茨城大学
理工学研究科(工学野)
電気電子システム工学領域

顔写真
助教

加藤 雅之

カトウ マサユキ
Kato Masayuki
  • 1992年生まれ

経歴

  1. 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1 2016/04/01-2019/03/31

学歴

  1. 大阪大学 工学部 応用理工学科 2014/03 卒業
  2. 大阪大学 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 博士前期 2016/03 修了
  3. 大阪大学 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 博士後期 2019/03 修了

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学 2019/03

研究分野

  1. 電力工学・電力変換・電気機器

研究キーワード

  1. 電磁アクチュエータ
  2. リニア振動アクチュエータ
  3. 多自由度アクチュエータ

研究テーマ

  1. リニア共振アクチュエータのセンサレス推定手法と外乱補償制御の開発 2014-現在
  2. リニア共振アクチュエータの電気/機械複合共振に関する研究 2015-現在
  3. 力覚提示デバイス用二自由度振動アクチュエータの高効率駆動 2015-現在
  4. 多自由度振動アクチュエータの新しいベクトル制御法の開発 2016-現在
  5. モータ一体型リニア振動アクチュエータのパッシブ制振メカニズムの解明 2016-現在
  6. 3軸能動制御磁気軸受に関する研究 2016-現在
  7. 非線形局在モードを利用したアクチュエータの開発 2017-現在
  8. 磁気カップリングを用いた可変特性動吸振器に関する研究 2017-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 三自由度共振アクチュエータとその制御法に関する研究 科研費以外 特別研究員奨励費 日本学術振興会 2016/04-2019/03

著書

  1. アクチュエータの新材料,駆動制御,最新応用技術 電磁共振・振動アクチュエータとその応用 加藤雅之,平田勝弘 第7章,第3節 情報技術協会 2017/03/31 978-4-86104-649-0
  2. 磁性材料の最新開発事例と各種応用技術~モータ,変圧器,センサ,アクチュエータ,電磁波吸収・遮蔽,磁気計測~ 加藤雅之,平田勝弘 第6章,第1節 技術情報協会 2018/02

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Power-Saving Method of Linear Oscillatory Actuator for Mobile Haptic Device Using Mechanical Resonance Masayuki Kato, Yoshinori Kono, Masataka Yasukawa, Noboru Niguchi and Katsuhiro Hirata 日本AEM学会誌 2019/04
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Dynamic Characteristics of Three-Degree-of-Freedom Resonant Actuator Masayuki Kato,Katsuhiro Hirata, and Kensuke Fujita COMPEL 2018/12
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Control of Three-Degree-of-Freedom Resonant Actuator Driven by Novel Vector Control Masayuki Kato, and Katsuhiro Hirata TRANSPORTATION SYSTEMS AND TECHNOLOGY 4/ 3, 90-101 2018/12 10.17816/transsyst20184390-101
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 三自由度共振アクチュエータの新しいベクトル制御法の提案 加藤雅之,平田勝弘 AEM学会誌 26/ 2, 292-297 2018/06 0919-4452 10.14243/jsaem.26.292
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Characteristic Evaluation of Electro/Mechanical Resonance for Linear Oscillatory Actuator Considering Reverse Current Phenomenon Masayuki Kato and Katsuhiro Hirata International Journals of Applied Electromagnetics and Mechanics 57/ S1, 155-163 2018/04 10.3233/JAE-182306

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 非線形インダクタンス特性を利用した磁気エネルギー局在現象に関する基礎検討 電気学会 回転機 家電民生 リニアドライブ合同研究会資料 2019/08/06
  2. 口頭発表(一般) ベクトル制御で駆動する多自由度振動アクチュエータの端効果を考慮した電圧方程式モデル SEAD31 2019/05
  3. 口頭発表(一般) センサレス負荷推定手法を用いたリニア共振アクチュエータの振幅制御 電気学会 リニアドライブ研究会 2019/01
  4. 口頭発表(一般) コンシクエントポール型磁気カップリングを利用した可変特性ダイナミックダンパ MAGDA2018 2018/10
  5. ポスター発表 Dynamic Analysis Method of Three-Degree-of-Freedom Resonant Actuator Using Finite Element Method CEFC2018 2018/10

知的財産権

  1. 特許 磁気軸受 2017-009366 2017/01
  2. 特許 磁気波動歯車装置 201580016068.X 2015/04
  3. 特許 回転電機及び回転電機の制御装置 2014-113771 2014

受賞

  1. 電気学会優秀論文発表賞(本部表彰) リニア共振アクチュエータの逆起電圧信号を用いた振幅推定手法の提案 2014/04/01
  2. 第26回magdaコンファレンスin金沢 優秀講演論文賞 三自由度共振アクチュエータの新しいベクトル制御法の提案 2017/10

担当授業科目

  1. 電気電子工学実験Ⅰ

所属学協会

  1. 電気学会
  2. 日本AEM学会
  3. IEEE