茨城大学
理学部
理学科(生物科学コース)

教授

立花 章

タチバナ アキラ
TACHIBANA Akira

経歴

  1. 京都大学医学部分子腫瘍学講座・助手 1986/06/01-1993/05/31
  2. 京都大学放射線生物研究センター・助手 1993/06/01-2000/03/31
  3. 京都大学放射線生物研究センター・助教授 2000/04/01-2006/03/31
  4. 茨城大学理学部・教授 2006/04/01-現在

学歴

  1. 京都大学 理学部 1981 卒業
  2. 京都大学 理学研究科 動物学専攻 博士 1986 単位取得満期退学

学位

  1. 理学博士 京都大学

研究分野

  1. 放射線生物学
  2. 細胞生物学
  3. 分子生物学

研究キーワード

  1. 放射線誘発突然変異、放射線適応応答

研究テーマ

  1. 放射線適応応答誘導機構の分子的解析 放射線適応応答の誘導に関与する細胞内情報伝達系として、PKCやp38 MAPKに関する研究を行う。
  2. マウス個体での放射線誘発突然変異 週齢の異なるマウス個体に放射線照射後各種臓器での突然変異を検討し、突然変異生成頻度と分子変化に年齢依存性があるかを検討する。 2006/04-現在

著書

  1. クラーク分子生物学 田沼靖一監訳 丸善株式会社 2007/12/10 978-4-621-07918-8
  2. 放射線医科学ー生体と放射線・電磁波・超音波ー 大西武雄監修 学会出版センター 2007/03/20 978-4-7622-3055-4

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The effect of age at exposure on the inactivating mechanisms and relative contributions of key tumor suppressor genes in radiation-induced mouse T-cell lymphomas. Sunaoshi M, Amasaki Y, Hirano-Sakairi S, Blyth BJ, Morioka T, Kaminishi M, Shang Y, Nishimura M, Shimada Y, Tachibana A, Kakinuma S. Mutation Research 779, 58-67 2015/09/01 10.1016/j.mrfmmm.2015.06.004
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mutations in the FHA-domain of ectopically expressed NBS1 lead to radiosensitization and to no increase in somatic mutation rates via a partial suppression of homologous recombination. Ohara, M., Funyu, Y., Ebara, S., Sakamoto, Y., Seki, R., Iijima, K., Ohishi, A., Kobayashi, J., Komatsu, K., Tachibana, A., Tauchi, H. Journal of Radiation Research 55/ 4, 690-698 2014/08/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Cancer risk at low doses of ionizing radiation: artificial neural networks inference from atomic bomb survivors. Sasaki, MS., Tachibana, A., Takeda, S. Journal of Radiation Research 55/ 3, 391-406 2014/05 10.1093/jrr/rrt133
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mitochondria-targeted superoxide dismutase (SOD2) regulates radiation resistance and radiation stress response in HeLa cells. Hosoki, A., Yonekura, S., Zhao, QL., Wei, ZL., Takasaki, I., Wang, LL., Hasuike, S., Nomura, T., Tachibana, A., Hashiguchi, K., Yonei, S., Kondo, T., Zhang-Akiyama, QM. Journal of Radiation Research 53/ 1, 58-71 2012
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Induction of Radioadaptive Response by 3H-Thymidine in Mouse Fibroblast Cells. Tachibana, A., Ito, K., Fujii, N., Saotome, S., Tauchi, H. Fusion Science and Technology 60, 1197-1199 2011

研究発表

  1. ポスター発表 p53遺伝子欠損マウス細胞での突然変異頻度の解析 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 2015/12/01
  2. ポスター発表 DNA Ligaseとその関連タンパク質の放射線適応応答への関与 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 2015/12/01
  3. ポスター発表 電離放射線への子ども被ばく後のマウスにおけるgpt遺伝子での変異の解析 日本環境変異原学会第44回大会 2015/11/27
  4. 口頭発表(一般) 子ども被ばくマウス脾臓での遺伝子突然変異解析 日本放射線影響学会ワークショップ 2015/10/16
  5. ポスター発表 The involvement of p53 protein in the induction of radioadaptive response. 15th International Congress of Radiation Research 2015/05/28

受賞

  1. 日本原子力学会北関東支部大会若手研究者発表会 優秀発表賞 gpt assayを用いた子ども被ばくによる放射線誘発突然変異の解析 2015/04/17
  2. 日本原子力学会北関東支部大会若手研究者発表会 最優秀発表賞 γ線緩照射による放射線適応応答の誘導 2013/04/19
  3. Childhood Cancer-2012 poster award Age dependency of Ikaros and Pten alterations in radiation-induced T-cell lymphoma. 2012/04/24

担当授業科目

  1. 遺伝学特講

所属学協会

  1. 日本放射線影響学会
  2. 日本分子生物学会