茨城大学
理工学研究科(工学野)
都市システム工学領域

准教授

成田 和彦

ナリタ カズヒコ
Narita Kazuhiko
  • 1954年生まれ

経歴

  1. 茨城県 土木部 1980/04/01-2015/03/31
  2. (一般財団法人)茨城県建築センター 構造部 理事兼構造部長 2015/04/01-2016/09/30

学歴

  1. 東京工業大学 工学部 建築学 1978/03/31 卒業 日本
  2. 東京工業大学 総合理工学研究科 建築学専攻 修士 1980/03/31 修了 日本
  3. 東京工業大学 理工学研究科 建築学専攻 博士 2016/03/31 修了 日本

学位

  1. 博士(工学) 東京工業大学 2016/03/26

免許・資格

  1. 一級建築士 1981/09/14
  2. 建築基準適合判定資格者 1999/08/10
  3. 構造設計一級建築士 2009/06/16
  4. 構造計算適合性判定資格者 2016/01/26

研究分野

  1. 建築構造

研究キーワード

  1. 学校体育館の耐震性能
  2. RC片持架構の耐震性能
  3. 鉄骨置屋根体育館の定着部の耐震性能
  4. 摩擦ダンパー支承部の応答評価
  5. 建築物の振動解析

研究テーマ

  1. 学校体育館の耐震性能 東日本大震災で被害を受けた、学校体育館の耐震性能の研究。特に、躯体がRC構造で、鉄骨置屋根構造の体育館の支承部の耐震性能について。 2013/04/01-現在
  2. 建築物の時刻歴応答解析を用いた解析 2013/04/01-現在
  3. 建築物の地震応答の理論的解析 2013/04/01-現在

論文

  1. 共著 減衰による低減係数 F h についての研究 立開北都・成田和彦 日本建築学会大会学術講演梗概集 日本建築学会 615-616 2019/09/02
  2. 共著 RC建築物における塔状比と浮き上がりに関する研究 長谷川広樹・成田和彦 日本建築学会大会学術講演梗概集 日本建築学会 945-946 2019/09/02
  3. 共著 鉄骨置屋根体育館における支承部反力及び屋根面加速度 の制振制御に関する研究 平野史也・成田和彦 日本建築学会大会学術講演梗概集 日本建築学会 817-818 2019/09/02
  4. 共著 3重応答スペクトルを用いた耐震設計法についての研究 王俊凱・成田和彦 日本建築学会大会学術講演梗概集 日本建築学会 613-614 2019/09/02
  5. 共著 スリットを有する鉄筋コンクリート壁の面外振動に関する研究 田宮洸瑛・成田和彦 日本建築学会大会学術講演梗概集 日本建築学会 383-384 2019/09/02

研究発表

  1. 口頭発表(一般) STUDY FOR DAMPING FACTOR AND STRUCTURAL DUCTILITY FACTOR OF RC BUILDINGS RETROFITTED WITH STEEL BRACES 12th Pacific Structural Steel Conference 2019/11/10
  2. 口頭発表(一般) EVALUATION OF BEARING REACTION FORCE IN SPASE FRAME ROOF GYMNASIA SUPPORTED BY RC WALL FRAMES 12th Pacific Structural Steel Conference 2019/11/09
  3. 口頭発表(一般) 減衰による低減係数 F h についての研究 本建築学会大会 2019/09/06
  4. 口頭発表(一般) 3重応答スペクトルを用いた耐震設計法についての研究 日本建築学会大会 2019/09/06
  5. 口頭発表(一般) 鉄骨置屋根体育館における支承部反力及び屋根面加速度 の制振制御に関する研究 日本建築学会大会 2019/09/05

委員歴

  1. 一般財団法人 茨城県建築センター 耐震診断・補強計画次判定会議 委員 2007/10-現在