茨城大学
農学部
地域総合農学科

顔写真
助教

安達 俊輔

アダチ シュンスケ
Adachi Shunsuke
  • 1984年生まれ

プロフィール

  1. 作物収量の遺伝的向上を目指し、作物学・生理学・育種学横断的な研究を展開しています。
    1) イネの個葉光合成能力の自然変異とその遺伝要因の解明
    2) 光合成能力を改良した育種素材の開発
    3) C4光合成進化に伴う生理・形態・遺伝変化の解明
    4) 転流能力・草型を制御する要因の解明と育種素材開発

経歴

  1. 農業生物資源研究所 イネゲノム育種研究ユニット 日本学術振興会特別研究員PD 2012/04/01-2013/09/30
  2. 農業生物資源研究所 イネゲノム育種研究ユニット JSTさきがけ専任研究者 2013/10/01-2014/03/31
  3. 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 稲研究領域 任期付研究員 2014/04/01-2015/02/28
  4. 東京農工大学 グローバルイノベーション研究機構 特任助教 2015/03/01-2016/12/31
  5. 東京農工大学 グローバルイノベーション研究機構 (現, 研究院) 特任助教(次世代研究者) 2016/01/01-2019/09/30

学歴

  1. 東京農工大学 農学部 生物生産学科 2007/03/31 卒業
  2. 東京農工大学 農学府 生物生産科学専攻 修士 2009/03/31 修了
  3. 東京農工大学 連合農学研究科 生物生産科学専攻 博士 2012/03/31 修了

学位

  1. 博士(農学) 東京農工大学 2012/03/31

研究分野

  1. 作物生産科学

研究キーワード

  1. 光合成

競争的資金等の研究課題

  1. 葉のガス交換の直接計測によるイネ光合成QTLの同定手法の開発 科研費 基盤研究(B) 2019/04/01-2023/03/31
  2. 稲作の省力化に寄与する遺伝子の機能解明および集積系統の開発 科研費 基盤研究(C) 2019/04/01-2022/03/31
  3. スーパー台風に強いイネの多収・強稈遺伝子集積の発現機構と最適組合せの解明 科研費 基盤研究(B) 2019/04/01-2022/03/31
  4. 水稲の気孔伝導度を高める遺伝子の同定と機能解析 科研費 基盤研究(C) 2018/04/01-2023/03/31
  5. 野外環境と超並列高度制御環境の統合モデリングによる頑健性限界の解明と応用 科研費以外 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST 2017/10/01-2019/09/30

著書

  1. Achieving Sustainable Cultivation of Rice Sage RF, Adachi S, Hirasawa T Improving photosynthesis in rice: from small steps to giant leaps Burleigh Dodds Science Publishing 2017
  2. Handbook of Photosynthesis, Third Edition Yamori W, Irving LJ, Adachi S, Busch FA Strategies for optimizing photosynthesis with biotechnology to improve crop yield CRC Press, Boca Raton, Florida, USA 2016
  3. 光合成研究と産業応用最前線 安達俊輔・山本敏央 作物の光合成速度を向上させる自然変異遺伝子の解明 NTS Inc. 2014 978-4-86043-412-0

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 Natural genetic variation of the photosynthetic induction response to fluctuating light environment Yu Tanaka, Shunsuke Adachi, Wataru Yamori Current Opinion in Plant Biology 49, 52-59 2019 1369-5266 10.1016/j.pbi.2019.04.010
  2. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 作物の光合成速度の改良を目的とする自然変異アリルの特定と利用 安達俊輔・寺崎千鶴 光合成研究 29, 41-53 2019
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Next generation long-culm rice with superior lodging resistance and high grain yield, Monster Rice Nomura, T., Arakawa, N., Yamamoto, T., Ueda, T., Adachi, S., Yonemaru, JI., Abe, A., Takagi, H., Yokoyama, T., Ookawa, T. PloS one 14/ 8, e0221424 2019
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification of quantitative trait loci for breaking and bending types lodging resistance in rice, using recombinant inbred lines derived from Koshihikari and a strong culm variety, Leaf Star Samadi, AF., Suzuki, H., Ueda, T., Yamamoto, T., Adachi, S., Ookawa, T. Plant Growth Regulation 89/ 1, 83-98 2019
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Variation in leaf anatomical traits relates to the evolution of C4 photosynthesis in Tribuloideae (Zygophyllaceae) Lauterbach, M., Zimmer, R., Alexa, AC., Adachi, S., Sage, RF., Sage, TL., Macfarlane, T., Ludwig, M., Kadereit, G. Perspectives in Plant Ecology, Evolution and Systematics 39, 125463 2019

研究発表

  1. ポスター発表 イネ個葉光合成速度と地上部バイオマスとの関係:-染色体断片置換系統の生育期間を通じたガス交換測定に基づく解析- 日本作物学会講演会要旨集 2019 URL
  2. 口頭発表(一般) 異なる水稲品種に由来する4つの強稈遺伝子の組合せが強稈関連形質の集積効果に及ぼす影響 日本作物学会講演会要旨集 2019 URL
  3. 口頭発表(一般) 日本の水稲品種の個葉光合成速度の変異と生理要因の解析 日本作物学会講演会要旨集 2019 URL
  4. ポスター発表 個葉光合成速度に関わる4つのQTLを有するイネ系統の日射利用効率 日本作物学会講演会要旨集 2019 URL
  5. 口頭発表(一般) 光合成誘導反応のイネ品種間差に関わる生理的要因の解析 日本作物学会講演会要旨集 2019 URL

受賞

  1. 2018年日本育種学会論文賞 QTLs maintaining grain fertility under salt stress detected by exome QTL-seq and interval mapping in barley. 2019/03
  2. 日本作物学会第247回講演会優秀発表賞 光合成誘導反応のイネ品種間差に関わる生理的要因の解析 2019/03
  3. 第13回日本作物学会論文賞 Leaf Photosynthesis and Its Genetic Improvement from the Perspective of Energy Flow and CO2 Diffusion. 2016/03
  4. 日本作物学会第19回研究奨励賞 水稲の個葉光合成速度の品種間差に関わる形質のゲノム解析 2015/03
  5. 第10回日本作物学会論文賞 Identification of chromosomal regions controlling the leaf photosynthetic rate in rice by using a progeny from japonica and high-yielding indica varieties. 2013/03/28

担当授業科目

  1. 作物学特論

委員歴

  1. 日本作物学会 若手・男女共同参画WG 2014/04/01-現在