茨城大学
フロンティア応用原子科学研究センター

教授

岩佐 和晃

イワサ カズアキ
IWASA Kazuaki

その他の所属・職名

  1. 大学院理工学研究科 量子線科学専攻 教授
  2. 理学部 理学科(物理学コース)

経歴

  1. 東京都立大学 大学院理学研究科物理学専攻 助教 1995/04/01-2003/07/15
  2. 東北大学 大学院理学研究科物理学専攻 准教授 2003/07/16-2016/03/31
  3. 茨城大学 フロンティア応用原子科学研究センター、大学院理工学研究科量子線科学専攻 教授 2016/04/01-現在

学歴

  1. 慶應義塾大学 理工学部 物理学科 その他 1990/03/31 卒業 日本国
  2. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 修士 1992/03/31 修了 日本国
  3. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 博士 1995/03/31 修了 日本国

学位

  1. 博士(理学) 慶應義塾大学 1995/03/23

免許・資格

  1. クレーン運転特別教育 1993/07
  2. エックス線作業主任者 2010/04/01
  3. 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 2017/01/19
  4. 甲種防火管理責任者 2017/02/17

研究分野

  1. 物性Ⅱ:強相関系,磁性,密度波
  2. 物性Ⅰ:フォノン物性,量子ビーム(中性子線・X線)

研究キーワード

  1. 中性子散乱,X線散乱,強相関電子系,構造相転移

研究テーマ

  1. 希土類化合物における高次多極子秩序 2000/08/01-2016/03/31
  2. 非調和原子振動による構造不安定性と準安定相形成の研究 2007/04/01-2016/03/31
  3. カイラル構造対称性を持つ強相関電子系の研究 2013/04/01-2016/03/31

競争的資金等の研究課題

  1. 電荷と磁気モーメントのドープによる高次多極子秩序に拮抗する自由度の活性化 科研費 新学術領域研究「3D活性サイト科学, A02 活性サイトの解析と次世代3D原子イメージング技術の開発(手法)」公募研究 2017/04/01-2019/03/31
  2. 中性子磁気散乱高次過程の観測による強相関電子系の研究 科研費 基盤研究(A) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2011/11/01-2016/03/31

著書

  1. 日本大百科全書(ニッポニカ) 中性子回折・中性子散乱・熱中性子 小学館 2014/12/25 URL

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Crystal-electric-field excitations and spin dynamics in Ce3Co4Sn13 semimetallic chiral-lattice phase 162. Kazuaki Iwasa, Yuka Otomo, Kazuya Suyama, Keisuke Tomiyasu, Seiko Ohira-Kawamura, Kenji Nakajima, and Jean-Michel Mignot Physical Review B American Physical Society 95, 195156 -1-195156-9 2017/05/26 10.1103/PhysRevB.95.195156
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Evidence for antiferromagnetic-type ordering of f-electron multipoles in PrIr2Zn20 Kazuaki Iwasa, Keisuke T. Matsumoto, Takahiro Onimaru, Toshiro Takabatake, Jean-Michel Mignot, and Arsen Gukasov Physical Review B American Physical Society 95, 155106-1-155106-10 2017/04/04 10.1103/PhysRevB.95.155106
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Broad Excitation Spectra between Crystalline-Electric-Field Levels Associated with Non-Kramers Doublet Ground State of f Electrons in PrNb2Al20 Kazuaki Iwasa, Ryuji Higashinaka, Yuji Aoki, Seiko Ohira-Kawamura, and Kenji Nakajima J. Phys. Soc. Jpn. The Physical Society of Japan 85, 123704-1-123704-5 2016/11/16 10.7566/JPSJ.85.123704
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Chiral crystal-structure transformation of R3Co4Sn13 (R = La and Ce) Yuka Otomo, Kazuaki Iwasa, Kazuya Suyama, Keisuke Tomiyasu, Hajime Sagayama, Ryoko Sagayama, Hironori Nakao, Reiji Kumai, and Youichi Murakami Physical Review B 94, 075109-1-075109-8 2016/08/05 10.1103/PhysRevB.94.075109
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Microscopic examinations of Co valences and spin states in electron-doped LaCoO3 Keisuke Tomiyasu, Syun-Ichi Koyama, Masanori Watahiki, Mika Sato, Kazuki Nishihara, Yuki Takahashi, Mitsugi Onodera, Kazuaki Iwasa, Tsutomu Nojima, Hiroyuki Nojiri, Jun Okamoto, Di-Jing Huang, Yuuichi Yamasaki, Hironori Nakao, Youichi Murakami J. Phys. Soc. Jpn. 85, 094702-1-094702-6 2016/08/02 10.7566/JPSJ.85.094702

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Ce3Rh4Sn13のカイラル構造相における磁気状態の中性子散乱による研究 日本物理学会第72回年次大会 2017/03/19
  2. 口頭発表(一般) 中性子非弾性散乱によるPrNb2Al20の結晶場励起スペクトル 日本物理学会第72回年次大会 2017/03/19
  3. ポスター発表 希釈三次元ハイゼンベルグ反強磁性体RbMnxMg1-xF3の磁性 日本物理学会第72回年次大会 2017/03/17
  4. 口頭発表(一般) Ce3T4Sn13 (T = Co, Rh)におけるカイラル結晶構造と磁気励起 日本中性子科学会第16回年会 2016/12/02
  5. ポスター発表 三次元ハイゼンベルグ反強磁性体RbMnF3の磁気希釈効果 2016年度日本物理学会北陸支部定例学術講演会 2016/11/26

受賞

  1. 第12回論文賞 "Evidence for Magnetic-Field-Induced Quadrupolar Ordering in the Heavy-Fermion Superconductor PrOs4Sb12," J. Phys. Soc. Jpn., Vol.72, No.5 pp1002 (2003). 2007/09/23

担当授業科目

  1. 物理学ゼミナールI

所属学協会

  1. 日本中性子科学会
  2. 日本物理学会