Ibaraki University's
Institute for Liberal Arts Education
Department of Global Education

Lecturer

Aoki Kayoko


Career

  1. 桑港学園日本語学校 講師 2008/09-2012/03
  2. 国際教養大学 非常勤講師 2012/06-2012/07
  3. 中央大学 文学部事務室 嘱託職員 2013/02/01-2017/03/31

Academic background

  1. University of San Francisco School of Education International and Multicultural Education Doctor course 2008/05 Completed USA

Academic degrees

  1. Doctor of Education University of San Francisco 2008/05

Research Areas

  1. Education

Research keywords

  1. Multicultural Education
  2. Intercultural Education
  3. International Understanding Education
  4. 批判的教育学

Subject of research

  1. 在日コリアン女性と日系アメリカ人女性のアイデンティティ 2007/09/01-2012/12/01
  2. ホワイトネス研究と日本人性 2012/04/01-Present
  3. 海外体験学習における学び 2013/02/01-Present
  4. 社会正義のための教育(Social Justice Education) 2018/04/01-Present

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 社会正義のための多文化教育のプログラム開発と実践 Science research expense 基盤研究(C)(一般)課題番号19K02470 2019/04/01-2021/03/31
  2. 日本社会における外国人と日本人の異文化相互理解に関する質的実証研究 Science research expense 基盤研究(C) 2017/04/01-2021/03/31

Bibliography

  1. Multicultural Education Social Studeis: Teaching Diversity, Social Justice, and Equity 第1章「多文化教育再考ー社会正義の実現に向けて―」、コラム2・4、あとがき 明石書店 2019/06/20 978-4-7503-4859-9
  2. 「コラム:サンフランシスコ・ベイエリアの在日コリアングループ」河原典史・木下昭編『移民が紡ぐ日本-交錯する文化のはざまで-』 青木香代子 文理閣 2018/03/25 978-4-89259-821-0

Papers

  1. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint 中国人短期留学生の日本留学観に関する一考察 青木香代子・安龍洙 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 茨城大学全学教育機構 2, 13-27 2019/02
  2. Research paper (bulletin of university, research institution) Only アメリカにおける社会正義のための教育の可能性-多文化教育の批判的研究を通して- 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 茨城大学全学教育機構 2, 103-115 2019/02
  3. Research paper (scientific journal) Intercultural Competence in a Short Term Study Abroad Program as Japanese Language Assistants: Focusing on the Concept of Japaneseness Intercultural Education 異文化間教育学会 47, 35-49 2018/03/31
  4. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint An Analytical Study of Intercultural Understanding of Exchange Students from Southeast Asia Living in Japan 青木香代子、安龍洙 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 茨城大学全学教育機構 1, 13-27 2018/02/01 2433-3867
  5. Research paper (bulletin of university, research institution) Perceptions of Japan, visiting countries, and self: Participant students’ narratives analysis through the concept of Japaneseness 青木香代子 茨城大学全学教育機構論集グローバル教育研究 茨城大学全学教育機構 1, 105-116 2018/02/01 2433-3867

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 移動する日台ダブルのアイデンティティとことば―大学生の日台ダブルのライフストーリーから― 日本移民学会 第29回年次大会 2019/06/30
  2. Oral presentation(general) 大学における社会的正義のための教育にむけた試み―特権性と抑圧の理解の授業実践を通して― 異文化間教育学会 第40回大会 2019/06/08
  3. Oral presentation(general) 「多」文化環境におけるアイデンティティ―日台ダブルのライフストーリーを一事例として― 異文化間教育学会 第39回大会 2018/06/10
  4. Oral presentation(invited, special) Intercultural Competence in a Short Term Study Abroad Program as Japanese Language Assistants: Focusing the Concept of Japaneseness 異文化間教育学会 第38回大会 2017/06/17
  5. Oral presentation(general) グローバル人材育成と「日本人性」 ー海外日本語教師アシスタント実習プログラム参加学生による報告書の分析からー 異文化間教育学会 第37回大会 2016/06

Alloted class

  1. 日本語研修コース レベル1総合A
  2. 日本語研修コース レベル3 総合A
  3. 多文化社会と日本語教育
  4. 日本語研修コース 日本事情 A
  5. 5学部混合地域PBL Ⅳ

Social Contribution

  1. 日本多文化基金 2011/03-2012/03 日本太平洋資料ネットワークおよびEclipse Risingが設立した東日本大震災基金において、ウェブサイトのニュース記事の翻訳、ニュースレターの編集
  2. 南丹市国際交流協会 2010/04-Present
  3. Japan Pacific Resource Network 2008/07-2012/03 ボランティア・プログラムコーディネーター
  4. National Japanese American Historical Society 2008/07-2012/03 Tule Lake Pilgrimage(ツールレーク巡礼)におけるオーラル・ヒストリー・プロジェクトのインタビュー、テープの書き起こし イベントボランティア等

Memberships of academic societies

  1. 日本教育社会学会 2018/08-Present
  2. 日本国際理解教育学会 2012/04-Present
  3. 日本移民学会 2011/04-Present
  4. 日本オーラル・ヒストリー学会 2008/01-Present
  5. Comparative and International Education Society 2007/10-Present

Committee Career

  1. 異文化間教育学会 若手交流委員会 2019/04/01-Present
  2. 異文化間教育学会 研究委員会 2016/04/01-2018/03/31

Extention education

  1. Open lecture (on campus) Who are Japanese? Let's think about the diversifying Japanese society 2018
  2. Open lecture (on campus) 多文化共生ワークショップ 2017
  3. Open lecture (on campus) ちがいをたのしむ―多文化共生へのはじめの一歩 2017