Ibaraki University's
College of Humanities and Social Sciences
Department of Humanities

Associate Professor

Tahara Shotaro


Career

  1. 日本学術振興会特別研究員 2009/04/01-2011/03/31
  2. 早稲田大学 教育学部 非常勤講師 2011/09/01-2017/03/31
  3. 早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師 2013/04/01-2016/03/31
  4. 早稲田大学 文学部 非常勤講師 2016/09/01-2017/03/31
  5. 早稲田大学 社会科学部 非常勤講師 2016/09/01-2017/03/31
  6. 早稲田大学 文化構想学部 助教 2017/04/01-2017/09/30
  7. 津田塾大学 学芸学部 非常勤講師 2017/04/01-Present
  8. 放送大学 埼玉学習センター 非常勤講師 2017/04/01-Present
  9. 早稲田大学 文学部 非常勤講師 2017/10/01-2018/03/31
  10. 早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師 2017/10/01-2018/03/31
  11. 早稲田大学 教育学部 非常勤講師 2017/10/01-2018/03/31
  12. 茨城大学 人文社会科学部 准教授 2017/10/01-Present

Academic background

  1. 早稲田大学 社会科学部 2002/03/15 Graduated 日本
  2. 早稲田大学 第一文学部 哲学専修 2004/03/15 Graduated 日本
  3. 早稲田大学 文学研究科 哲学専攻 Master course 2007/03/15 Completed 日本
  4. 早稲田大学 文学研究科 人文科学専攻哲学コース Doctor course 2011/03/31 Withdrawn after completion of required course credits 日本

Academic degrees

  1. 博士(文学) 早稲田大学 2013/01/23

Current state of research and teaching activities

カント倫理学とその現代における展開

Research Areas

  1. Philosophy/Ethics

Research keywords

  1. カント倫理学、20世紀以降のカント主義的倫理学、普遍化可能性、自律

Subject of research

  1. カント倫理学を中心とした道徳判断の研究 2007/04/01-Present
  2. 自律の倫理学的研究 2016/02/01-Present
  3. カント『実践理性批判』の研究 2017/10/01-Present

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 「出版当時の議論状況を反映させたカント『実践理性批判』の再検討」 Science research expense 研究活動スタート支援 2017/08/25-2019/03/31
  2. 「《経験的改訂を容れる「ア・プリオリ」概念》を用いたカント的超越論哲学の組み換え」 Science research expense 基盤研究(C) 2017/04/01-2020/03/31
  3. 「自律の倫理学的研究―現代カント主義を中心として―」 Others 上廣倫理財団研究助成 2016/02/01-2018/01/31
  4. 「カントの道徳的判断論とその発展的解釈」 Science research expense 特別研究員奨励金 2009/04/01-2011/03/31

Papers

  1. Only なぜ道徳は哲学を必要とするのか―イマヌエル・カントの場合 田原 彰太郎 Philosophia 105, 103-120 2018/03/26
  2. Research paper (scientific journal) Only 自律的行為者の行方 ── 個人主義的構想から実質的構想への展開 ── 田原彰太郎 WASEDA RILAS JOURNAL 早稲田大学総合人文科学研究センター 5, 193-203 2017/10/21
  3. Bereicherung der Debatte über Autonomie―Potentialität der Kantischen Autonomie in der Gegenwart― 田原彰太郎 『第一回大阪哲学 ゼミナール報告集』 45-58 2015
  4. カント的行為者を文脈に位置付ける―バーバラ・ハーマンの道徳的熟慮論を手がかりとして― 田原彰太郎 現代カント研究 晃洋書房 13, 68-83 2015
  5. 経験主義批判としての最高善論 田原彰太郎 知泉書簡 16, 8-22 2015

Research presentations

  1. Symposium workshop panel(nominated) “The priority of the right over the good” reconsidered in a Kantian way 第六回大阪哲学ゼミナール 2018/09/18
  2. Symposium workshop panel(nominated) 「カント的グローバル・ジャスティスの可能性」 第四回大阪哲学ゼミナール 2016/12
  3. Other 「承認論の再検討―自律と公平性という観点から」(藤野寛著『「承認」の哲学――他者に認められるとはどういうことか』合評会でのコメンテーター) 現代倫理学研究会12月例会 2016/12
  4. Symposium workshop panel(nominated) “Why do morals need philosophy?” Colloquium: Current Themes in Japanese Kant-Studies 2016/09
  5. Symposium workshop panel(nominated) 「コースガードにおける超越論的論証と自律」 『超越論的論証:その本質と発展可能性』第7回研究会 2016/03

Alloted class

  1. 倫理学入門
  2. 現代哲学・思想
  3. 実践哲学講読演習
  4. 専門演習

Memberships of academic societies

  1. 日本哲学会 2011/12-Present
  2. 日本倫理学会 2008-Present
  3. カント研究会 2007/11-Present
  4. 日本カント協会 2007/09-Present