茨城大学
理工学研究科(工学野)
物質科学工学領域

准教授

吾郷 友宏

アゴウ トモヒロ
AGOU Tomohiro

経歴

  1. 東京大学 大学院理学系研究科化学専攻 日本学術振興会特別研究員 2006/04/01-2007/10/31
  2. レンヌ第一大学 化学科 博士研究員 2007/05/01-2007/10/31
  3. 東京大学 大学院理学系研究科化学専攻 GCOE特任助教 2007/11/01-2008/04/30
  4. 東京大学 大学院理学系研究科化学専攻 助教 2008/05/01-2009/07/31
  5. 京都大学 次世代開拓研究ユニット 特定助教 2009/08/01-2011/03/31
  6. 京都大学 化学研究所 助教 2011/04/01-2016/03/31
  7. 茨城工業高等専門学校 非常勤講師 2016/10/06-現在

学歴

  1. 東京大学 理学部 化学科 2002/03/31 卒業
  2. 東京大学 理学系研究科 化学専攻 修士 2004/03/31 修了
  3. 東京大学 理学系研究科 化学専攻 博士 2007/03/31 修了

学位

  1. 博士(理学) 東京大学 2007/03/25

免許・資格

  1. 第一種衛生管理者 2011/08/05
  2. 普通自動車免許 2012/11/18
  3. 甲種危険物取扱者 2014/12/19
  4. エックス線作業主任者 2015/06/02

教育・研究活動状況

様々な典型元素の特徴を活かした新しい有機化合物を創り出し、それらの性質や機能を明らかにすることを目指しています。

研究分野

  1. 有機化学
  2. 機能物性化学
  3. 合成化学

研究キーワード

  1. 有機典型元素化学
  2. 有機金属化学

競争的資金等の研究課題

  1. 高反応性アルミニウム化合物による結合活性化を契機とする分子変換反応の開発 科研費 若手研究(A)
  2. アルミニウムと共役電子系の複合化に立脚した反応開拓 科研費 挑戦的萌芽研究

著書

  1. Comprehensive Inorganic Chemistry (2nd ed.), Vol. 1 Elsevier 2013

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Preparation and reactions of CF3-containing phthalides Kana Mitobe Kyu Terashima Tomoko Kawasaki-Takasuka Tomohiro Agou Toshio Kubota Takashi Yamazaki European Journal of Organic Chemistry 2018/10/01 10.1002/ejoc.201801384
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Straightforward Synthesis of Polyfluorinated Furan Derivatives and Their Property Tomohiro Agou, Seiya Nemoto, Shigeyuki Yamada, Tsutomu Konno, Yoshiyuki Mizuhata, Norihiro Tokitoh, Ryota Ebina, Akihiko Ishii, Takaaki Hosoya, Hiroki Fukumoto, Toshio Kubota Asian Journal of Organic Chemistry 2018/10/01 10.1002/ajoc.201800454
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 A monomeric manganese(II) catecholato complex: Synthesis, crystal structure, and reactivity toward molecular oxygen Shin-ichiro Agake, Hidehito Komatsuzaki, Minoru Satoh, Tomohiro Agou, YuyaTanaka, Munetaka Akita, Jun Nakazawa, Shiro Hikichi Inorganica Chimica Acta 484, 424-429 2018/09/18 10.1016/j.ica.2018.09.013
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Development of Novel Solid-State Light-Emitting Materials Based on Pentafluorinated Tolane Fluorophores Shigeyuki Yamada*† , Akira Mitsuda†, Kazuya Miyano†, Tsuyoshi Tanaka†, Masato Morita†, Tomohiro Agou‡ , Toshio Kubota‡, and Tsutomu Konno† ACS Omega 3, 9105-9113 2018/08/14 10.1021/acsomega.8b01490
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Stereoselective aldol reactions using pseudo C2 symmetric 1-benzyl-4-(trifluoromethyl)piperidine-2,6-dione Yuta Inoue,a Takahiro Hatayama,a Tomoko Kawasaki-Takasuka,a Tomohiro Agou,b Toshio Kubotab and Takashi Yamazaki* Chem. Commun. 54, 9913-9916 2018/08/06 10.1039/C8CC05458D

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Synthesis and Reactivity of Transition Metal Complexes Bearing Electron-Accepting Fluorinated Phosphines 7th Japan-Korea-China Joint Seminar on Fluorine Chemistry 2018/11/15 URL
  2. ポスター発表 含フッ素環状置換基を有する含硫黄多環芳香族分子の合成 第41回フッ素化学討論会 2018/10/25
  3. 口頭発表(一般) ペルフルオロアルキル基を有するアセンの合成と性質 第41回フッ素化学討論会 2018/10/25
  4. ポスター発表 新世代フロンを用いた新規含フッ素ビルディングブロックの合成と応用 第41回フッ素化学討論会 2018/10/25
  5. 口頭発表(一般) ヘキサフルオロシクロペンタンが縮環したフランの合成と性質 第29回基礎有機化学討論会 2018/09/08

知的財産権

  1. 特許 含フッ素環状ジオールを原料としたエステル類およびアリルエーテル類の製造法 2018-200162 2018/10/24
  2. 特許 含フッ素環状ジオールを原料としたエステル類およびアリルエーテル類の製造法 2018-200160 2018/10/24
  3. 特許 フッ素置換基を有する含硫黄多環芳香族化合物の製法 2018-182446 2018/09/27
  4. 特許 含フッ素多環芳香族化合物、有機薄膜トランジスタ、太陽電池、電子写真感光体及び有機発光素子の製造方法 2018-174910 2018/09/19
  5. 特許 含フッ素アルキン化合物及びその製造方法、並びに製造用中間体 2018-065322 2018/03/29

受賞

  1. 2013年宇部興産研究企画賞 2014/02/25
  2. 第24回井上研究奨励賞 ヘテラボリンを構成単位とした新規π共役分子の開発 2009/02/25

担当授業科目

  1. 基礎有機化学
  2. 化学・生命コース特別講義IV
  3. 分子の形と性質

所属学協会

  1. 基礎有機化学会
  2. ケイ素化学協会
  3. 日本フッ素化学会
  4. 近畿化学協会
  5. 高分子学会

委員歴

  1. MDPI Inorganics Special Issue Guest Editor 2018/09/01-現在
  2. 第70回錯体化学討論会 組織委員 2018/07/09-現在
  3. The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15) 国内組織委員 2018/01/30-現在
  4. 3rd International Symposium of Quantum Beam Science at Ibaraki University Session Organizer 2017/04/01-現在

共同・受託研究実績

  1. 含フッ素C5化合物を出発物質とした新材料開発 2018/11-2019/10 国内共同研究
  2. 含フッ素蛍光分子の開発 2018/10-現在 国内共同研究
  3. 単結晶X線構造解析を用いた、含フッ素共役分子の結晶構造におけるフルオラス相互作用の解明 2018/04-2019/03 国内共同研究
  4. 含フッ素不飽和化合物に関する研究 2018/04-2019/03 国内共同研究
  5. フッ素含有新規キラルリガンドの開発 2018/04-2019/03 国内共同研究

学外教育

  1. その他 高校生1日体験化学教室 2018

報道出演・資料(DB等)提供

  1. アカデミストジャーナル Web 2016/10/11