茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程 教科教育コース 国語教育教室

准教授

宮﨑 尚子

ミヤザキ ナオコ
Miyazaki Naoko

その他の所属・職名

  1. 教育学部 学校教育教員養成課程 教科教育コース 国語教育教室 准教授

経歴

  1. 尚絅大学 文学部 非常勤講師 2000/04/01-2005/10/31
  2. 尚絅高等学校 普通科 非常勤講師 2002/04/01-2007/03/31
  3. 平成音楽大学 音楽部 非常勤講師 2005/10/01-2007/03/31
  4. 熊本学園大学 非常勤講師 2006/04/01-2007/03/31
  5. 尚絅高等学校 普通科 教諭 2007/04/01-2011/03/31
  6. 尚絅大学 文化言語学部 助教 2011/04/01-2015/03/31
  7. 熊本市医師会看護専門学校 第二看護学科 非常勤講師 2014/04/01-2017/03/31
  8. 尚絅大学 文化言語学科 講師 2015/04/01-2017/03/31
  9. 教育学部 国語教育教室 2017/04/01-現在

学歴

  1. 熊本大学大学院 文学研究科 1999/03/31 修了 日本
  2. 九州大学大学院 比較社会文化研究科 日本社会文化専攻(文化構造) 博士後期 2002/03/31 単位取得満期退学 日本

学位

  1. 修士(文学) 熊本大学大学院 1999/03/31

免許・資格

  1. 中学校教諭一種免許(国語) 1997/03/31
  2. 高等学校教諭一種免許(国語) 1997/03/31
  3. 中学校教諭専修免許(国語) 1999/03/31
  4. 高等学校教諭専修免許(国語) 1999/03/31

研究分野

  1. 日本文学

研究キーワード

  1. 日本近現代文学 国語教育 川端康成 旧制中学校 日記

研究テーマ

  1. 科学研究費助成事業/基盤研究C(一般)研究代表者「新資料川端康成『生徒の肩に柩をのせて』の関係資料収集と翻刻整理を目的とした研究」 2015/04/01-2017/03/31

共同・受託研究希望テーマ

  1. 旧制中学校の国語教育

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費助成事業/基盤研究C(一般)研究代表者「新資料川端康成『生徒の肩に柩をのせて』の関係資料収集と翻刻整理を目的とした研究」 科研費 2015/04/01-2017/03/31 川端康成の中学時代の文章「生徒の方に柩をのせて」に関わる周辺資料(同窓会報、関係者の書簡)の収集と翻刻、整理を目的とした研究。

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 新旧小中学校学習指導要領国語科に関する記述内容の特色と教材化研究―教科教育と教科専門の融合的授業構築にむけて ― 昌子佳広・鈴木一史・宮﨑尚子・川嶋秀之・増子和男・齋木久美 「茨城大学教育学部紀要」 茨城大学教育学部 67, 6-9 2018/01/30 「物語・文学教材の視点による教材文責と教材開発」について近代文学作品をアクティブ・ラーニングで展開する方法について単独で論じた。宮沢賢治の「やまなし」を例に取り、語彙を増やすためにはPBLを調べ学習として並行して取り入れることが可能であると述べた。また、小学校の時に宮沢賢治の周辺について知ることで、語句の持つイメージが膨らみ、中学で学ぶ「永訣の朝」の解釈にもつながることを述べた。
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 石丸梧平主宰の家庭雑誌「団欒」に関する調査⑥ 宮﨑尚子 尚絅大学研究紀要 尚絅大学尚絅大学短期大学部 49, 1-7 2017/03/31
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 川端康成と藤波大超 宮﨑尚子 尚絅語文 尚絅大学文化言語学部 6 2017/03/13
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 教員養成におけるICT機器活用の指導について(1)「新しい教育メディア」としての電子黒板の活用例とその意義・課題 (尚絅大学設立40周年記念号) 稲葉 浩一, 宮崎 尚子 尚絅大学研究紀要. A, 人文・社会科学編 尚絅大学 48, 85-92 2016 2187-5235 URL 「知識基盤型社会」と呼ばれる現代において,学校教育におけるICT機器を用いた授業の必要性は急速に高まっている。そこで本稿では筆者らが授業内外で行っている教員養成のための電子黒板の使用法の指導例を紹介しつつ,その意義と課題について考察する。
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 教員養成におけるICT機器活用の指導について(2)「国語科教育法」における電子黒板を活用した授業の指導例 (尚絅大学設立40周年記念号) 宮﨑 尚子, 稲葉 浩一 尚絅大学研究紀要. A, 人文・社会科学編 尚絅大学 48, 93-99 2016 2187-5235 URL 本学の「教育実践研究」と「国語科教育法II」「国語科教育法IV」で指導した電子黒板の使用例を報告している。本稿では古文と漢文の例を紹介している。紙媒体の資料と比べて動画を活用した時にその効果が見られた。

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 川端康成研究~孤児根性発生のプロセス~ 第三十七回 茨城国語教育学会 2018/03/24 川端康成が受けた国語教育という視点から川端文学の発生について述べた。中学校5年生の時に雑誌「団欒」(大正6年3月)に掲載された「生徒の肩に柩をのせて」の周辺資料を分析し、恩師倉崎仁一郎とその家族が与えた影響について解説した。
  2. 口頭発表(一般) 川端康成"幻の処女作"「生徒の肩に柩をのせて」について 韓国日本基督教文学會 国際学術発表大会 2017/09/23 川端康成が中学校5年生時に掲載された「生徒の肩に柩をのせて」(「団欒」大正六年)について解説した。後の「倉木先生の葬式」(「キング」昭和二年)、「師の柩を肩にした者」(「會報」第四十八號 昭和七年)、「師の棺を肩に」(「東光少年」昭和二十四年)との関係から、川端の「孤児根性」発生のプロセスについて論じた。
  3. 口頭発表(一般) 明治大正期の大阪府立茨木中学校の教師陣――川端康成と倉崎仁一郎の例を中心に Modern Literature and Education: Exploring New Approaches to the Study of Literature 2017/07/15 明治二八年創立の大阪府立茨木中学校は各分野において数々の著名人を輩出してきた。創立期の教師陣は、国民の中に中堅層のウエイトを増やすことが国の為になると信じていた。高碕達之介と濱田眞名二、川端康成と倉崎仁一郎、藤波大超と天坊幸彦、杉本傳と入江稔夫等、教師が影響を与えたケースは枚挙に暇がない。そこで本発表ではノーベル文学賞受賞作家である川端康成と倉崎仁一郎の例を取り上げ、川端の作家人生に与えた影響について解説する。
  4. 口頭発表(一般) 川端康成「生徒の肩に柩をのせて」の比較考察―登場人物設定の変遷から見る“孤児根性”の生成― 日本近代文学会九州支部秋季大会 2014/11/30 「生徒の肩に柩をのせて」、「倉木先生の葬式」、「師の棺を肩に」の三作品を比較して、川端の孤児根性の生成過程について実証的に論じた。「倉木先生の葬式」だけが先生の妻が早世した設定になっている。これは先生の娘が孤児となったことを意味する。実際の「先生の奥さん」は大正9年に亡くなっている。この時期から川端の作品に孤児をモチーフにした物が集中していることから、関係性が深いと指摘した。
  5. 口頭発表(招待・特別) 新資料 川端康成「生徒の肩に柩をのせて」の発見とその意義 尚絅大学国語教育学会 2014/11/23 大正6年に書かれた中学五年生の時の川端の「生徒の肩に柩をのせて」が発見された経緯と意義について論じた。この作品に描かれた恩師の遺族と、川端文学のモチーフが一致していることを指摘した。結論として川端文学の原点とリンクしている事、美の視点を獲得したこと、「褒める事」には教育的効果があることを確認できたとした。

社会貢献活動

  1. 第44回茨城県高等学校春季弁論大会(審査委員) 2018/05/27-現在 現在、若者たちの活字離れが憂慮されています。テレビゲームに代表される映像メディア文化隆盛の中、社会と自分を真摯に見つめ他者に向けて「ことば」により発表する機会は、次第に失われつつあります。かたやグローバル化が進展する現代社会において、自分の考えや主張を的確に伝えるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の重要性はますます高まっています。 「現状を分析し、自らの思考を論理的に構成し、聴衆に効果的に訴える。こうした力は自然に身に付くものではなく、人前で進んで発言する体験を重ねるにより身に付くものと信じます。 同時に同世代の仲間が何を考え、何に悩んでいるかを知ることは、自分自身を理解することにもつながります。 このような趣旨のもと、第44回茨城県高等学校春季弁論大会を開催いたします。 」(大会開催の趣旨)
  2. 第62回 文部科学大臣杯 全国青年弁論大会(審査委員) 2017/11/11-2017/11/12 の若人がそれぞれの生活の中で学びとり感じとった事柄を必要な時に 勇気と信念をもって正しく相手に伝える技術を磨き、話し方教育の一端と しても広く社会の人々に披瀝し、批判と共鳴の中から正しいものの見方、 考え方を養い、お互いが明日への成長の資とすると共に、弁論を通じて明 るく健全な地域社会の発展に寄与すると共に外国の人達とも友好親善を深 めることを目的とする。

報道出演・資料(DB等)提供

  1. 芥川龍之介研究(国際芥川龍之介学会)第10号,234-235頁 雑誌 2016/03/31
  2. 久敬会報(大阪府立茨木高等学校同窓会報)第69号19頁 雑誌 2015/09/01
  3. 山陰中央新報 新聞 2015/01/06
  4. 山陰中央新報 新聞 2014/03/03
  5. 山陰中央新報 新聞 2014/03/03