茨城大学
理工学研究科(工学野)
都市システム工学領域

助教

稻用 隆一

イナモチ リユウイチ
Inamochi Ryuichi
  • Tel.0294-38-5167
  • Fax.0294-38-5268

経歴

  1. 茨城大学 大学院理工学研究科都市システム工学専攻 助教 2018/03/27-現在
  2. 東京工業大学 附属科学技術高等学校 教諭 2014/04/01-2018/03/26
  3. 神奈川大学 大学院工学研究科建築学専攻 特別助手 2011/04/01-2014/03/31

学歴

  1. 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 人間環境システム専攻 博士後期 2011/03/31 単位取得満期退学 日本
  2. 東京工業大学 総合理工学研究科 人間環境システム専攻 博士前期 2007/03/31 修了 日本
  3. スイス連邦工科大学 建築学部 その他 2005/09/30 その他 スイス
  4. 東京工業大学 工学部 建築学科 2003/03/31 卒業 日本

学位

  1. 博士(工学) 東京工業大学 2015/01/31
  2. 修士(工学) 東京工業大学 2007/03/26

免許・資格

  1. 高等学校教諭一種免許 2014/03/01

論文

  1. 学位論文(博士) 単著 駅建物およびその周辺環境の複合形式からみた現代都市東京の空間特性 稲用隆一 2015/01/31
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 駅建物およびその周辺環境における領域の複合形式からみた都市空間の積層性 稲用 隆一, 上原 絢子, 塩崎 太伸 日本建築学会計画系論文集 日本建築学会 78/ 694, 2499-2506 2013 1340-4210 URL This paper attempts to clarify multi-layered aspects of urban space in central Tokyo from the point of view of complexity of spaces surrounding station buildings. Initially, the characteristic mode and conditions of teritories of multi-layered space surrounding station buildings are determined by collating the sectional construction of viewpoints on it. Secondly, the characters of multi-layered spaces are categorized in terms of models determinded by forms of networks and modes of teritories.<br> Finally, one paradigm and two fundamental modes were isolated by deploying the above-mentioned data, which may be said to represent one aspect of the urban form of contemporary Tokyo.
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 駅およびその周辺環境における建物立面の複合形式からみた都市空間の表層性 稲用 隆一, 奥山 信一 日本建築学会計画系論文集 日本建築学会 76/ 670, 2299-2306 2011 1340-4210 URL This paper attempts to clarify elevational aspects of urban space in the center of Tokyo from the point of view of continuity in configuration and articulation of station buildings' surfaces. Initially, the continuity of station buidings' surfaces is analyzed in terms of two aspects of comparative scale with neighbor buildings. One is comparative scale in terms of actual height and width of the buildings themselves. The other is the comparative articulated width of the station buildings' surfaces. Secondly, the fundamental mode and conditions of surface continuity of station building in urban space were determined by collating these two aspects. Thirdly, the characteristics of the surface complexity of station building are categorized in terms of models.<br> One paradigm and three fundamental models were isolated by deploying the above-mentioned data, which may be said to represent one aspect of the urban form of contemporary Tokyo, and which afford one possibly useful way of describing the urban spatial character Tokyo today.
  4. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 東京の状景(<連載>住むことから考えるU-35(12)) 稻用 隆一 建築雑誌 一般社団法人日本建築学会 129/ 1665 2014/12/20 00038555 URL
  5. (MISC)総説・解説(その他) 単著 『状景』から考える自由が丘の空間特性-駅のプラットホームから町を眺める 稲用隆一 city & life -都市のしくみとくらし 一般財団法人第一生命財団 111, 15-20 2014/07

芸術活動、建築作品等

  1. 建築作品 共同 高松港・アート工房 ベンガル島 2013/09-現在
  2. 建築作品 共同 くまもとアートポリス東北支援「みんなの家」 2011/12-現在
  3. 建築作品 共同 寿から考える-価値観の変化にともなう都市空間の再編 2011/09-現在
  4. 建築作品 共同 東京工業大学すずかけ台キャンパスG3 棟レトロフィット 2010/08-現在

担当授業科目

  1. 都市システム工学製図
  2. 建築設計製図Ⅰ
  3. 建築設計製図Ⅱ
  4. 建築学概論
  5. 卒業研究

所属学協会

  1. 日本建築学会 2006/04-現在