茨城大学
理工学研究科(工学野)
数理・応用科学領域

顔写真
講師

能田 洋平

ノウダ ヨウヘイ
NOUDA Yohei
  • 1978年生まれ

経歴

  1. 日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 博士研究員 2007/04/01-2010/03/31
  2. 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究センター 任期付研究員 2010/04/01-2015/03/31
  3. 茨城大学 工学部 産学官連携研究員 2015/04/01-2016/03/31
  4. 茨城大学 工学部 講師 2016/04/01-現在

学歴

  1. 京都大学 総合人間学部 自然環境学科 2001/03/31 卒業 日本
  2. 京都大学 人間・環境学研究科 人間環境学専攻 修士 2003/03/31 修了 日本
  3. 京都大学 理学研究科 化学専攻 博士 2007/03/31 修了 日本

学位

  1. 博士(理学) 京都大学 2007/03/23

研究分野

  1. 量子ビーム科学
  2. 高分子化学

研究キーワード

  1. 中性子小角散乱
  2. 電子スピン共鳴
  3. 動的核スピン偏極
  4. 高分子複合材料

著書

  1. 粉粒体/多孔質材料の計測とデータの解釈/使い方 小泉智・能田洋平 粉粒体・多孔質体の中性子小角散乱 S&T出版 2015/06/26
  2. Electron Paramagnetic Resonance : Volume 23 田村類・鈴木克明・内田幸明・能田洋平 EPR characterization of diamagnetic and magnetic organic soft materials using nitroxide spin probe techniques RSC Publishing 2012/11/30

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 Contrast variation by dynamic nuclear polarization and time-of-flight small-angle neutron scattering Y. Noda, S. Koizumi, T. Masui, R. Mashita, H. Kishimoto, D. Yamaguchi, T. Kumada, S. Takata, K. Ohishi, and J. Suzuki MLF annual report 2016 J-PARC center (KEK, JAEA), CROSS 16-18 2018/02/26
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mesoscopic Investigation of an “Immiscible” Cyclohexane and Water Micro-Mixture in Carbon Micropores by Contrast Variation Small-Angle Neutron Scattering M. Yoshimoto, Y. Yoshida, Y. Noda, S. Koizumi, S. Takata, J. Suzuki, A. Hoshikawa, T. Ishigaki, S. Ozeki, T. Iiyama Chemistry Letters The Chemical Society of Japan 47, 336-339 2018/01/10
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Time-resolved Total Reflection Detects Mass Transfer along Thickness Direction of Bulk Nafion(R) Film S. Koizumi, S. Ueda, Y. Noda Physica B Elsevier in press 2017/12/11
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Preparation of robust metal-free magnetic nanoemulsions encapsulating low-molecular-weight nitroxide radicals and hydrophobic drugs directed toward MRI-visible targeted delivery K. Nagura, Y. Takemoto, S. Moronaga, Y. Uchida, S. Shimono, A. Shiino, K. Tanigaki, T. Amano, F. Yoshino, Y. Noda, S. Koizumi, N. Komatsu, T. Kato, J. Yamauchi, R. Tamura Chemistry A European Journal Wiley-VCH 23, 15713-15720 2017/11/08 10.1002/chem.201702785
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hierarchically self-organized dissipative structures of filler particles in poly(styrene-ran-butadiene) rubbers D. Yamaguchi, T. Yuasa, T. Sone, T. Tominaga, Y. Noda, S. Koizumi, T. Hashimoto Macromolecules American Chemical Society 50, 7739-7759 2017/09/25 10.1021/acs.macromol.7b01052

研究発表

  1. ポスター発表 Dynamic nuclear polarization instrument for contrast variation experiment at iMATERIA in J-PARC MLF Quantum Beam Science in Biology and Soft Materials 2018/05/31
  2. 口頭発表(一般) Development of dynamic nuclear polarization instrument for contrast variation neutron scattering experiment at iMATERIA 第67回高分子学会年次大会 2018/05/23
  3. 口頭発表(一般) 水素核スピン偏極によるコントラスト変調中性子小角散乱 バウンドラバーの精密構造解析 第66回高分子討論会 2017/09/20
  4. ポスター発表 Contrast variation SANS by proton spin polarization: application to industrial rubber materials NOP 2017 2017/07/06
  5. 口頭発表(一般) 水素核スピン偏極によるコントラスト変調中性子小角散乱―フィラー粒子周辺におけるバウンドラバー空間分布の評価 第66回高分子年次大会 2017/05/29

担当授業科目

  1. 物理学実験【機械】
  2. 中性子ビーム実習
  3. 物理学実験【生体】
  4. 量子線科学のための電磁気学
  5. 原子力工学概論

所属学協会

  1. 日本中性子科学会
  2. 高分子学会