茨城大学
理工学研究科(理学野)
生物科学領域

助教

鈴木 匠

スズキ タクミ
Suzuki Takumi
  • 1984年生まれ

経歴

  1. ケンブリッジ大学 ガードン研究所 博士研究員 2016/06/01-2019/02/28
  2. 金沢大学 医学部付属脳・肝インターフェースメディシン研究センター 博士研究員 2011/04/01-2016/05/31

学歴

  1. 金沢大学 自然科学研究科 生命科学専攻 博士後期 2011/03/31 修了
  2. 金沢大学 自然科学研究科 生物科学専攻 博士前期 2008/03/31 修了
  3. 金沢大学 理学部 生物学科 2006/03/31 卒業

学位

  1. 博士(理学) 金沢大学 2011/03/23
  2. 修士(理学) 金沢大学 2008/03/23

免許・資格

  1. 中学校教諭1種免許状(理科) 2007/02/23
  2. 高等学校教諭1種免許状(理科) 2007/02/23
  3. 中学校教諭専修免許状(理科) 2008/03/22
  4. 高等学校専修免許状(理科) 2008/03/22

研究分野

  1. 発生生物学
  2. 神経生理学・神経科学一般
  3. 動物生理・行動

研究キーワード

  1. ショウジョウバエ
  2. 神経発生
  3. 神経幹細胞
  4. 昆虫

研究テーマ

  1. 神経多様性の創出メカニズムの解明 2019/04/01-現在
  2. 神経幹細胞の休眠を制御するメカニズムの解明 2019/04/01-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 新規手法DamIDによる神経多様性創出機構の解明 科研費以外 上原記念生命科学財団 研究奨励金 2020/01/10-2021/04/30
  2. 神経幹細胞の休眠制御による脳神経系修復メカニズムの解明 科研費以外 公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団 研究助成 2019/12-2020/11
  3. Understanding molecular mechanisms that regulate production of neuronal diversity by DamID, a newly established technique 科研費以外 公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成金 2019/10/21-2020/10/20
  4. 神経多様性を創出する分子機構の解明 科研費以外 茨城大学 Research Booster 2019/08-2020/07
  5. 新たな手法DamIDを用いた多様な神経細胞を作り分けるメカニズムの解明 科研費 研究活動スタート支援 2019/08/30-2021/03/31

著書

  1. Hemolymph Proteins and Functional Peptides: Recent Advances in Insects and Other Arthropods Takumi Suzuki and Masafumi Iwami Insulin-related peptides in insects and other arthropods Bentham Science Publishers (Dubai, U.A.E.) 2012

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Netrin signaling defines the regional border in the Drosophila visual center Suzuki, T., Liu, C., Kato, S., Nishimura K., Takechi, H., Yasugi, T., Takayama, R., Suzuki-Hakeda, S., Suzuki, T., Sato, M. iScience Cell Press 8, 148-160 2018/10
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 進化的に保存された神経回路形成機構inter-progenitor pool wiring によって神経経路が飛躍的に多様化する 佐藤純、鈴木匠 生化学 日本生化学会 89, 820-829 2017/12/25
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Inter-progenitor pool wiring: an evolutionarily conserved strategy that expands neural circuit diversity Suzuki, T., Sato, M. Developmental Biology Elsevier 431, 101-110 2017
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Wnt signaling specifies antero-posterior progenitor zone identity in the Drosophila visual center. Suzuki, T., Trush, O., Yasugi, T., Takayama, R., Sato, M. Journal of Neuroscience Society for Neuroscience 36, 6503-6513 2016/07
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Formation of neuronal circuits by interactions between neuronal populations derived from different origins in the Drosophila visual center Suzuki, T., Hasegawa, E., Nakai, Y., Kaido, M., Takayama, R., Sato, M. Cell Reports Cell Press 15, 499-509 2016/05

研究発表

  1. ポスター発表 Identifying genes that regulate neural stem cell quiescence 第42回 日本分子生物学会年会 2019/12
  2. ポスター発表 Roles of unfolded protein response signaling in the regulation of neural stem cell reactivation 25th European Drosophila Research Conference 2017/09
  3. 口頭発表(一般) Formation of neuronal circuits by interactions between neuronal populations derived from different origins in the Drosophila visual center 24th European Drosophila Research Conference 2015/09
  4. ポスター発表 Formation of neuronal circuits by interactions between neuronal populations derived from different origins in the Drosophila visual center. 発生生物学会第48回大会 2015/06
  5. ポスター発表 Neuronal expression of eyeless/Pax6 controls the production of glial cells 日本分子生物学会第37回大会 2014/11

受賞

  1. ベストポスター賞 Formation of neuronal circuits by interactions between neuronal populations derived from different origins in the Drosophila visual center 2014/03

担当授業科目

  1. 発生生物学
  2. 細胞・発生生物学実験
  3. 生物科学トピックス I
  4. 大学入門

社会貢献活動

  1. スーパーサイエンスハイスクール サイエンスラボ 2019/08/22-2019/08/22
  2. 茨城大学 オープンキャンパス 模擬講義 2019/07/27-2019/07/27

所属学協会

  1. 日本分子生物学会 2011/08-現在
  2. 国際発生生物学会 2011/04-現在
  3. 日本発生生物学会 2011/04-現在