茨城大学
教育学部
学校教育教員養成課程(社会科教育)

准教授

藤崎 衛

フジサキ マモル
FUJISAKI Mamoru

その他の所属・職名

  1. 五浦美術文化研究所 研究員

経歴

  1. 東京大学 大学院人文社会系研究科 特任研究員 2007/10/01-2012/09/30
  2. 東京大学 大学院人文社会系研究科 助教 2012/10/01-2016/03/31
  3. 茨城大学 教育学部 准教授 2016/04/01-現在

学歴

  1. 東京大学 大学院人文社会系研究科 博士 2011/04/21 修了 日本

学位

  1. 博士(文学) 東京大学 2011/04/21

免許・資格

  1. 高等学校教諭専修免許状(地理歴史)

研究分野

  1. 史学一般
  2. ヨーロッパ史・アメリカ史

研究キーワード

  1. 西洋史
  2. 中世史
  3. 教皇権/ローマ教皇庁

研究テーマ

  1. 中世教皇庁の制度および文化 1998-現在
  2. 中世キリスト教における使節派遣・代理制度 1998-現在
  3. 中世カトリックのアジア宣教 2014-現在
  4. 中世キリスト教世界におけるアイデンティティおよび自己認識と他者認識 2015-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 「宣教団派遣に見る中世ヨーロッパのアジア認識と対モンゴル交渉に関する研究」 科研費以外 人文科学研究助成 三菱財団 三菱財団助成 2015/10/01-2016/09/30
  2. 「都市ローマ及び教皇領支配の観点に基づく中世教皇庁研究」 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2015/04/01-2019/03/31
  3. 「中世教皇庁の成立と展開」 科研費以外 東京大学 東京大学学術成果刊行助成 2013/12-2013/12
  4. 「中世盛期教皇庁の統治戦略とヨーロッパ像の転換」 科研費 基盤研究(B) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2013/04/01-2017/03/31
  5. 「中世教皇庁の行政組織編成に関する実証的研究」 科研費 若手研究(B) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2011/04/01-2014/03/31

著書

  1. Religious Interactions in Europe and the Mediterranean World: Coexistence and Dialogue from the 12th to the 20th Centuries Katsumi Fukasawa, Benjamin J. Kaplan, Pierre-Yves Beaurepaire (eds.) Mamoru Fujisaki, “A Franciscan Mission by Pope Nicholas III to Il-khan Abaqa” Routledge 2017/06/21 9781138743205
  2. 『名著で読む世界史120』 池田嘉郎、上野愼也、村上衛、森本一夫(編) 「スコラ学の大成者『神学大全』トマス・アクィナス」、「「イタリア語」の父『神曲』ダンテ」、「ルネサンスを告げる物語文学の傑作『デカメロン』ボッカチオ」、「近代政治学の祖『君主論』マキァヴェリ」 山川出版社 2016/11/30 9784634640634
  3. 『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』 藤内哲也(編著)、西村善矢、佐藤公美、ほか10名 「第6章 ローマ教皇とカトリック教会」 ミネルヴァ書房 2016/05/20
  4. 『教皇庁と美術』 加藤磨珠枝(編)、藤崎衛、山田順、ほか12名 「ローマ司教からローマ教皇へ、その変遷」 竹林舎 2015/09/15
  5. 『女教皇ヨハンナ』 マックス・ケルナー、クラウス・ヘルバース、藤崎衛(訳)、エリック・シッケタンツ(訳)、森本光(付録訳) 三元社 2015/09/08

論文

  1. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 単著 「教皇の伝説、伝説の教皇―中世に生きた教皇の実像と虚像―」 藤崎衛 『星美学園短期大学日伊総合研究所報』 星美学園短期大学日伊総合研究所 13, 42-45 2017/03/25
  2. (MISC)総説・解説(その他) 単著 「パリ、中世美術館に並ぶ王たちの頭部」 藤崎衛 『ニューサポート 高校社会』 東京書籍 26, 2-2 2016/10/01
  3. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 「世界史Q&A 十分の一税について教えてください。」 藤崎衛 『歴史と地理』 山川出版社 961, 46-48 2016/02/20
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 「中世カトリック世界の重層的アイデンティティ―12・13世紀の教会会議言説の分析―」 藤崎衛 『歴史学研究』 歴史学研究会 937, 171-180 2015/10/25
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 「中世教皇庁の慈善施設―施与局と救護院」 藤崎衛 『地中海学研究』 地中海学会 35, 75-94 2012/06

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 「海の彼方の人びと―中世西欧人の東方への眼差し―」 第41回大会シンポジウム「地中海学の未来」 2017/06/11
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 「過去を語る─女教皇ヨハンナ伝説と映画─」 第9回大会シンポジウム「映像化される中世─語り継がれる史実とフィクション─」 2017/06/04
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) "The Medieval Papacy and Asia: Mission, Christianization, and Conversion" «International Symposium Medieval Papacy: Governance, Communication, Cultural Exchange» 2017/01/19 The identification of the medieval Western Europeans, the papacy above all, as the Latin Christendom was formed through encounters with ‘others’, especially with non-Catholic Eastern people. Mongol’s hegemony and the information on the presence of a variety of Christians drew members of newly-founded mendicant Orders, the Franciscans and Dominicans, into Asia in the hope of converting of the Mongols and their subjects. Popes, on their part, made use of them. However, there must have been a gap of understanding of catholic mission between the popes and the indigenous people. For the popes, their concern was primarily conversion of the ‘infidels’, while for Mongol rulers, Christianity or Catholic faith was one of many religions to be permitted to exist in the empire and khantes. There were also obstacles to the communication between the different cultures, in particular problem of languages.
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) "On the servitia of consecration in thirteenth-century curia" «DFG Netzwerk Stilus curiae. Spielregeln der Konflikt- und Verhandlungsführung am Papsthof des Mittelalters (12.-15. Jahrhundert) Fünfter Workshop» 2016/12/03 The ‘servitia of consecration’ refers to gifts that the prelates newly appointed or confirmed by pope gave to the attendants of ceremony in occasion of their consecration and benediction. We can understand how the composition of these papal servants or attendants of the ceremony–cubicularii, mappularii, addextratores, servientes–changed in the course of the thirteenth century by referring to some sources that mention the ‘servitia of consecration’. By searching the history of gift giving in the thirteenth-century curia, especially of the servitia of consecration, we can see how changed the relationships between the popes and the City of Rome.
  5. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 「十字軍時代における教皇庁の平和理念―可能性と不可能性―」 『中世における平和の諸相』 2016/11/20

受賞

  1. 地中海学会ヘレンド賞 2014/06/14

所属学協会

  1. キリスト教史学会 2016/11-現在
  2. 都市史学会 2013/09/01-現在
  3. 西洋中世学会 2009/04/01-現在
  4. 地中海学会 2006/04/01-現在
  5. 史学会 2006/04/01-現在

報道出演・資料(DB等)提供

  1. 「ローマ教皇の交代 カトリックの体制立て直せるか」『東京大学新聞』、東京大学新聞社、第7面 新聞 2013/04/23
  2. 「ローマ法王 聖・俗、二つの顔のあいだで」『朝日新聞』、朝日新聞社、第11面 新聞 2013/03/17
  3. 「エルサレム 和平・若き皇帝の決断」、NHKスペシャル『文明の道』第7集、NHK テレビ 2003/11/16