茨城大学
フロンティア応用原子科学研究センター

教授

岩佐 和晃

イワサ カズアキ
IWASA Kazuaki

その他の所属・職名

  1. 教授
  2. 理工学研究科(理学野) 物理学領域

経歴

  1. 東京都立大学 大学院理学研究科物理学専攻 助教 1995/04/01-2003/07/15
  2. 東北大学 大学院理学研究科物理学専攻 准教授 2003/07/16-2016/03/31
  3. 茨城大学 フロンティア応用原子科学研究センター、大学院理工学研究科量子線科学専攻 教授 2016/04/01-現在

学歴

  1. 慶應義塾大学 理工学部 物理学科 その他 1990/03/31 卒業 日本国
  2. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 修士 1992/03/31 修了 日本国
  3. 慶應義塾大学 理工学研究科 物理学専攻 博士 1995/03/31 修了 日本国

学位

  1. 博士(理学) 慶應義塾大学 1995/03/23

免許・資格

  1. クレーン運転特別教育 1993/07
  2. エックス線作業主任者 2010/04/01
  3. 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 2017/01/19
  4. 甲種防火管理責任者 2017/02/17

研究分野

  1. 物性Ⅱ:強相関系,磁性,密度波
  2. 物性Ⅰ:フォノン物性,量子ビーム(中性子線・X線)

研究キーワード

  1. 中性子散乱,X線散乱,強相関電子系,構造相転移

研究テーマ

  1. 希土類化合物における高次多極子秩序 2000/08/01-現在
  2. 非調和原子振動による構造不安定性と準安定相形成の研究 2007/04/01-現在
  3. カイラル構造対称性を持つ強相関電子系の研究 2013/04/01-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 希薄系2チャンネル近藤効果の検証 科研費 基盤研究(B) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2018/04/01-2022/03/31
  2. 電荷と磁気モーメントのドープによる高次多極子秩序に拮抗する自由度の活性化 科研費 新学術領域研究「3D活性サイト科学, A02 活性サイトの解析と次世代3D原子イメージング技術の開発(手法)」公募研究 2017/04/01-2019/03/31
  3. 中性子磁気散乱高次過程の観測による強相関電子系の研究 科研費 基盤研究(A) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2011/11/01-2016/03/31

著書

  1. 日本大百科全書(ニッポニカ) 中性子回折・中性子散乱・熱中性子 小学館 2014/12/25 URL

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Neutron Diffraction Studies on Valence Ordering Compound YbPd K. Oyama, M. Sugishima, K. Tanabe, A. Mitsuda, H. Wada, K. Ohoyama, T. Matsukawa, Y. Yoshida, A. Hoshikawa, T. Ishigaki, and K. Iwasa J. Phys. Soc. Jpn. The Physical Society of Japan 87, 114705-1-114705-6 2018/10/10 10.7566/JPSJ.87.114705
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Quantum Paramagnet Near Spin-State Transition Keisuke Tomiyasu, Naoko Ito, Ryuji Okazaki, Yuki Takahashi, Mitsugi Onodera, Kazuaki Iwasa, Tsutomu Nojima, Takuya Aoyama, Kenya Ohgushi, Yoshihisa Ishikawa, Takashi Kamiyama, Seiko Ohira-Kawamura, Maiko Kofu, Sumio Ishihara Adv. Quantum Technol. John Wiley & Sons, Inc. 1800057-1-1800057-7 2018/10/07 10.1002/qute.201800057
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Chiral-crystal-structure transformations and magnetic states of R3Rh4Sn13 (R=La and Ce) Kazuya Suyama, Kazuaki Iwasa, Yuka Otomo, Keisuke Tomiyasu, Hajime Sagayama, Ryoko Sagayama, Hironori Nakao, Reiji Kumai, Yoshinori Kitajima, Françoise Damay, Jean-Michel Mignot, Akira Yamada, Tatsuma D. Matsuda, and Yuji Aoki Physical Review B APS 97, 235138-1-235138-9 2018/06/22 10.1103/PhysRevB.97.235138
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Magnetic-Ordering Propagation Vectors of Terbium Hexaboride Revisited Kazuaki Iwasa, Fumitoshi Iga, Taketo Moyoshi, Akiko Nakao, and Takashi Ohhara J. Phys. Soc. Jpn. The Physical Society of Japan 87, 064705-1-064705-5 2018/05/16 10.7566/JPSJ.87.064705
  5. (MISC)その他記事 共著 Obituary "In memoriam: Nobuyoshi Wakabayashi (1938–2017)" Kazuaki Iwasa, Sunil K. Sinha, William Kamitakahara, Jaime Fernandez-Baca, Keisuke Tajima & Kazuhisa Kakurai Neutron News Taylor & Francis 29/ 1, 32-34 2018/04/27 https://doi.org/10.1080/10448632.2018.1445928

研究発表

  1. ポスター発表 Ce3Tr4Sn13 (Tr: Co, Ru, Rh)の半金属状態における結晶構造と磁気状態の量子ビーム散乱研究 日本物理学会2018年秋季大会 2018/09/11
  2. 口頭発表(招待・特別) Neutron and x-ray scattering studies on semimetal systems Ce3Tr4Sn13 (Tr: transition metal) "Present and Future of Neutron Scattering Research on Condensed Matter Physics ~Future Perspective of US-Japan Cooperative Program on Neutron Scattering~" 2018/06/04
  3. 口頭発表(一般) TbB6における磁気−構造相転移の再検証 日本物理学会第73回年次大会 2018/03/24
  4. ポスター発表 共鳴X線散乱によるPrRu4P12の秩序相の電子状態の研究 2017年度量子ビームサイエンスフェスタ(第9回MLFシンポジウム, 第35回PFシンポジウム) 2018/03/02
  5. ポスター発表 Ce3Tr4Sn13におけるカイラル構造相転移と磁気励起 2017年度量子ビームサイエンスフェスタ(第9回MLFシンポジウム, 第35回PFシンポジウム) 2018/03/02

受賞

  1. JPSJ閲読者賞 2018/03/23
  2. 第12回論文賞 "Evidence for Magnetic-Field-Induced Quadrupolar Ordering in the Heavy-Fermion Superconductor PrOs4Sb12," J. Phys. Soc. Jpn., Vol.72, No.5 pp1002 (2003). 2007/09/23

担当授業科目

  1. 物理学ゼミナールI
  2. 外書購読I
  3. J-PARC加速器概論
  4. 量子線科学研究Ⅰ(ビームライン)
  5. 物理学II

所属学協会

  1. 日本中性子科学会
  2. 日本物理学会 1991/01/01-現在