の所属・職名

  1. フロンティア応用原子科学研究センター

学歴

  1. 北海道大学 工学部 精密工学科 1991 卒業
  2. 北海道大学 工学研究科 生体工学専攻 修士 1993
  3. 東京電機大学 理工学研究科 応用システム工学専攻 博士後期 2003 修了

学位

  1. Fundamental study and applications of sputter coating for biomaterials 東京電機大学

教育・研究活動状況

無機材料・コーティング技術を用いた環境・生体材料への応用
生体適合性に優れたアパタイトや耐磨耗性に優れたダイヤモンドライクカーボンの薄膜のコーティング技術を用いて、生体材料への応用を目指す。

研究分野

  1. 生体材料学
  2. 無機材料・環境材料

研究キーワード

  1. ハイドロキシアパタイト、スパッタリング、DLC、CVD

研究テーマ

  1. 生体・環境材料を目的としたDLC薄膜の作製 生体材料として使用されているPTFE、チタン、ニッケルチタン、ステンレス等へのDLCコーティングや、光触媒を組み合わせた環境材料の創出。
  2. 環境・生体材料を目的としたスパッタリング法によるハイドロキシアパタイト薄膜の作製 スパッタリング法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の生体材料・環境材料応用について検討する
  3. リン酸カルシウムの水熱合成 新たな水熱法によるリン酸カルシウム合成を模索する。

著書

  1. 第6章第5節“スケールアップの留意点:成膜装置規模がDLC膜質に与える影響”、「プラズマCVDにおける成膜条件の最適化に向けた制御技術と成膜事例」 サイエンス&テクノロジー株式会社 2018/09/27 978-4-86428-170-6
  2. 第3章第16節”アパタイトの放射性物質吸着剤としての可能性について”、「放射性物質の吸着・除染および耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術」 技術情報協会 2014/11/28
  3. 第15章人工歯根:「人工臓器は、いま」 はる書房 2013/01
  4. Hydroxyapatite: Synthesis, Properties and Applications Nova Science Publisher, Inc. 2012
  5. 現代表面科学シリーズ・第5巻「ひとの暮らしと表面科学」、1.5医療 共立出版 2011/07

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Development of high-resolution ERDA with double MCP system and determination of detection limit for H and D D. Sekiba, T. Tamura, I. Harayama, Y. Watahiki, S. Ishii, K. Ozeki, N. Fukata Nucl. Instr. Meth. B 430, 6-10 2018
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 スパッタリング法を用いたPEEK上へのHA薄膜の作製と骨形成 尾関和秀、後藤哲哉、青木秀希 バイオインテグレーション学会誌 7, 81-85 2017
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Installation of high-resolution ERDA in UTTAC at the University of Tsukuba: Determination of the energy resolution and the detection limit for hydrogen D. Sekiba, K. Chito, I. Harayama, Y. Watahiki, S. Ishii, K. Ozeki Nucl. Instr. Meth. B 401, 29-32 2017
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Fabrication of hydroxyapatite thin films on polyetheretherketone substrates using a sputtering technique K. Ozeki, T. Masuzawa and H. Aoki Mater. Sci. Eng. C 72, 576-582 2017
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evaluation of the adsorptive behavior of cesium and strontium on hydroxyapatite and zeolite for decontamination of radioactive substances K. Ozeki, and H. Aoki Bio-Med. Mat. Eng. 27, 227-236 2016

研究発表

  1. 口頭発表(一般) インプラントオーバーデンチャーの固定様式の違いによる顎骨への応力影響について 2018茨城講演会 2018/08/22
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Hydroxyapatite/Collagen Bone-Like Nanocomposite: Novel Applications Finland-Japan Workshop 2018/07/17
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) High sensitivity HERDA and ambient NRA for hydrogen observation the 9th International Workshop on High-Resolution Depth Profiling 2018/06/25
  4. ジルコニアカスタムアバットメント作製のためのインプラントチタンベースの開発 バイオインテグレーション学会第8回学術大会 2018/05/20
  5. ポスター発表 上顎臼歯部垂直的骨量不足の症例においてステップアダプテーション・テクニックを用いた症例検討 バイオインテグレーション学会第8回学術大会 2018/05/20

知的財産権

  1. 特許 生体組織接着用柔軟性金属箔テープ及びその接着方法 特願2010-229738
  2. 特許 超高分子量ポリエチレンへの無機膜形成方法 特願2005-260369
  3. 特許 生体用高分子材料 特願2005-291877
  4. 特許 人工歯根 特願2004-091587 特開2005-270529
  5. 特許 人工歯根 特願2004-091586 特開2005-270528

受賞

  1. 第24回高橋賞 2012/02/24

担当授業科目

  1. 数理統計学
  2. 生体機械工学
  3. 生体材料工学特論Ⅰ
  4. 生体材料工学特論Ⅱ
  5. 情報処理概論

所属学協会

  1. 精密工学会
  2. ライフサポート学会
  3. バイオインテグレーション学会 2011/03-現在
  4. 日本口腔インプラント学会 2010/04-現在
  5. ナノ・バイオメディカル学会 2009/06-現在

委員歴

  1. バイオインテグレーション学会 理事 2011/03-現在
  2. 日本アパタイト研究会 評議員 2007/12-現在
  3. ライフサポート学会 評議員 2005/10-現在