茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程 教科教育コース 英語教育教室

講師

安原 正貴

ヤスハラ マサキ
Yasuhara Masaki
  • 1986年生まれ

学位

  1. 博士 (言語学) 筑波大学 2014/03/25

研究分野

  1. 英語学

競争的資金等の研究課題

  1. 修飾要素を用いた自他交替の対照言語学的研究 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 2016/04/01-2019/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Secondary Agent Constructions from the Viewpoint of a Manipulated Object Verbs, Clauses and Constructions: Functional and Typological Approaches Cambridge Scholars Publishing 317-336 2018/12/01
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 Two Types of External Causes and an Implication for Causative Alternation English Linguistics 35/ 1, 122-150 2018/09/01
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 小学校英語教育における異文化理解教育と文法教育の実践と課題 君塚, 淳一 小林, 英美 安原, 正貴 茨城大学教育学部紀要. 教育科学 67, 385-397 2018/01/30
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 SYNTACTICALLY TRANSITIVE BUT SEMANTICALLY ANTI-CAUSATIVE: AN EXPLETIVE VOICE ACCOUNT OF ADVERSITY CAUSATIVES IN JAPANESE MIT Working Papers in Linguistics 88, 457-463 2018/01/01
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 Secondary Agent Constructions from the Perspective of the Motion Inherent to Manner-of-Action Masaki Yasuhara Data Science in Collaboration, Vol. 1 180-188 2017/12/31

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 動詞の意味を詳述指定する小節構造 日本英語学会第36回大会 2018/11/25
  2. 口頭発表(一般) 英語における様態動詞がとる2種類の小節構造 英米文化学会第155回例会 2018/06/09
  3. 口頭発表(一般) Break a branch off a tree: An account based on further specification ELSJ 11th International Spring Forum 2018 2018/05/13
  4. 口頭発表(一般) Secondary Agent Constructions from the Perspective of the Motion Inherent to Manner-of-Action Tsukuba Global Science Week 2017 2017/09/27
  5. Transitive Sentences Denoting an Anti-causative Eventuality in Japanese" 19th Seoul International Conference on Generative Grammar 2017/08/09

担当授業科目

  1. 教職実践演習
  2. Advanced English
  3. 大学入門ゼミ
  4. 英語学概論A
  5. 英語学概論B