Ibaraki University's
Graduate School of Science and Engineering (Engineering)
Department of Urban and Civil Engineering

Associate Professor

Enomoto Tadao


Other affiliation / position

  1. Institute for Global Change Adaptation Science (ICAS) 兼務教員

Career

  1. 国土交通省 大臣官房技術調査課 2008/04/01-2008/06/15
  2. 独立行政法人土木研究所 材料地盤研究グループ土質・振動チーム 研究員 2008/06/16-2011/03/31
  3. 国土交通省 総合政策局政策課 調査第二係長 2011/04/01-2011/06/30
  4. 国土交通省 総合政策局官民連携政策課 事業係長 2011/07/01-2013/06/30
  5. 独立行政法人土木研究所 構造物メンテナンス研究センター橋梁構造研究グループ 研究員 2013/07/01-2014/03/31
  6. 国土交通省国土技術政策総合研究所 道路構造物研究部道路基盤研究室 研究官 2014/04/01-2017/03/31
  7. 茨城大学 工学部都市システム工学科 准教授 2017/04/01-Present

Academic background

  1. 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻 Doctor course 2008/03/31 Withdrawn before completion

Academic degrees

  1. 博士(工学) 東京大学 2012/09/13

Licenses and qualifications

  1. 高等学校教諭一種免許(工業) 2004/03
  2. 技術士(建設部門-土質及び基礎) 2015/04

Research Areas

  1. Geotechnical engineering

Research keywords

  1. 盛土・擁壁の耐震性
  2. 地盤の液状化
  3. 地盤の微小ひずみ領域における変形特性
  4. 地盤材料の粘性

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 道路盛土の法尻部に着目した新しい耐震補強工の開発 Others 公益財団法人前田記念工学振興財団 研究助成 2018/04-2019/03
  2. 安全で快適な高速走行環境の構築に向けた新たな緑地管理手法の開発-大学・企業・住民で考える未来志向型の高速道路緑地管理手法- Others NEXCO東日本 技術研究助成 2018/02-2019/01

Bibliography

  1. 落石対策便覧(H29改訂版) 稲垣裕、榎本忠夫、小野田敏、加藤俊二、木村一幸、今野久志、佐々木哲也、鈴木達也、西弘明、松尾修 主に 第5章 落石防護施設の設計 社団法人日本道路協会(編)(丸善株式会社出版事業部) 2017/12
  2. 道路土工-盛土工指針 (平成22年度版) 飯塚康雄、榎本忠夫、他16名 社団法人日本道路協会(編)(丸善株式会社出版事業部) 2010/04

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Seismic behaviour of reinforced embankments in dynamic centrifuge model tests, Enomoto, T. and Sasaki, T. Soils and Foundations 58/ 1, 212-227 2018/02
  2. Research paper (scientific journal) Joint 2016年熊本地震による熊本市南区内の液状化被害調査-噴砂の液状化特性と液状化後の非排水せん断挙動- 榎本忠夫、久保和幸 地盤工学ジャーナル (公社)地盤工学会 11/ 4, 399-409 2016/12
  3. Research paper (scientific journal) Joint Creep failure of natural gravelly soil and its simulation, Enomoto, T., Koseki, J., Tatsuoka, F. and Sato, T. Géotechnique 66/ 11, 865-877 2016/11
  4. Research paper (international conference proceedings) Only Case studies of road embankments with and without damage by the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake Enomoto, T. Japanese Geotechnical Society Special Publication Japanese Geotechnical Society 4/ 2, 1-4 2016/09
  5. Research paper (scientific journal) Only Effects of grading and particle characteristics on small strain properties of granular materials Enomoto, T. Soils and Foundations Japanese Geotechnical Society 56/ 4, 745-750 2016/08

Research presentations

  1. キャピラリーバリア型覆土に用いる細粒土に関する検討 第14回地盤工学会関東支部発表会論文集 2017/11
  2. 粘性土を用いた覆土に発生するひび割れと降雨流入量に関する基礎的研究 第14回地盤工学会関東支部発表会論文集 2017/11
  3. Oral presentation(invited, special) 地盤工学会研究奨励賞を受賞して 地盤工学会誌 2017/08
  4. 近年の地震による道路盛土の被災事例からみた設計水平震度に関する考察 第52回地盤工学研究発表会論文集 2017/07
  5. Oral presentation(general) 東北地方太平洋沖地震にて被災した道路盛土のニューマーク法による耐震性評価 第51回地盤工学研究発表会 2016/09/14

Prizes

  1. 平成29年度茨城大学学長学術表彰(奨励賞) 2017/09/20
  2. 平成28年度地盤工学会研究奨励賞 2017/06/09
  3. 平成27年度地盤工学会論文賞(英文部門) 2016/06/08
  4. 2012年度国際ジオシンセティックス学会日本支部 JC-IGS 論文奨励賞 2012/11
  5. 第40回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞 2005/07

Alloted class

  1. 地盤防災工学特論
  2. 地盤力学Ⅱ
  3. 都市システム工学実験Ⅱ
  4. 都市システム設計演習Ⅱ
  5. 都市システム工学基礎演習Ⅱ

Social Contribution

  1. (一財)茨城県建設コンサルタンツ協会主催 第2回技術発表会 特別講師 2017/10/13-2017/10/13
  2. 近年の地震による道路盛土の被害の特徴と教訓(茨城県建設コンサルタンツ協会 建コンIbaraki 第19号 寄稿 ) 2017/09-2017/10
  3. 土木学会関東支部茨城会・一般財団法人茨城県建設技術管理センター共催 第16回建設技術講演会講師  2017/07/21-2017/07/21
  4. 国土交通省主催 PFIに関する講習会 講師 2013/03-2013/03
  5. (一財)全国建設研修センター主催 PFIに関する講習会 講師 2013/01-2013/01

Memberships of academic societies

  1. 地盤工学会 2004-Present
  2. 土木学会 2004-Present

Committee Career

  1. (公社)地盤工学会 国際的学術雑誌「Soils and Foundations」編集委員会 編集委員 2018/06-Present
  2. 地盤工学会関東支部茨城県グループ 幹事 2018/05-Present
  3. 東南アジア地盤工学会 国際的学術雑誌「Geotechnical Engineering Journal of the SEAGS & AGSSEA」の特集号(Cyclic loading of soils and foundations)における Co-secretary 2017/12-Present
  4. (公社)土木学会関東支部 茨城会 総務部会 副部会長 2017/07/21-Present
  5. Institute of Engineering Mechanics (IEM), China Earthquake Administration in cooperation with the Multidisciplinary Center for Earthquake Engineering Research (MCEER), and State University of New York at Buffalo 国際的学術雑誌「Earthquake Engineering and Engineering Vibration」査読者 2016/10-Present

Joint / funded research

  1. 歴史資料を活用した減災・気候変動適応に向けた新たな研究分野の創成 2017/09-2020/03 Domestic
  2. CSP工法の地震時液状化抑制効果 2017/07-Present Domestic
  3. 高速道路盛土法面に繁茂しているクズ対策 2017/09-Present Domestic
  4. スマートにつながるコミュニティのための災害耐性のあるネットワーク 2017/11-Present International
  5. 九州北部豪雨災害調査 2017/07-Present Campus